« 「小西真奈 どこでもない場所」アラタニウラノ、第一生命南ギャラリー | トップページ | 夜行性でゆらゆら »

ギャラリー、雨でも傘をささずに行った清澄白河

母親の誕生日に送ろうと思って魚久の粕漬けを買いに
行ったら、丁度タイムサービスとかで自分の分も買う
羽目に(いや、買わなくても良いのだが・・・)。
ただ、今日はどうしても秋刀魚を食べたくて(まだ、
この秋食べてなかったのですよ)焼いて、卵納豆ご飯
と一緒に。人ってこんな事で幸せ感じること出るん
だから幸せな生き物ですよねぇ。

で、昨日清澄白河に行って来ました。

土曜だというのもあってか結構人が多かった。MOT
の展覧会の影響もあるのか?(私は時間の都合で
MOTには行かず)

見たのは

「シュテファン・バルケンホール展」
「デイヴィッド・ラトクリフ展」
小山登美夫ギャラリー
http://www.tomiokoyamagallery.com

Vidya Gastaldon「Healing Boom」
「万代洋輔:reunion」
hiromiyoshiiギャラリー
http://www.hiromiyoshii.com

「柴田由貴子:J」
FARM

村住知也「視力を失った夢」
zenshi
http://www.zenshi.com

「赤羽史亮展」
MAGIC ROOM?
http://www.magical-artroom.com

宮島葉一「WORKS OF ART」
KIDO Press
http://www.kidopress.com

池田光弘「宙を繋ぐ」
SHUGOARTS
http://www.shugoarts.com

「Thomas Demand展」
タカ・イシイギャラリー
http://www.takaishiigallery.com


やはり素晴らしかったのはバルケンホール!
荒々しい木彫りの後がそのまま、木目もそのまま
見える、なのになぜ繊細に見えるのか?
ささくれだった木の表面の下に本当に細やかな人
の形があるように錯覚されそうな。人が薄い木の
ささくれを纏っているような。
平面的な作品も奥行きや凹凸などを無視してる様
にも見えるのに、少し引いてみると、まるで奥行
きのある絵画のようにも見える。
この人の作品の奥行き感は一体なんなんだろうか?
Balkenhol

1

2


そして、もう一つ、Thomas Demand。
この人の名前忘れてました。ギャラリーの中では
なんて事のない部屋の中等の映像や写真があるだけ。
なにか起こるのか?と思っても何も起こらない。
でも、何か気になって解説を読んでみると・・・。
あー、この人「ドイツ写真の現在」で見た人だ!
ネタばれですが、この人、紙で原寸の部屋の模型
(彫刻?)を作って写真などで発表する人です。
あー、あの時に見た違和感を思い出しましたよ。

Tdemand_shed400


あと・・・TKG代官山でも今バルケンホールの作品
が飾られているそう。こちらは他にも奈良さんや、
エルネスト・ネトなどの小品を集めた物らしい。
さらにこちらで西沢立衛のデザインしたアクリルの
壁があるとか・・・代官山、あまり行かないけど、
ちょっと行ってみるか・・・。

|

« 「小西真奈 どこでもない場所」アラタニウラノ、第一生命南ギャラリー | トップページ | 夜行性でゆらゆら »

コメント

ニアミスですね。
確かに小山登美夫ギャラリー混んでいた。
しかもレセプションパーティーしてた?みたいです。

私は現代美術館から歩いていきました。

投稿: 女子部手帖 | 2007/11/11 22:43

女子部さま
ニアミスみたいですねぇ。私が行ったのは夕方
なので時間は全然違うでしょうけど。
あの日が初日の展覧会があったようなので、
レセプションパーティーがあったみたいですね。
MOTのも近く行きます!

投稿: KIN | 2007/11/12 18:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/17040843

この記事へのトラックバック一覧です: ギャラリー、雨でも傘をささずに行った清澄白河:

« 「小西真奈 どこでもない場所」アラタニウラノ、第一生命南ギャラリー | トップページ | 夜行性でゆらゆら »