« 音楽と体感~LIVEバトン | トップページ | 彫刻と静寂~四国巡り、アート編その1:イサム・ノグチ庭園美術館 »

浜辺と芝生~四国巡り、建築編その1:ベネッセハウス新館(安藤忠雄)

GWの間に行った四国三県、建築・美術と温泉を交互にツアー
の第一弾として軽ーくジャブ程度な記事を。
もう2週間くらい前の話になりますがねぇ。

安藤忠雄さん設計のベネッセハウス新館(Beach、Park)の
感想でも。

安藤忠雄さん設計のベネッセハウス新館(Beach、Park)

完成予定図はこんな感じ。素顔の直島、お知らせ
Benesse_housenew

海側がBEACH、奥側がParkです。

この新館は安藤さんの建てる外壁に木を使ったホテル。
以前、キャンプ・パオサイトがあったところに建ってます。
オープンは5月20日って事でGW中はもう、急ぎの仕上げ
工事って感じで建物自体は出来ているけど細かい所が
バタバタ、って感じなんでしょうね。
造成はまだまだって感じだったけど間に合う?

以前キャンプ・パオサイトにあったアート作品はどうなる?
と思っていたのですがトーテムポールやガラスハウス等
の大きめ作品はそのまま残されてました。
以前のセンターハウスの中にあったニキ・ド・サンファルの
作品等は今は仮に、って感じで本館のミュージアムの中
に展示?放置?されていましたね。
あの蛇のベンチも放置展示。

<Park>
客室のほかにスパなどがこの建物の中にあるようです。
本館のミュージアム棟の客室よりも少し安めの設定。

入り口はこんな感じで安藤さんっぽい感じです。
Pict0106_1

広場側はこんな感じ。
Pict0111_1

道路から客室が丸見えだったんだけどなぁ。
Pict0109_1

木造建築がちょっと普通のリゾートホテルっぽい感じで
少し安藤建築と言ってもピンとこないのかなぁ。
Pict0107

<Beach>
Parkよりも少し高級客室な設定ですね。

海側から見ると眺めは良さそう。
Pict0092

造りはParkと同じような感じです。
Pict0100

小屋、っぽいですね。
Pict0103

と、まぁ、こんな感じでした。
中身を見たいですねぇ。

でも、やっぱり眺めの点で言えば別館(Oval) の方が断然
良いだろうし、本館(Museum)にしてもいかにも安藤建築
って方が泊まった感は強いですよね。
本館であれば別館に行く事も出来る(新館だと別館に行く
ケーブルカーには乗れないようです。)。

別館(Oval)
Pict0128


美術館に夜遅くまで、それも客室直行で行けるのも魅力だし。
※たぶん、新館でも美術館に遅い時間まで入れるとは思う
けど客室直行感は少ないですよね。

やっぱり建築として、自然との一体感みたいなのは断然、
本館や別館の方があると思います。
新館は今の所ぽこっと建ったリゾートホテル感は否めません
でした。これで金額は少し安い程度となるとお得感は少ない
と感じてしまいます。こっちがもっと安く泊まれるとか、何か、
もう一つ付加価値が欲しい気がしますね。

私の別館への思い入れが強すぎなんでしょうけど。

部屋数を増やしたいから建てた、ってだけじゃ直島・ベネッセ・
安藤忠雄と言う名前が揃うともうファンにとってはただのホテル
じゃ許されない感じですから。

まぁ、一度泊まってみた人の感想を待ちたい所です。
誰か泊まったら教えてください!

|

« 音楽と体感~LIVEバトン | トップページ | 彫刻と静寂~四国巡り、アート編その1:イサム・ノグチ庭園美術館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 浜辺と芝生~四国巡り、建築編その1:ベネッセハウス新館(安藤忠雄):

« 音楽と体感~LIVEバトン | トップページ | 彫刻と静寂~四国巡り、アート編その1:イサム・ノグチ庭園美術館 »