« 気になるものメモ(アート編)0604改 | トップページ | 異質として見えるのは原点としてあるからである、のか?~藤森 建築と路上観察、メゾン四畳半 »

一見おとなしそうに見えて、実はドキドキを感じさせる、そんな男~ニコラス G. ハイエック センター

廣村正彰さんの展示をgggに見に行ったついでに、新しく
出来たSWATCHグループのビルも見てきましたよ。
Image429

NICOLAS G. HAYEK CENTER

スウォッチグループの日本拠点となるビルですね。
このビル建築設計は坂茂さんです。

まぁ、ぱっと見、派手ではないし、そもそも坂さんは
別に見た目だけの派手な建築を建てる人ではないので
何を見にいく、と言うのでもなく、なんとなくついで
で見に行ったのですね。

ところが、良く良くみたら、結構ドキドキです、これ。

B1Fから4FまでがSWATCHグループのお店が入ってます。
Image434
スウォッチはもちろん、ブランバン、オメガ、などグループ
の7ブランドのショップがあるのです。
ジャケ・ドローの店舗は内装も坂さんが手がけてます。

ビルの1Fのオープンなスペースにはその7つのショップ
のガラス箱ショールームがあります。
Image431 Image436
丸や四角のその箱の中にはショップと同じデザインの展示
ケースが置かれている・・・ん?
Image440

なんとそのショールームが上昇していく!
Image439 Image437 Image438

実はこれリフト式のエレベーターなんです。
エレベーターといっても4Fまで各階に止まると言うもの
ではなくてオメガブランドのエレベーターはオメガの
ショップに直接行く、と言う具合に完全にエレベーター
とショップが1対1で繋がっているのです。
なんて、贅沢な造りなんだ。

さらにそのエレベータの内装がまた凝っている。
Image442 Image443

スウォッチのEVの中はこんな感じ。
Image444 Image445

ただ、高所恐怖症の私としては4Fに直接行くガラス貼り
EVはちょっと怖かった・・・。

ビル自体のデザインは全体的に派手な事や特別なことは
せずに、とにかく高品質でまとめてます。素敵なお仕事。
Image441

そこにリフトエレベーターのこの贅沢な使い方。
ちょっとこれはドキドキ物でした(高所恐怖のドキドキ
の吊橋効果と相まって)。気になる女性と一緒に行けば
ドキドキ感の共有が勘違いを生む事間違い無しです!

最後にこんな所も綺麗に仕上がっている・・・
Image446 鏡面だ・・・。

|

« 気になるものメモ(アート編)0604改 | トップページ | 異質として見えるのは原点としてあるからである、のか?~藤森 建築と路上観察、メゾン四畳半 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一見おとなしそうに見えて、実はドキドキを感じさせる、そんな男~ニコラス G. ハイエック センター:

« 気になるものメモ(アート編)0604改 | トップページ | 異質として見えるのは原点としてあるからである、のか?~藤森 建築と路上観察、メゾン四畳半 »