« 聞きたい音があって、見たい物があって、好きな街並みを歩く~村田朋泰展とDzine展 | トップページ | 伝わらないのがもどかしい感動。些細なほど、シンプルなほど感動は深まるのか?~NSKベアリングアート展 »

オラファー・エリアソンさん、なんで目玉なの?~ルイ・ヴィトン+クリスマス=オラファー・エリアソン

まぁ、素直にMerryなものを作る人ではないですからねぇ。

弐代目・青い日記帳さんで知って速攻見てきました!

ルイヴィトンの今年のクリスマスディスプレイです。
クリスマスって言うと光のディスプレイだよな、光って言ったら
オラファーエリアソンだろう!、だなんて話が会議であったのか
どうかは知りませんが、まぁ、そんなもんだよきっと、笑。

オラファー・エリアソンは光や水等の自然現象を人工的に作り
出したような作風の作品を作るアーティスト。
イギリスのTate Modernでやった「The weather project
が有名。日本では原美術館での個展「Your light shadow
を今年の頭に開き行列が出来る程の人気。

Olafur Eliasson

そしてそのオラファー・エリアソンさんにルイ・ヴィトンが今年
のクリスマスシーズンディスプレイを発注。
それも全世界のLVの店舗のショーウィンド分を同じクリスマス
ディスプレイで飾る、と言う物です。一体、幾つ作ったんだ!

つまり日本でも見る事が出来ます。

早速行って来ました・・・。

ちなみにLVの店舗ではこんなリーフレットが配られてます。
お店で貰ってきた。(もちろん私はLV製品は買ってません)
Lv

今回の作品のタイトルは「EYE SEE YOU」。
なんだ、この目玉は!って感じですが、実はこれクリスマスと
繋がっているんですよ(きっと、多分、私の想像だけど)。

まず、日本橋の高島屋のウィンドウにそれはありました。
ここにあると思っていなかったのでふと通りがかりに見つけて
イキナリビックリ。心の準備が出来てませんでした!
確かにLVが入っているけど・・・ちょっと老舗デパート特有の
布の庇とのバランスが悲しいけど・・・これもエリアソンです。
Lv1

ちゃんとウィンドウにはエリアソンの名前が入ってます。
Lv2

銀座などの基幹店や独立店舗ならいざ知らずこんな所にまで
あるとは!日本に幾つこれが入ってきているんだろうか?

そして青木淳さんの設計でお馴染みの銀座松屋のLVにも、
(くどいようですがLV製品は持ってません)
もちろん、このディスプレイがあります。

昼の「EYE SEE YOU」
Lv3

光のディスプレイはやはり夜ですね。
Lv4

うむ、目玉です。
Lv5

近づくとこの目玉の中に重なり、映りこむ自分を見るのです。

世界中のLVの店舗に置いてある(とは言っても大きな店中心
なのでしょうが)と言うとかなりの量産ですよね。
いつ、これをやる事が決まったのだろう?製作期間掛かりそう。
エリアソンも色々と悩んだでしょう。量産するにはシンプルに
作らなくてはいけない(まぁ、この人の作品はシンプルな物が
多いけど)。いかにもベタなクリスマスは嫌でしょうし(絶対に
そうはならないと思うけど)。

シンプルなんだけど魅惑的、黄色いランプが反射鏡に映り目玉
の外縁を作り出す。真ん中の円形の偏光ガラスが不思議な核
を作り出す。本当に単純な構造だけど怪しいものです。
Lv6

さて、そこで今回のタイトルが「EYE SEE YOU」。
冠詞は付いていないけど「目があなたを見ている」と言う様に
まさに私たちはこのディスプレイに見つめられてます。
なんで冠詞が付いていないかなぁ。
おそらく「I See You」つまり「私はあなたと会う」と言う意味と
のダブルミーニングなんですよ。
「SEE」には他にも「つき合っている」とか「理解する」、「認める」
などの意味もあるのです。
そう考えるととてもクリスマスっぽいロマンティックな表現だ。

こんな感じでクリスマス、キラキラなディスプレイで無いのに、
ロマンティックな所があり、エリアソンっぽい作品、なんて
素晴らしいではないですか。
ただの思いつき目玉おやじのディスプレイではないのですよ。
(きっとね、想像だけど)

まぁ、どの購買層を見越したこのディスプレイなのかは判りま
せんが、この冬はLV購買層と全く関係の無い人がLVのショー
ウィンドウにへばりつく事になるのは間違いないでしょう。
(クドイようですが私はLV製品は買ったこともないし、持っても
いません)

|

« 聞きたい音があって、見たい物があって、好きな街並みを歩く~村田朋泰展とDzine展 | トップページ | 伝わらないのがもどかしい感動。些細なほど、シンプルなほど感動は深まるのか?~NSKベアリングアート展 »

コメント

こんばんは。

トラックバック返して頂いて感謝です。

この "eye see you "どこにもヴィトンの広告らしきものが
なく、そこに懐の深さを感じますね。

現代のアートのパトロンみたいです。

投稿: Anonymous | 2006/11/27 23:30

Anonymousさん
コメントまでありがとうございます。
そうですよね、この時期にウィンドウに
商品を出さないなんて自信無いと出来ない
ですよねぇ。

投稿: KIN | 2006/11/29 09:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/12772100

この記事へのトラックバック一覧です: オラファー・エリアソンさん、なんで目玉なの?~ルイ・ヴィトン+クリスマス=オラファー・エリアソン:

» 独立・開業の提案 [アルバイト、サイドビジネスから、独立・開業を提案]
●100%在宅で、製品の販売は一切無し ●製品の購入ノルマ無し ●強制的なセミナーやミーティングへの参加無し ●全製品30日顧客保証制度あり。従ってリスクは全く無し。 無料の資料で私たちの事実を確かめて下さい。 [続きを読む]

受信: 2006/11/22 11:39

» Louis Vuitton x Olafur Eliasson [anonymous-life]
2006年クリスマスのLouis Vuitton(ルイ・ヴィトン)のショーウィンドウは全世界で Olafur Eliasson(オラファ−・エリアソン)によって作成されるようです。 [続きを読む]

受信: 2006/11/25 12:44

» オラファー・エリアソン × ルイ・ヴィトン [きままにARTSダイアリー]
今年、ルイ・ヴィトン Louis Vuitton のクリスマスのためのショーウィ [続きを読む]

受信: 2006/11/27 09:17

» ルイ・ヴィトンのショーウィンドウにオラファー・エリアソン登場! [弐代目・青い日記帳]
もうひと月足らずでクリスマス。次第に街中も電飾で彩られてきました。 ありきたりな飾り付けではなく個性の豊かさを競うように それぞれのお店で様々なディスプレイを見ることできます。 この季節は街中がさながら「展覧会」のようでもあります。 そんな中、一見変った飾り付けをしているショップがあります。ヴィトンです。 ルイ・ヴィトンは今年のクリスマスシーズンの、ショーウィンドウ・ディスプレイに何とあのオラファー・エリアソンを起用しています。 先日、銀座の並木通りにあるルイ・ヴィト... [続きを読む]

受信: 2006/12/07 16:44

» ルイヴィトンで買い物をするには [ブログでお得な無料情報]
ルイヴィトンは、とても人気がありますね。しかも機能的で、実用的な高級ブランドで、財布にしろバックにしろ持つ人に大きな快感を与えていますね。まさにおしゃれブランドのキングオブキングという感じですね。ルイヴィトンの魅力はなんといっても・・・。 [続きを読む]

受信: 2006/12/09 22:17

» Eye See You オラファー・エリアソンOlafur Eliasson - Louis Vuitton [坂口祐の巻物 | sakana no makimono]
銀座をふらふらしてたら偶然みつけました。 銀座松屋店と銀座並木通り店のディスプ... [続きを読む]

受信: 2006/12/17 18:12

« 聞きたい音があって、見たい物があって、好きな街並みを歩く~村田朋泰展とDzine展 | トップページ | 伝わらないのがもどかしい感動。些細なほど、シンプルなほど感動は深まるのか?~NSKベアリングアート展 »