« ぼんのう~家具に対する14及び4.5の煩悩:IKEA 4.5 MUSEUM | トップページ | けんのん~思ふ事 »

きらめき~変態と天才に切れ目は無い:花鳥-愛でる心、彩る技<若冲を中心に>

気になる展覧会

帰国展 CHIKAKU 4次元との対話
~岡本太郎から始まる日本の現代美術~展

岡本太郎美術館 4月8日から6月25日
参加は岡本太郎・中平卓馬・森山大道・中村哲也・
笠原恵実子・須田悦弘・杉本博司・
日高理恵子・渡辺誠・森脇裕之・小谷元彦・
伊藤高志・やなぎみわ・草間弥生・トリンミンハ
と凄く豪華。

人と自然:ある芸術家の理想と挑戦
フンデルトヴァッサー展

京都国立近代美術館 4月11日から5月21日
※東京に来ないかなぁ。
建築家ではなくアーティストなフンデルトワッサーの
建築は>フンデルトヴァッサー建築写真
ええそうです、子供の落書きなんです。
でもそれに信念があるんです(多分)。


週の真ん中なのにまだ週末の事を書いてますが。
この前、若冲の絵を見てきました。
 

狂おしいほどに美しいもの。
吸い込まれそうになる位に魅力的なもの。
溶けてしまいそうになる位に惹かれるもの。
そんなものを見た事がありますか?

そんな絵があるとしたら・・・

それを見たときは、これを書いた人は気が狂っているの
ではないか?と思った。この人、変態です。
それほどに正気の人間に描ける様な絵には見えなかった。
ところが良く見てみると物凄く計算されているようでもある。
一見、普通の日本画のようでいて、実はかなり偏執的。
描写は見てられないほど繊細な写実。描かれている世界
はどこか現実に繋がる幻想の世界。

それが若冲の絵画だった。

三の丸尚蔵館でやっている
花鳥-愛でる心、彩る技<若冲を中心に>
を見てきました。
修復を終えた江戸時代の画家、伊藤若冲の「動植綵絵
30幅を中心とした展示です。
とは言っても30幅全部一編に見る事が出来る訳ではなく
第1期:3/25から4/23
第2期:4/29から5/28
第3期:6/3から7/2
第4期:7/8から8/6
第5期:8/12から9/10
と言う具合に5回に分けて6幅づつ見る事が出来ます。
今はその1期で
「芍薬群蝶図」「老松白鶏図」「南天雄鶏図」
「雪中錦鶏図」「牡丹小禽図」「芦雁図」
の6幅を見る事が出来ます。
それもなんと無料なんですよ。

三の丸尚蔵館自体はそれほど大きな建物ではなく展示品
も決して多くは無いのですが若冲だけでも結構な見応え
があります。今回の1期の若冲6福もかなりのもの。
個人的には4期、5期がかなりの期待もの。
5期の円山応挙の作品や2期の狩野探幽も見逃せないなぁ。

展示室に入ってさらっと周りを見渡すと目の端に入る
若冲の6幅。一応、好物は残して最後に食べるタイプの
私なので他の作品をまず眺めているがチラチラと視線の
隅に入ってくる存在感のある6幅が気になって全然集中
できない。これから受けるであろう衝撃を期待して、
他の作品があっさりとした鑑賞となってしまう。

そして6幅の前に立つ。

浄土なのか地獄なのか判らない位に美しい草花の世界に
舞う蝶や存在する鳥達。妖しく空間を埋める木々や雪。
鳥の羽1枚1枚に繊細に描かれる羽毛の1本1本。
雪はドロドロに溶け出し、液状の形を保ったまま、1瞬
で固まったよう。花は蝶を食べて成長していくかのよう。

思わずガラス面に額を押し付けて吸い込まれるように
見ていた私でした。
この絵に溶かされそうな、そんな感じで。
これは生でじっくりと見ないとその偏執的な妖しさは
わからないでしょう。

この「雪中錦鶏図」の雪なんか物凄くエロティック。
Kinkei

若冲は「奇想の系譜」と言う本に取り上げられますが、
まさに奇想でかなり奇天烈な人だったんでしょう。
当時の絵画界でアバンギャルドな扱いだったんですかね。

若冲の情報として・・・
ここらの本が参考になります。
もっと知りたい伊藤若冲
『動植綵絵』
伊藤若冲    新潮日本美術文庫

こちらの若冲を取り上げているページで良く情報を収集
させてもらってます。
ハマリごと
そのページにある動植綵絵(一部)の画像。
動植綵絵

そして来年には相国寺の承天閣美術館新館が出来るのを
記念してこの動植綵絵30幅が全部一編に見る事が出来る
というのです。壮観でしょうねぇ。気が狂うかも。
 

|

« ぼんのう~家具に対する14及び4.5の煩悩:IKEA 4.5 MUSEUM | トップページ | けんのん~思ふ事 »

コメント

こんばんは。
>変態と天才に切れ目は無い
仰るとおりですね。
特にこの展覧会で
若冲の底力を見せ付けられると
それしか考えられなくなります。
執拗なあの描き方。
やっぱり普通じゃないです。
だから余計に惹かれます。

投稿: Tak | 2006/04/12 21:59

>Takさん
こちらからもTBさせてもらいました。
本当に引き込まれる、とか吸い込まれるって
感じの絵でした。
あの迫力、普通じゃないですよねぇ。

投稿: KIN | 2006/04/13 10:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/9552570

この記事へのトラックバック一覧です: きらめき~変態と天才に切れ目は無い:花鳥-愛でる心、彩る技<若冲を中心に>:

» 「花鳥ー愛でる心、彩る技〈若冲を中心に〉展」第1期 [弐代目・青い日記帳]
宮内庁三の丸尚蔵館で開催されている 「花鳥ー愛でる心、彩る技〈若冲を中心に〉」展に行ってきました。 展覧会を観に行く予定の前の晩にワクワクして 寝つきが悪かったのはもしかして初めてかもしれません。 (決してディズニーシーへ行った余韻ではありません。決して) フェルメールの作品を観に行く前の晩とは また違った心が落ち着かない感覚でした。 今日は心待ちにしていた伊藤若冲の「動植綵絵」に逢える日です。 (「動植彩絵」ではなく「動植綵絵」です) 「動植綵絵」が三の丸... [続きを読む]

受信: 2006/04/12 21:57

« ぼんのう~家具に対する14及び4.5の煩悩:IKEA 4.5 MUSEUM | トップページ | けんのん~思ふ事 »