« 痺れ、蒼茫 | トップページ | だから此の手は其の疲れを癒す為だけに在るの »

何処に行けばイイんですか?君を信じてイイんですか?

昨日帰り道、電車の横に座った人の手(特に指)が凄く綺麗
で、あまりにも綺麗でうっとり眺めていた変質モドキです。

新宿周辺うろうろと見たものとちょっと気になるメモ

「五感×LIFE」
リビングデザインセンターOZONE
9月27日から10月9日
010707111239283945 
OZONEでやっていた「五感×LIFE」を見に行った。
ex-chamberさんのエントリはろるどさんのエントリを見て、リンゴに
惹かれて・・・イイです。欲しいです、リンゴ、りんご、林檎。
わたしはーだれなんですかぁー。
アトリエオモヤの水の装置も良い感じ。
目玉焼き装置は始め何故かスクランブルエッグになりました。
次は焦げ付き、3度目で綺麗な目玉焼き(タコウィンナー付)。
Gokanomoya

LIFE - fluid, invisible, inaudible ...
坂本龍一×高谷史郎

ICC
9月15日から11月4日
Workph3 Workph4
カッコイイ、とにかくカッコイイ、インスタレーション。
そのカッコ良さだけで見る価値はあるものです・・・がワクワク感や
感激の高鳴りは無かった。

ついでにICCで仕入れた情報をメモ。

内藤礼展「母型」
入善町 下山芸術の森 発電所美術館

10月6日から12月16日
Naitorei_2
なんと内藤礼さんのインスタレーションです!見に行きたい!と
思ったものの・・・黒部です。黒部ダムの黒部。富山。
簡単に行けないよー。でもWEB見ると写真が来い来いと誘って
きてます。内藤さんの久々の大型インスタレーションかなぁ?
この秋は塩田千春と内藤礼とかなりツボな展示がある!のに!

ThinkPark ECO ART PROJECT Moonlight Ballon
ThinkPark

10月25日から28日
Thinkparkballoon
ThinkParkのオープニングイベントのメインアートが
motoshi chikamori ++ kyoko kunohの作品です!
この前、品川で見てきたばかりのお二人の作品が
宙に浮かぶ・・・。

そしてICCに行ったのでついでに2度目のメルティングポイント。
丸亀のネト展の最終日に見るオペラシティのネト。

|

« 痺れ、蒼茫 | トップページ | だから此の手は其の疲れを癒す為だけに在るの »

コメント

こんばんは。リンゴ良いですよね。さりげなくシュールなのがたまりません。我が家のリビングにも置きたいくらいです。

目玉焼きは私も焦げました。火力が強過ぎたようです。

ネトは丸亀の展示がこちらへこないのが残念です。
記事も拝見しました。素晴らしかったようですね…。

投稿: はろるど | 2007/10/10 22:03

リンゴ良かったです。ホントに一見普通で
憎い感じのシュールさ、そそられました。
あれがリビングにある、と良いですねぇ〜。
丸亀は良かったです〜。でも、遠いですよね。

投稿: KIN | 2007/10/11 00:31

メルポ!(←略してみた。流行るかな?)
図録買った?茂木さんの文章読んだ?


ICCのは行ってみようかなあ。と思ったです。

投稿: Mariko | 2007/10/11 11:51

メルポ(365歩譲っても流行らない!)!
図録買いました。写真しかみてません。
茂木さんも難しく書けば頭良いってわけじゃ
ないのに(もしくは私の理解力の問題か)。

ICCねぇ、まぁねぇ、良いですよ。
(私には全く残りませんでしたが、でも結構
衝撃受けている人も多いみたいだから、取り
方で人によって全然違うみたい)

投稿: KIN | 2007/10/11 22:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/16709961

この記事へのトラックバック一覧です: 何処に行けばイイんですか?君を信じてイイんですか?:

» 「五感×LIFE」 リビングデザインセンターOZONE [はろるど・わーど]
リビングデザインセンターOZONE(新宿区西新宿3-7-1 新宿パークタワー3階) 「五感×LIFE」 9/27-10/9 小規模な展示ではありますが、私としては初台よりもこちらの方が楽しめました。暮らしにおける「五感」をテーマにした現代アートのミニ企画展です。新宿パークタワー内OZONEで開催中の「五感×LIFE」へ行ってきました。 何と言っても一番見入るのは、ダイニングテーブルにさりげなく置かれている雨宮庸介のリンゴのオブジェです。一見しただけではまさに本物と見間違うほどに精巧に出来... [続きを読む]

受信: 2007/10/10 21:55

« 痺れ、蒼茫 | トップページ | だから此の手は其の疲れを癒す為だけに在るの »