« ぎもん~ミース・ファン・デル・ローエ生誕120年展 モダニズムの原点 | トップページ | うつろい~PV好き »

うたかた~鎌倉望郷

和田画廊で行う、光などを使ったアート展
現象からの新しいかたち展 再構築芸術へのいざない
・4月11日(火)~16日(日) 鈴木 太朗
・4月18日(火)~23日(日) 小松 宏誠
・4月25日(火)~30日(日) 安藤 孝浩

ArtsLogで見ました。
鈴木太郎さんはこの前この和田画廊で見た。

この前の週末に鎌倉に行ってきた。

桜の舞い散る日に断片的な望郷。

 

断片的な記憶と断片的な鎌倉の情景。

江ノ電の鎌倉高校駅からの海景。
夕景が見たかったのだが少し時間が遅かった。
日は既に落ちていてギリギリの明るさの空、とそれよりも濃い
海の色。叙情を感じるには少し暗い景色。

Enoden
水平線が連なる視線。

060401_1826
江ノ島が見える夜景。

鶴岡八幡宮への参道、段葛は桜の名所。

060401_1930
鶴岡八幡宮の段葛の夜の人と桜。

Sakurakama
桜の名所で桜を見上げる。

長兵衛と言う名の小さな路地の小さな居酒屋
行った時間が少し遅くて食事メニューが残り少なくて残念。
魚が食べたかったんだけど・・・
しょうがないのでさらっとツマミと酒で短時間在留。
でも、ちょっとのツマミでも味はなかなか素晴らしい。

060401_2020
長兵衛の入り口

鎌倉、と言って一番思い出すのはこれですか?

060402_1017
鎮座まします大仏。

円覚寺まで「無」と言う墓標を参りに行く。
「無」の墓標もこの季節桜に見下ろされていた。

060402_1333
円覚寺入り口

Enkakuji
円覚寺の庭園

桜の季節

Dankazura
そして昼間の段葛。

この地はいつも、いつでも、そしていつまでも、この地のまま
迎えてくれる。

|

« ぎもん~ミース・ファン・デル・ローエ生誕120年展 モダニズムの原点 | トップページ | うつろい~PV好き »

コメント

素敵な写真ばかり。郷愁のツボをやられました。
この前小津の映画を見てたら、大仏が出てきてぐっときたばかりなのだけど。

湘南、鎌倉あたりはすごくいいですね。
老後を過ごすなら、あの辺に家が欲しい。
まあ先立つものが無いけど、空想は自由だから。

江ノ島の麓のあの土産物屋の雰囲気も好きです。
あそこでサザエの壷焼きを食べたなあ。
思い出すと焼けた醤油の香ばしい匂いが漂ってきそう。

投稿: shibako | 2006/04/05 10:48

イギリスでも日本を感じる事が出来るとは
思うけど、鎌倉の感じとかはやっぱり日本
でしか感じられない物ですよね。
(郷愁をあおってどうする?)

鎌倉で家欲しいです。住みたいです。
(今の勤務だと通勤がキツイなぁ)

京都も好きだけど、同じ古都でも鎌倉は
こじんまりとしたところがまた好きだなぁ。

江ノ電ののんびり感がまた良い。
江ノ島の雑多感も大好きです。
冬、高校の部活の陸トレで江ノ島走って
いたのが思い出される。

投稿: KIN | 2006/04/05 11:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/9429203

この記事へのトラックバック一覧です: うたかた~鎌倉望郷:

« ぎもん~ミース・ファン・デル・ローエ生誕120年展 モダニズムの原点 | トップページ | うつろい~PV好き »