« 回転?なに?この建築、凄いを通り越して、何なんだ?~ドバイの回転高層ビル | トップページ | 気になるものメモ(アート編)0604改 »

グレゴリーコルベール「Ashes and Snow」とノマディック美術館

Image408
一見、どこかの港にあるコンテナ倉庫な感じですが・・・

このコンテナが積み重なったものは美術館なんです。
世界各国を遊牧して回る移動美術館。設計は板茂さん。
グレゴリーコルベールの作品の為だけに設計された建物。

「Ashes and Snow」グレゴリー・コルベール
ノマディック美術館(お台場)
3月11日から6月24日

コンテナと紙巻(紙巻は板さんお得意の素材ですね)という
どこにでもありそうな素材。建物も決して特別なことはしており
ません。ただ、それを見せ方やちょっとした演出で特別に見せ
てしまう、これはもうただセンスが良いとかではなくて、なんで
しょう?本当に思いとか感覚とか、そういう目に見えないものが
込められている様な感じです。
Image411

建築として凄くかっこよい、という訳でもないんです(勝手なこと
言ってます・・・)。天井はただの幕でバタバタしてるし、空調も
効いてない。それでも色々な要素が重なり合っていくと・・・
とても高い天井の高さ、左右対称の柱の配置、建物の面積の
一部、それも中央のみにまっすぐ参道のように配置された通路、
暗めに演出された照明、そんなもの達の融合がコンテナ丸見え
の建物だと言うのに、何か神格化された雰囲気を持っているの
です。
Image412 Image11_3

そこにある作品たち、動物と人のつながりが不思議にでも自然
に重なり合っている。この建物、演出、作品すべてが同じ方向を
向いている、とても見ていて安心するものです。
動物と人が普通に触れ合っているこの写真や映像はCGなどを
一切使わず本当にどこかにある理想の世界を見せてくれるよう
でした。映像もとても美しく、長い時間ボーっと見てしまうもの。
At Image55_3

ちょっと、違和感を感じたのは、あまりにも「ナチュラリスト」志向
的な売り方が強いことでしょうかね。パンフレットやショップ、
宣伝等の雰囲気が「ナチュラリストなんですよ~」と言う事を強く
押し出している気がする。
(念のため言っておくと作品やコルベールさん自体にはそう言う
強制感は全く感じない)。そういう売り方が前面に出てくると、
どうも作品との違和感や反発面が気になってきます。
At02 At11

映像は映像として美しく、メッセージを判りやすく伝えるためで
あれば演出するのは全くかまわないし、それであれだけの映像
が出来るんだと思うのだから、それはそれで問題ないと思う。
コルベール本人が別に現地の人使いました、とか動物は全て
自然のままです、とか言ってるわけではないし(多分)。
映像だけであれば美しい映像が素晴らしいと思う。
結局はそんなこんなな映像の演出と「売り方」の違和感なんです。
売り方があまりにも「ナチュラリスト志向」なのが鼻につくのです。
そして、それがゆえに美しい映像が、その為の努力に違和感を
感じてしまうのですね。
At05 At07_2

良い作品も売り方次第で取り方が変わるんだ、と思ったのでした。
でも作品たちは、そしてこの空間と演出は素晴らしいです。
At08_1 At01

|

« 回転?なに?この建築、凄いを通り越して、何なんだ?~ドバイの回転高層ビル | トップページ | 気になるものメモ(アート編)0604改 »

コメント

こんにちは。

私もこの展示を観ました。
確かに私も違和感を感じたんですよね。作品自体には引き込まれてしまうのですが....

ご指摘のように「ナチュラリスト!」というある種の押しつけがましさにあるのかもしれません。

でも作品自体は嫌いになれないんですよねー。

投稿: るき | 2007/05/29 16:31

るきさん、お久しぶりです。
まぁ、私の意見はひねくれた見方も
あるかもしれませんが、るきさんの
感想を見て(解釈はともかく)、
受けた違和感はおなじだなぁ、と
思いました。
素晴らしい映像なんですよね。でも、何故か、写真作品と、あの空間
とセットで見ると違和感がある。
演出が目に付くんですよね。
普通の映像作品なら素敵な演出が
あの空間の中では過剰なのかなぁ。

ところで若沖、羨ましすぎます・・・。

投稿: KIN | 2007/05/30 02:07

お邪魔します。
空間がデカ過ぎたのかな?
自分はそれほど違和感なかったけども...
B系の若者が彼女に「これヤラせじゃん」
って言っているのには脱力でしたが(笑)、
彼もどう捕らえていいのかわからなかった
のかもしれないね。

投稿: うめ | 2007/05/30 09:54

なんか前から売り方が気になっていてね。
一回気になっちゃうと余計そう見えちゃうってのあるかも。
また、私の場合、空間先行型な物で、そっちの雰囲気ありき、
作品後回しみたいな点もあったのは否めないなぁ。

B系氏、アート作品見に来るつもりではなく、ネイチャー系だと
思って来たんではないのか?やっぱり。
まぁ、アート映像っつーものはやらせっちゃ、やらせだからねぇ。
しっかし、彼は彼で何か違和感を伝えたかったのかも!
(語彙の問題はともかく、だ)

投稿: KIN | 2007/05/30 21:53

おくればせながら。私も先日見てきましたが、同じく、宣伝と作品とのGAPを感じました。私の場合、とくに映像がすばらしいと思ったのですが、動物とコラボレートしている人間は、おそらくダンサーで、見事に溶け込んで踊っているのですね。これは意図的につくった、寓話的シチュエーションで、ナチュラルではなく、ものすごくよくできたフィクションでした。物語がすごくよくできている、その作品性に感動したので、けっして自然が偉大だ、とかそういう風には思えませんでした。

投稿: SPI | 2007/06/18 20:30

いや、俺も映像作品としてのフィクションの世界(演出ありき)
としては素晴らしい作品だと思う。やっぱりあの場所(お台場)
でやるということで何らかの売り方、をしないと駄目だったん
だろうか?でも、それってエンターテインメント施設性が強い
イベント扱いされてるって事かな?アートの売り方がそれじゃ
駄目って訳じゃないけどね。でも、作品の理解には即して欲し
いとは思うが。

投稿: KIN | 2007/06/18 23:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/15243124

この記事へのトラックバック一覧です: グレゴリーコルベール「Ashes and Snow」とノマディック美術館:

» 相互リンクのお願い [ショップランキング オミセウェブ]
はじめましてショップランキング オミセウェブhttp://reptileo.com/管理人のなんば と申します。 ぶしつけで申し訳ございませんがリンクいただけるサイト様を探しておりましたところ、 ぜひ貴サイトに相互リンク頂けるよう、 ご検討頂きたくご連絡させていただきました。 相互リンクは http://reptileo.com/search.htm より新規登録をクリックし 該当のカ�... [続きを読む]

受信: 2007/05/29 14:38

« 回転?なに?この建築、凄いを通り越して、何なんだ?~ドバイの回転高層ビル | トップページ | 気になるものメモ(アート編)0604改 »