« 渓谷と温情~四国巡り、温泉編その1、グルメ編:祖谷渓と香川のグルメって言ったらそりゃあ | トップページ | 美芸・建造・時流~四国巡り全体及び残りの建築編 »

白鷺・由緒・路面~四国巡り、温泉編その2・建築編その8:道後温泉と松山市内

湿気が体調を崩す。湿気症とか梅雨症とかって本当にある
んだ・・・。

四国巡り温泉編その2です。四国編ももう最後です。
愛媛の松山と道後温泉に行ってきました。

 

5月3日、4日
道後温泉/松山

まずは道後温泉。この古い建物が道後温泉本館
Pict0236

この中に古い温泉浴場があります。日本で最も古い温泉の一つ。
千と千尋の神隠しのモデル(正確に言うと幾つかのモデルの一つ)
にもなった建物らしいです。

歴史のありそうな看板。
Pict0257

白鷺がこの温泉を見つけたと言う逸話があるようで建物のシンボル
として白鷺があちこちに。
Pict0256

こちらのお湯はすっごく熱い。あまり長湯出来ません。
でも2回も行ったけど。

1Fにあるのはお湯だけ入る場合の施設。
それ以外に2Fにあるお風呂と休憩室も使えて、館内を見て廻れる
プランもあります。(さらに個室プランも別にあった)

休憩室のバルコニー、2Fの縁側(?)。
Pict0250

そこから外を眺めていたら和装の花嫁さんと花婿さんが。
Pict0242

また、道後駅周辺もぶらぶらと。

近所にあった道後館と言う建物。
Pict0266
設計は黒川紀章さん。温泉街っぽい主張のある建物。

道後館の近くにあった「重役室」。
Pict0263
これは何?ラブホテル?いかにもなベタな感じに注目。

駅前に人が集まっていると思ったらからくり時計が。
Pict0260
そのモチーフはもちろん(?)「坊ちゃん」。
この街のあちこちに「坊ちゃん」モチーフがあります。

駅も建物自体は新しいんだけどレトロなデザイン。
Pict0237

道後と松山の間は路面電車が通ってます。
Pict0259
汽車型のやつはディーゼル?

その路面電車に乗って(乗るのだけが目的)松山まで行って、
電車の中から松山を眺めて、松山市内を歩き回らず、そのまま
帰ってきた、ってやつです。電車の中から建築を眺めながら。

これは愛媛県庁本館。こういう古い建物が残っているの素敵。
Pict0283

こちらは愛媛県県民文化会館。設計は丹下健三さん。
Pict0276

松山市内の路面電車はこんな感じ。
Pict0278

|

« 渓谷と温情~四国巡り、温泉編その1、グルメ編:祖谷渓と香川のグルメって言ったらそりゃあ | トップページ | 美芸・建造・時流~四国巡り全体及び残りの建築編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白鷺・由緒・路面~四国巡り、温泉編その2・建築編その8:道後温泉と松山市内:

» 確率論で儲かっています! [ネットカジノ攻略日記]
ブラックジャック攻略に自信があります。 [続きを読む]

受信: 2006/06/05 17:08

« 渓谷と温情~四国巡り、温泉編その1、グルメ編:祖谷渓と香川のグルメって言ったらそりゃあ | トップページ | 美芸・建造・時流~四国巡り全体及び残りの建築編 »