« 家プロジェクト追加!!!!! | トップページ | 目の前の白い空間 »

遊び心~「motoshi chikamori++kyoko kunoh」

およそ10日後、仕事で名古屋に行く事になる。その前日が休日
なので先入りし、足を伸ばして・・・へ行けないか、と悩み中。
行けるとしたら・・・が「丸亀のエルネスト・ネト展」か「養老天命
反転地」かどちらが良いかも悩み中。

さて、五反田「キャッツ」劇場すぐ隣で見たメディアアート。
ギャラリーへの階段を登る時からすでに足元に羽ばたく鳥。

メディアアート、一時期、雨後の筍の様に氾濫してましたが、最近
は少し落ち着いてきたかな?

デジタル化の進んだ世の中でメディア系アート制作への敷居が
低くなった結果、「それ」ら(本物)と「それっぽい」のが氾濫。
手軽にはじめられる、と言う事で良い物が出来たり、表現方法が
広がったのもあると思います。
ただし、もどき、的なものがとても、本当にとても多く出て来すぎ
た、と言う弊害は全体的にプラスにはならなかったかなぁ、と。
本物の「それ」ともどき的な「それっぽい」の差と言えばこだわり
だのクオリティだのあるでしょうが、その中でも大事なのは本当
のひらめきな「アイデア」と、遊び気分ではない「遊び心」かなぁ
と思います。

さて長くなりましたが、そんな「遊び心」いっぱいの作品たちを
見てきました。楽しかった~。

「motoshi chikamori++kyoko kunoh」
ギャルリーテオ(五反田)
8月25日から9月21日 日月祝休
Top

この方々の作品を始めて見たのはメタビジュアルと言う展覧会
だったはずですが、とても楽しかった。
同じ作品(?上記DMの写真)が今回もありました。

台の上に並んでいる生活雑貨。ライト(実はプロジェクション)が
当たっているので斜めにそれらの影が延びている。
そして、それらの生活雑貨に触れてみると・・・
うわっ!ってな事や、うおっ!ってな事、うえっ!ってな事が、
起こるのですよ。影部分の口から水(これも影)が出たり、
蟻(これも影)が集まってきたり、小人(これも影)が叫んだり。
とにかく触ってみて楽しい。
Tools1

他にも床に広がっている光溜りを歩き回ると、マンタが泳ぐ、
トカゲが走り回る、蔓が延びる・・・あんなこんなな、うわっ!や
うおっ!が起こるのです。起こる全部の事象を見たくて思わず
光の中をスキップしたくなるのですよ、駈けずり回りたくなるの
ですよ。(一つなかなか見ることが出来ない事象があるらしく、
それを見ることが出来なかったのが残念)。

他にも壁に写されている格子扉。そのドアノブを握ると・・・
うわっ!な事や、うおっ!な事、うぃっ!な事が起こるのですよ。

子供なんかはしゃぎまわるんじゃないかな?
私はギリギリはしゃぎまわらなかった、ギャラリーの人の目を
気にしてスキップしたり駆けずり回ったり出来ず(そんな分別が
とても、悲しい・・・)。

影と言うモチーフがデジタルなのにアナログ感があって、楽し
さに拍車をかけてるんですね。
(この楽しさをうまく書けないのが歯がゆいです)

楽しいです、「遊び心」。

|

« 家プロジェクト追加!!!!! | トップページ | 目の前の白い空間 »

コメント

いやあこの展示いきたかったです、ほんのちょっとの遊び心でこっちも愉しくなっちまいそうな作品。残念。

その代わりじゃないけど、ネトと家プロ(ハロプロみたい)行ってきます。

投稿: nori-o | 2007/09/22 12:51

のりお様

たのしかったっすよ。多分この方々の
作品は他でも見ることが出来る機会も
あると思います。良く見かけるので。

家プロ悶絶レポートよろしくです。
ハロプロレポートも可です。

投稿: KIN | 2007/09/23 16:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/16445904

この記事へのトラックバック一覧です: 遊び心~「motoshi chikamori++kyoko kunoh」:

« 家プロジェクト追加!!!!! | トップページ | 目の前の白い空間 »