« 奈良・束芋・蟲師 | トップページ | 黒白・長机・価値~カルティエ現代美術財団コレクション展 »

狂気・病理・皮肉~束芋展「ヨロヨロン」

今日は朝から電車の中でVelvet Underground&Nico
一見さわやか(違うって)の中の狂気にやられました。
これで気持ちよく仕事が出来ます(出来ないって)。

土曜に原美術館に束芋展ヨロヨロン」に行ってきた。
ってことでよろしくメガドック!

束芋展「ヨロヨロン」6/3から8/28

いつもシニカルで毒気たっぷりの映像作品を作る束芋さん。
田名網敬一さんに師事していたらしい。なるほど、です。
現代の病理な面を、結構残酷なまでに切り取った映像は人
によっては目を背けたくなるかもしれない。

真夜中の海」今回の新作の一つ。
館に入ってすぐの部屋は覗き部屋になっている。
壁の穴から覗いてみると暗い空間に何かがうごめいていた。

そして、階段で2Fに登る途中の踊り場からこの真夜中の海の
全景を見る事が出来る。

夜の海に浮かぶ明かり。その中を白髪のような生き物が蠢く。
そして波は荒くなり白波の中をその白髪のような生き物が乗り
超えていく。

2Fに上がります。

hanabi-ra
初めの部屋にはおなじみのhanabi-raもありました。
Ar1050

「悪人」の挿絵
新聞で連載されている小説の挿絵です。
小説の挿絵なのに束芋ワールドそのもの。
モーフィングしていくメタモルフォーゼ。

そして一番奥の部屋には
公衆便女
今回の展覧会のメインの新作って所でしょうか?
おなじみ3面スクリーン展開で広がる束芋ワールド。
今回の舞台は女子トイレです。
Go_333_01
束芋さんの作品におなじみの亀(男性のメタファー?)や蛾
(今回はいつもと違って重要な?役割が・・・)が出てきます
が、主役は女性達。
ランドセルを背負った、OL風などなどの女性がそれぞれに
抱える何かが露になってます。
壁の落書きが増えていくのが面白かったけれど作品内容に
どこまでリンクしていたのかは判らなかった(雰囲気演出?)。

1Fの展示室
こちらもおなじみの「にっぽんの台所」があります。
Tabaimo1
ちょっと前に、神楽坂の高橋ギャラリーでやっていた束芋展で
出ていたミニにっぽんの台所のオリジナル版ですね。

過去の作品紹介コーナー(ちゃんと見ていないけどたぶん発売
されているDVD「oimo」「初芋」からの映像だと思うけど)
どっかのダンスカンパニーとの共同作品を経てその奥にあった
のは・・・

ギョニラマ
・・・明るくて見る事が出来ません。
夜だけの公開だとの事(映像は昼でも流れているけど、外部の
為見えません)。ここの美術館は水曜だけ20時までやってます
ので、水曜に来なきゃいけないのね。

自分の束芋鑑賞暦を振り返ってみた。

バミリオンプレジャーナイト
このテレビ見ていたんですがあまり記憶にありませんでしたね。

横浜トリエンナーレ2001
これが悔やまれる。行ったのにレンガ倉庫での展示は時間が無く
て見ること出来なかったのです。見ていたらここで虜になって
いたはず。

YASU-ギャラリー束芋のケタケタ展
・お化け屋敷
ふと通りがかったギャラリーで発見。ちゃんと見たのはこれが初
かなぁ・・・。
Taba3

HIROMI YOSHII+ギャラリー小柳ビューイングルーム
杉本博司 森万里子 束芋展
・花札の絵
Tabaimoyumenikkinippon2_1

オペラシティ
エイヤ=リーサ・アハティラ展/束芋展:おどろおどろ
・にっぽんの御内
・にっぽんの湯屋(男湯)
インタラクティヴ作品の「御内」2回行きましたよ。
Taba2

ギャラリー小柳(ビルの1Fにあった時の)
・ミニにっぽんの台所
・ドローイング

KPOキリンプラザ大阪
にっぽんの、ななかむら」(束芋、できやよい)
・にっぽんの御内
・お化け屋敷
・hanabi-ra
Taba

ハラミュージアムアーク
・にっぽんの御内

ギャラリー小柳(新しくなってから)
指弁
・hanabi-ra
・指遊びシリーズ
・かえるの王さま

タマダプロジェクトアートスペース
KIRIN ART PROJECT 2005
・ギニョる

高橋コレクション
・ミニにっぽんの台所
・ドローイング

DVDも持ってます。
oimo 束芋-2003-
初芋/束芋 1999-2000

(ある意味)絵本の
かえるの王さま」も持ってます。

やっぱり好きですねぇ。

|

« 奈良・束芋・蟲師 | トップページ | 黒白・長机・価値~カルティエ現代美術財団コレクション展 »

コメント

まだ行ってないんだけど、夕暮れ後にだけ上映される作品があるんだよね?水曜しか遅くまでやってないから、水曜の夕暮れ後に行こうと思ってるんだけど。

ぼやぼやしてたらmotも終わりなんで、明日あたり行ってみようと思ってまする。

投稿: Mariko | 2006/06/27 20:05

そう、水曜しか見ること出来ないのがある
のよ。俺もどこかで水曜行ってみようと、
思うとるのよ。
MOTこの週末までよ。
詳細は後日書きますが、結構楽しめたよ。
一番お気に入りのキーワードは「黒と白」
です(作品名じゃないけど)。

投稿: KIN | 2006/06/27 20:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/10698137

この記事へのトラックバック一覧です: 狂気・病理・皮肉~束芋展「ヨロヨロン」:

» review:「ヨロヨロン」束芋《6/7》 [ex-chamber museum]
「ヨロヨロン」束芋 @原美術館 東京都品川区北品川4-7-25 6/3(土)~8/27(日)月休(7/17開館)・7/18休 11:00~17:00(水曜日:~20:00) 一般\1000、大高生\700、小中生\500 ※関連イベント ・「対談 都築饗一×束芋」7/8(土)18:00~19:30 ・「真夏の夜の束芋 ~dance on p..... [続きを読む]

受信: 2006/06/28 02:12

» 「ヨロヨロン」束芋展 [刻々是雑感]
最近、ずっと気になっていた「束芋」。(※2006/07/09 「束芋」が気になる )品川の原美術館で開催中の個展「ヨロヨロン」を見に行ってきた。先日、「何だか奇妙・グロテスクで、場合によっては気持ち悪いほどの毒気さえ感じさせるタッチで、人間の深層心理の奥に潜む本...... [続きを読む]

受信: 2006/07/23 17:15

« 奈良・束芋・蟲師 | トップページ | 黒白・長机・価値~カルティエ現代美術財団コレクション展 »