« 石榴は秋の季語だったっけ? | トップページ | どーもダルさが抜けないんだよなぁ~気になるものメモ(アート編) »

それもいいんじゃない、と思い始めた~伊東豊雄 建築|新しいリアル

伊東豊雄さんの建築は私は特別好きと言うわけではない。
とは言いつつも仙台メディアテークは度肝を抜けれたが。

Smt
Smt2

その後、確かに見た目に変わった(おそらく技術的にも斬新
な)建築を建て続けていますが、どうも同じような発想に
見えてしまう。その建物のちょっと変わってる感、が私の個人
的な好きな方向、と違うのである。

ただ、今をときめく伊東さんの展示会である。やはり見に行か
ねば・・・と言うことで行って来ました。
それもオープン2日目です(全然行く気満々じゃないの!)。

そこで恐れていた事が・・・もう想像通りに起こりました。
展覧会が凄く楽しかったのです!!!
何が想像通りかって・・・?

 

東京オペラシティ
伊東豊雄 建築|新しいリアル
10/7から12/24

いや、もう本当に想像通りなんですよ。

同じオペラシティで去年やっていた建築家、谷口吉生さん
の建築と比較してみればわかりますが、谷口さんは私の
好み上位ランキングに常に入っている建築家でシンプルで
すっきりとしたデザインが多い。展覧会も同じ感じだった。
悪く言うと地味なんです。あれは建築が好きな人なら楽しめ
るだろうけど、美術展に来ました、って人はきっと楽しくない。

伊東さんの展覧会は(きっと)何気なく来てしまいました、
って人でもかなり楽しめる展覧会になっているんです。
彼の設計する建築と同じでどこか奇抜さを持ってきて、
ただ何も知らなくても感じる事が出来る場を作っている。

入ってすぐの部屋にはコンペに勝った台中メトロポリタン・
オペラハウス・プロジェクト
の巨大な模型やら概念やらが。
Taichu
後で年表の所にもあったんだけど別のコンペにもこの考え
型の建物提案してるんですよね。使いまわし?
まぁ、でも、かなり突飛な建物が出来ることは間違いなし。

次の部屋には瞑想の森 各務原市営斎場の屋根の型が
ありそこに実際に登る事が出来る。エマージング・グリッド
と呼ばれている・・・つまりグネグネ構造の一部である。
これを突き進めた福岡県のアイランドシティ中央公園
ぐりんぐりん
は別の部屋で映像で見る事が出来る。
ここはちょっと行ってみたいなぁ・・・。

Gg1 Gg2_1
しかしこのグネグネはその上を駆け回りたくなるよなぁ、
と思ってたら・・・。

次の部屋の床は全てベルリンでやった「東京・ベルリン」展
のグネグネ床を再現。
Berlin 東京・ベルリン展の床

子供達がキャーキャー言って遊びそうな部屋になっている。
もちろん私はオトナですから、走り回る事はしません。
つまづいて脚をくじく人も出てくるんじゃないの?って感じの
床ですが、やっぱり何か体感する感じはとても楽しい。
で、その床の上に色んな建築の模型や図面などがあったり、
模型の前には座ることの出来る穴が掘ってあったり。
奥には表参道TODSの実物大の柱型が建ってるし。


最後の通路には年表。伊東さんの遍歴が判ります。

私が行った時は「さすが「伊東豊雄」展、見に来る人が
みんな建築やってます!って感じの人が多いなぁ」って
位、みんな建築人に見えました。
3つ目の部屋に入った時にその理由が判明。
そこには伊東さん本人がいらっしゃったのです。
雑誌の撮影をしているようでしたが、良く調べてみると、
この日は伊東さんの講演会がある日だったのです。

・・・伊東さんの、最近の建築を並べてみると・・・

MIKIMOTO Ginza 2
Mikimoto


まつもと市民芸術館

Matumoto

TODS表参道
Tods

サーペンタイン・ギャラリー・パビリオン
Sg

これを「ワンパターン」と取るか、「作風」と取るか。
まぁ、それは自由ですが・・・私はイマイチピタッと入って
来なかったのですが・・・なんかサブリミナル効果のよう
にこれでもか!と見せられるとこれもありか、と言う気に
なってくるのが不思議ですね。


|

« 石榴は秋の季語だったっけ? | トップページ | どーもダルさが抜けないんだよなぁ~気になるものメモ(アート編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/12339462

この記事へのトラックバック一覧です: それもいいんじゃない、と思い始めた~伊東豊雄 建築|新しいリアル:

» 中国株の【ど素人達】が100万以上稼ぐ【中国人超投資術!】 [中国株で絶対儲ける会]
一部の中国株内情を知るものが荒稼ぎしている極秘の中国株投資ノウハウ暴露!昨年40部限定販売したところ、なんと【1時間で完売】!雑誌・新聞からの取材依頼が殺到。知識・経験ゼロ、資金ほぼゼロで100万円以上稼いだ【ド素人】が続出してます。... [続きを読む]

受信: 2006/10/19 12:29

« 石榴は秋の季語だったっけ? | トップページ | どーもダルさが抜けないんだよなぁ~気になるものメモ(アート編) »