« 年の瀬を何で感じるかどうか、そしてそんな余裕があるかどうか、そんなの知らんわ!~表参道と新宿のオラファーエリアソンとか、ね | トップページ | ボロはロボでは無く、錦は仮面舞踏会~ボロ市 »

ボロはボロでも、錦をどこに着る

明日からボロ市だぁ。久しぶりに行きたいなぁ・・・。あぁ。
先週位に見て記憶に残っているものなど簡単に。
カレッタ汐留の今年のクリスマスディスプレイ。
広場を青いLEDの海が・・・大掛かりだ・・・。
061130_1835
東儀秀樹さんプロデュースらしいです。

後、小野画廊2(ローマ数字の2ですが)で見た二つが
結構面白かった(2つとも終わってしまったけど)
小野画廊HP(場所しか載ってませんが)。

あの銀座の古いビル、奥野ビルの階段を下りてB1Fに。

二一つ目はフライヤーのポストカード貰って来たつもりだったの
に見当たらないので作家名も作品名も判らない・・・
暗い部屋に入るとブラックライトが点く。そして壁に蓄光塗料
で書かれた人の顔が無数に・・・。時間がだんだん立っていく
と顔は徐々に消えていく・・・そんなインスタレーションでした。
なんかちょっと不気味で不思議な感じ。

二つ目はMOCO WORLD 12月4日から12月9日

Moco_1
笹本智子さんと言う作家さんの個展でした。
(何故かこの方のHPを見る事が出来ませんでしたが)
木彫りなんだけど合板を重ねて彫って、綺麗に削っているの
で表面には美しい縞々が現れる。それが雫の形であったり、
微妙な曲線を描く形で現れている。中は空洞で、そのほこら
の中に何かが奉られているようにシルバーのうねりがあった
り、小さな赤い粒粒がびっしり詰まっていたり。ただの彫刻と
はちょっと違う感じの作品がありました。でも目を引いたのは
合板のものでなく一本の樹から掘り出した作品。やっぱり木
の質が存在感があり、何かを訴えている感じ。
作家さん(常駐してるようです)曰く、この作品はとにかく大変
だったのでもう、2度とやらない、と。そんな事言わないで2度
位はやりましょうよ、笑。
作家さんはメガネを掛けた美人さんっぽい方。「っぽい」って
言う微妙な表現を使っているのは、まぁ、私が恥ずかしがり
屋で美人さんの顔を直視出来なかったから・・・と?
雰囲気がとても素敵な感じでした。

|

« 年の瀬を何で感じるかどうか、そしてそんな余裕があるかどうか、そんなの知らんわ!~表参道と新宿のオラファーエリアソンとか、ね | トップページ | ボロはロボでは無く、錦は仮面舞踏会~ボロ市 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/13070449

この記事へのトラックバック一覧です: ボロはボロでも、錦をどこに着る:

» 汐留/汐留 [出会いを今すぐ!東京版]
出会い系サイトでゲット率を上げるには、多くの出会いサイトに登録して出会いのチャンスを作るのがコツ! 無料の出会いサイトに今すぐ登録してメールを送りまくろう!! たくさん登録すれば出会える確率も大幅アップ! ...... [続きを読む]

受信: 2006/12/14 22:39

« 年の瀬を何で感じるかどうか、そしてそんな余裕があるかどうか、そんなの知らんわ!~表参道と新宿のオラファーエリアソンとか、ね | トップページ | ボロはロボでは無く、錦は仮面舞踏会~ボロ市 »