« 地元でののどかな日、頼朝の力 | トップページ | ギャラリー、雨でも傘をささずに行った清澄白河 »

「小西真奈 どこでもない場所」アラタニウラノ、第一生命南ギャラリー

「吉岡徳人 PANNA CHAIR」10月30日から11月22日
A246ギャラリー
http://www.a246.net/
エスコルテ青山、にエスクァイア マガジンのプロデュースする
ギャラリースペースが出来て、そのオープニング展示。
N.Y.のMorosoのショールームで吉岡さんが発表したティッシュの
インスタレーションを日本で再現するらしい。

今日は雨の中清澄白河でギャラリー見て来ました。いやー、でも
人が多かったなぁ。時間の都合でMOTには寄らず。

で先週行って来たもの

小西真奈 どこでもない場所
と名した展覧会が2カ所で開かれている

Konishi_mana

見に行った1カ所目
アラタニウラノ(新富町)
http://www.arataniurano.com/
10月27日から12月01日
写真を見ると写実っぽい絵に見えるけど近くで見るとかなり
荒っぽいタッチで・・・非常に好みでした。
中でも上半分がスカッと抜けている絵の前で足がとまり、
見入ってしましました。あの絵(無題)、凄く好きです。
後は、グレーベースの(これも上の方が結構抜けている)、
「Movie]という絵、あれも好きだった。


で、その興奮で見に行った2カ所目
第一生命南ギャラリー
11月2日から11月30日(有楽町)
非常に仕事している人には生きにくい時間と曜日しかやって
いないここですが・・・(土日祝休みで平日18時まで)。
こちらは先述したような抜けている感じの画が多かったの
だが・・・不思議と目を引いたのは違うタイプの画。
「山のひと」と言う画に釘付け。なんかこの絵の中の女の
人に会いたい、と思わせるような生身の魅力・・・。
あと、この建物のロビーにも少し前の小西さんの画が2点
飾られてました。ギャラリーで見た物よりも色やタッチが
少しハッキリしている画。森の中の画がとても深々しくて
好きでした。

「どこでもない場所」、一応、絵にはモチーフとなる場所
があるそうですが(阿蘇や浄土ヶ浜)絵になってしまうと
それはどこでもない場所へと誘うような・・・。

後、どちらのギャラリーでも今回2つのギャラリーで展示
している絵をピックアップしたミニ画集を配ってます。
それも無料!これは見に行って貰わな損ですよ!

|

« 地元でののどかな日、頼朝の力 | トップページ | ギャラリー、雨でも傘をささずに行った清澄白河 »

コメント

こんばんは。
私はアラタニウラノの方だけを拝見しましたが、
何か不思議な感じのする絵で惹かれました。写実とタッチの荒々しさが奇妙にマッチしているのも面白いですよね。

第一生命も見に行きたいのですが、土日祝休みのしかも18時までとは気が付きませんでした。ミニ冊子にも載っている作品が出ているのでしょうか。そちらだけで我慢することになりそうです。

投稿: はろるど | 2007/11/12 00:12

はろるどさん
あの絵画良かったですよね!
第一生命の方は無理やり有楽町とか丸の内に
用事を作らないと行けないですよね・・・。
ミニカタログに載っているもの以外にも、結構
ありましたよ、第一生命の方には。
もし、行く事が出来たなら、是非!

投稿: KIN | 2007/11/12 18:41

昨日のお昼頃、近くで仕事があり、早めに終わったので
見に行けました。
『山のひと』よかったですよね。

ほんといつもKINさん情報にお世話になってます!

投稿: marco | 2007/11/14 21:31

marcoさん
第一生命行かれたのですね!
タッチと言い、雰囲気と言い、この絵が
何故か好きになってしまいます。
是非、アラタニウラノへも!

投稿: KIN | 2007/11/15 12:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/17037035

この記事へのトラックバック一覧です: 「小西真奈 どこでもない場所」アラタニウラノ、第一生命南ギャラリー:

« 地元でののどかな日、頼朝の力 | トップページ | ギャラリー、雨でも傘をささずに行った清澄白河 »