« ガーリーだったり何かだったり | トップページ | メモ、直線、円環、積層、それは時間 »

風刺画風機械精密歴史画

次回の東京都現代美術館の展覧会
「SPACE FOR YOUR FUTURE」
10月27日から1月20日
アート・ファッション・建築・デザインの分野をまたぐコミュニケ
ーションスペースが生まれると言う。
エルネスト・ネトやフセイン・チャラヤンの作品も入るらしい!

ちなみに今回のネタ、
タイトル見て、ああ、あれか、と判る人がいるでしょう、きっと。

山口晃展 今度は武者絵だ!
練馬区立美術館
8月17日から9月17日
Muzan

一般の入場が500円、であの内容の濃さ!イイですね~。
図録はまだ出来ていないが(予約しました)1000円です。
こちらもお手頃。
とイキナリ金額でアートを計ると言う禁令事からはじめて
しまいましたが。中村橋というなかなか近所でもなければ
行かなさそうな場所にあると言う事を差し引いてもお得!
(中野や阿佐ヶ谷、荻窪からバスで行けるので中央線人
にとっては意外に行きやすいのであった。)

近所のおばちゃんなんかがふらっと来たらびっくりでしょう、
イキナリ初めの部屋の入ったら部屋中を使った漫画から
始まる!んですからねぇ。美術館に絵画や写真を・・・と
思ったら漫画・・・。タイトルは「続、無残の介」。

さて山口さん六本木ヒルズのグッズや公共広告機構の
「江戸しぐさ」なんかの画を描いているので見たことある人
も多いでしょう。ここら辺の原画なども展示されてました。
Sigusa1 Sigusa2

でも、実はそんなCMに使われるようなあっさり目、ではなく
てかなりしつこく、細かく、素敵な位じっくりとした画が山ほど
(全部褒め言葉・・・のつもり)。
まったくもって、男の子が喜びそうな世界なんですが
馬+バイク、メカ獅子戦車、骸骨兵士、メカニカル鎧など
漫画なんかで見たことあるような世界がアートとして精密に
書き込まれている。

歴史画+機械精密画と言うような独特の世界が風刺画と
なって展開されているのです。
いやー、見応えあった展示でした。

Mitsukoshi

|

« ガーリーだったり何かだったり | トップページ | メモ、直線、円環、積層、それは時間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/16402824

この記事へのトラックバック一覧です: 風刺画風機械精密歴史画:

« ガーリーだったり何かだったり | トップページ | メモ、直線、円環、積層、それは時間 »