« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

美人・美人・美人~日本画を描く美人

昨日書いた町田久美展。なんかここのところずっと頭の中に
残ってます。

かなり昔に何かでこの絵を見た事あったなぁ、と思った。

Betty 「Betty」

今の作風とはちょいと違いますね。

町田さん、パンフレットでお顔拝見させていただきましたが
かなり美人な方です。

同じ日本画という事で松井冬子さんも美人な方ですね。
幽霊画や死体の絵を書いている人。
Fuyuga3
松井さんの場合は周りから自分がそう見える(自分がそう
思っていると言う訳ではなくて)ってのを知っていて、戦略
としてメディアに自分を曝す、と言う事をやっているようにも
見える。和服を着るなども(好きなんだろうけど)イメージを
敢えてそうしているようにも見える。

自分のHPにも顔出しているし、確かにハッとする位の美人
さんだと思います。
Fuyu

雑誌などで見て鑑賞する(・・・ちょっと失礼な表現ですが)
には松井冬子さん、の方が映えるのでしょうね。

でも、町田久美さんは、それとはちょっと違う感じです。

まぁ、つまりは・・・町田さんの方が好み、って事?(笑)
すごーく自分勝手に判断すると町田さんとは友達になれそう
で、松井さんとはなれなさそう(凄い勝手な判断ですねぇ)。
いやいや、本人を知っている訳ではないのでほんとに勝手な
イメージです。実際はどちら共友達になる事など無いでしょう。
こういう勝手なイメージって失礼なのはわかりますが、まぁ、
美人には気をつけろ、と言う事で。(どんなまとめ方だ!)

作品と本人が似てしまう、と言うのも判る気がします。
松井さん本人と作品って似てる気がしますもの。
町田さんの作品も同様ですね。

完全に余談ですが(って言うか今日のネタ全て余談だな)、
今日、築地の銀行で並んでいたら(月末なので混んでた!)
本上まなみさんに似ている美人さんが並んでました。
うつむき加減だったのではっきりとは顔は見る事出来ません
でしたが、多分似てた。(って言うか私は本人なのでは?と
思ってます。でも、本上さんが銀行の行列に並ぶか?)
その方が手にしていたのが原美術館の束芋展のチラシ!
それ見た瞬間に「あ、束芋ですね!」と声掛けたい衝動が!
好みの女性+束芋のチラシ、なんて、なんて素晴らしい、
私にとっては素敵な組み合わせなんでしょう!
(っつーかそこまで言うなら声掛けろ!って、笑)

いやー、今日は暑いところ外歩き回ったので、まぁ、こんな
余談ネタでした(他に書く事無いわけでもないのだが・・・)。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

情念・夢想・奇妙~町田久美展

うー、これ、欲しいです。
かなーりほしいです。

My Sweet Dog

3021_l

6月は結構ギャラリー物見に行ったのは少なかった。
・ギャラリー小柳のオラファーエリアソン
・メゾンエルメスの天上のシェリー(西野達)
と今回の西村画廊の町田久美展、と全て面白かった。

と言う事で、周囲で賛否両論繰り広げられている町田久美展
に行ってきました。

続きを読む "情念・夢想・奇妙~町田久美展"

| | コメント (2) | トラックバック (2)

黒白・長机・価値~カルティエ現代美術財団コレクション展

カルティエ現代美術財団のコレクション展に行ってきました。
カルティエブランドの製品は精度が高く美術品並み。美術館に
ずらーっと並んでいてもおかしくない!

って言う展覧会ではありません。

カルティエ「現代美術」財団と言う財団がコレクションをして
いる現代美術の展覧会です。
この財団のコレクションはかなりレベルが高く、まとめてこれ
だけ見る事が出来る機会はそうそうありません。

そもそもこの現代美術のコレクションはカルティエと言う企業の
メセナ的な扱いで始めたのか、たまたま現代美術好きな人が
居たのかは知りません。
ただ、カルティエと言う企業が、自分達が美に関して見る目が
あるんだぞ!と言うアピールに、結果、なっている事は間違い
ないでしょう(狙っているかどうかは別として)。
まぁ、それにしてはちょいとあからさまですが。
日本のアーティストも結構お世話になっているようです。

この財団の建築からして、なんと言ってもジャン・ヌーヴェル
設計ですよ。この建物はその美しさで建築ファンには有名です。
Cartier_01

  

続きを読む "黒白・長机・価値~カルティエ現代美術財団コレクション展"

| | コメント (4) | トラックバック (3)

狂気・病理・皮肉~束芋展「ヨロヨロン」

今日は朝から電車の中でVelvet Underground&Nico
一見さわやか(違うって)の中の狂気にやられました。
これで気持ちよく仕事が出来ます(出来ないって)。

土曜に原美術館に束芋展ヨロヨロン」に行ってきた。
ってことでよろしくメガドック!

続きを読む "狂気・病理・皮肉~束芋展「ヨロヨロン」"

| | コメント (2) | トラックバック (2)

奈良・束芋・蟲師

昨日の情熱大陸奈良美智さんだった。
奈良さんのヒトトナリがあふれる感じ。
この人はなんでこんなに真っ直ぐでいられるのか。
これ見て思ったこと。
そういえば奈良さんの書く女の子の顔つき・・・
変わってきてますね。

蟲師が映画化されるみたいです。それも実写で!
出演はオダギリ・ジョーと江角マキコ。
監督がなんと大友克洋!!!

週末は原美術館束芋展「ヨロヨロン」とMOT
カルティエ財団コレクション展見てきました。

詳細は後日

束芋「にっぽんの台所」より
Tabaimo0

| | コメント (4) | トラックバック (0)

家具・安価・品質~IKEA船橋行って見た

資生堂の「TSUBAKI」、春には6人の女優さんを使って大々的な
広告展開してましたが、夏編としてさらに6人追加!12人かい!
力入れてますなぁ。でも多すぎやしないか?
今回追加になった6人は
荒川静香、森泉、吹石一恵、黒木メイサ、香里奈、相沢沙世。
TSUBAKI

この前の週末に南船橋のIKEAに行ってきました。
あー、遠かった。
千葉圏内の人だったら気楽に行けるんでしょうけどね。

続きを読む "家具・安価・品質~IKEA船橋行って見た"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本歌・活動・妄想~Spank Happyの新ボーカル?とTOKYO FAMILY RESTAURANT

サッカー、気を取り直してあと2連勝いきましょう。

そして、タイトル二つは全く関連性はありません。


菊地さんの日記「PELISSE

予定表のところに
10月20日
Sparks Show in Tokyo(渋谷)
10月22日
P-hour Festival(京都)

・・・・・・・・・・・・・

Support acts:
Spank Happy featuring Maki Nomiya(ex.Pizzicato five)


とある。

えええーーーっ、野宮真貴

今回だけのスペシャルジョイントなのかこの後もこのペアで活動
を続けるのかは判りませんがこのペアは凄いなぁ。

菊地成孔さんの以前の日記でヒント出ていたので一応その時は
野宮さんの名前も頭に浮かびましたがまさか無いだろう、と。
勝手に、思ってましたよ。

って言うか、スパンクハッピーは当初ピッチカートと比較されまくり
でしたが、本歌取りになったってこと?菊地さんの皮肉な仕掛け?

CD出してくれ~、このペアで。

でも、どーせなら野本かりあも良かったなぁ・・・。
(はい、ただの妄想です)

Kariaphoto

そしてこれはだいぶ前の話ですが
TOKYO FAMILY RESTAURANT
Tfr

のオープニングに行ってきました。
ここは渋谷と青山の間にある形態は一応カフェ。
レストランと言う名がつく位だから飯がしっかりしている(はず)。
立ち上げメンバーからの想像ですけどね、たぶん、そうでしょう。

場所

60人から70人入るし、DJやプロジェクターがある。これからW杯の
間はフル活動してるんでしょうね。

と、立ち上げメンバーの方が前からの知り合いって事で顔出させて
もらったのですが、オープニングパーティー凄く混んでる混んでる。

途中で抜けてしまったので、こんどゆったりと行く事にします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

現代・古代・暴発~「CHIKAKU 4次元との対話」

CHIKAKU 4次元との対話」に行ってきた。
岡本太郎美術館でやっている。表参道の記念館の方ではなく
て生田緑地の中にある美術館の方である。

この時期なのでショウガナイが雨の中の生田緑地。
ショウブ(かアヤメかカキツバタ)が咲いていた。
ここは晴れてたら気持ちよかっただろうなぁ、と思いつつ。

続きを読む "現代・古代・暴発~「CHIKAKU 4次元との対話」"

| | コメント (2) | トラックバック (2)

幻想・不変・変換~オラファーエリアソン展「Your constants are changing」

この前に書いたエルメスの天井のシェリーで一度脳内が吹き
飛んだが、なんとか元々すぐにかすれる記憶を手繰り寄せて
その前にギャラリー柳で見たオラファーエリアソン展を振り返る。

続きを読む "幻想・不変・変換~オラファーエリアソン展「Your constants are changing」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

震脚・高揚・仮設~MAISON HERMES 西野達「天上のシェリー」

えー、興奮してます。

私は高い所が苦手である。嫌いといった方が正しいだろう。
だからなんだけど物凄くドキドキした。
メゾンエルメス8Fフォーラム西野達天上のシェリー
と言うインスタレーションを見に行ったから。ドキドキした。

これは吊り橋効果なのか?このドキドキを西野さんの展覧会
を見たドキドキと勘違いしているのか?
私が高所恐怖症だからよけいそう感じるのか?
と言う事は、だ。是非に異性の人と、それも高い所が苦手な
人が尚良いのだが、一緒に行けばそれは恋の吊り橋効果に
なるんじゃないだろうか?恋のドキドキと勘違いする、そう
言う事もありえるぞ。と、思ったりして。

メゾンエルメスは銀座にあるあのガラスブロックのビル。
MAISON HERMES
有楽町の駅にも近い、ソニービルの隣にあるあのビルです。
設計はレンゾピアノさんですよ。
中央区銀座5-4-1にありますよ。晴海通り沿いですよ。
その8F(?)はギャラリーとして良く使っているが、あの様
な使い方をするのは、これっきりだろう。
行ってください、是非、行ってください。
8月31日までやってます。

とにかく、ドキドキでした。ここ数年で一番のドキドキ。
その日、一日がこれで全て吹き飛んでしまう位のドキドキ。

この後はネタバレになります。

続きを読む "震脚・高揚・仮設~MAISON HERMES 西野達「天上のシェリー」"

| | コメント (2) | トラックバック (3)

華麗・偏執・本質~花鳥-愛でる心、彩る技<若冲を中心に>第2期

なんか最近こんな気分ですよ。
Mou2

三の丸尚蔵館でやっていた
「花鳥-愛でる心、彩る技<若冲を中心に>」の第2期を
見に行ってきたお話です。

続きを読む "華麗・偏執・本質~花鳥-愛でる心、彩る技<若冲を中心に>第2期"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

美芸・建造・時流~四国巡り全体及び残りの建築編

7/19発売のUA×菊地成孔のアルバムに入る曲名が発表
されました。
UA×菊地成孔「cure jazz」
Na008352_18_1
1, Born to be blue
2, Night in Tunisia
3, Over the rainbow
4, Music on the planet where dawn never breaks
5, Ordinary fool
6,嘆息的泡
7, This city is too jazzy to be in love
8, Luiza
9, Honeys and scorpions
10, Hymn of Lambarene
11, I'll be seeing you
12, Nature d'eau

うーん、バードランドの子守唄、入ってなかった。あのCMの
雰囲気では凄く良かったのになぁ。
虹を超えて、はブルーノートの時のスローな間で始まる感じ
のアレンジかなぁ。まぁ、とにかく楽しみ。

さて、GWからもう1ヶ月もたってようやくGW記を締め。
5月が早く過ぎたのか、私が遅いだけなのか。

 

続きを読む "美芸・建造・時流~四国巡り全体及び残りの建築編"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

白鷺・由緒・路面~四国巡り、温泉編その2・建築編その8:道後温泉と松山市内

湿気が体調を崩す。湿気症とか梅雨症とかって本当にある
んだ・・・。

四国巡り温泉編その2です。四国編ももう最後です。
愛媛の松山と道後温泉に行ってきました。

 

続きを読む "白鷺・由緒・路面~四国巡り、温泉編その2・建築編その8:道後温泉と松山市内"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »