« ゆがみ~crash | トップページ | みどり~グミガール »

せつな~宮島達男「Fragile」

先週見に行った日本橋三越でやっていた
ウォレスとグルミットの世界展
三越の1Fロビーにちょこっと商品を売っていた程度の小規模な
物だったけど映画のセットやアードマンが作ったグルミット人形
(なんと577,000円!)などがあり、W&Gファンとしては楽しめた。
WG  G

その時に買ったグルミット危機一髪!
GI

で、これも先週だったかな、宮島達男さんの個展に行った。

宮島達男「Fragile」
SCAI THE BATHHOUSE

fragile

はかなくもろく、触れたら壊れてしまいそうな。
不安定なもの、Fragileとは名付けた物で。

宮島さんお得意の発光ダイオードカウンター物。
小さな赤いLEDのカウンターが数字をカウントしている。
今回はダイナミックさは無いが危うい脆さをかもし出している。
赤い色がそれをさらに煽り立てる。
変化が出てきたようにも見え、それでも宮島さんであった。

大好きなSCAI THE BATHHOUSEの空間。それを今回は暗幕
で覆い、暗くしていた。あの空間の天窓の気持ちよさが感じら
れないのは残念だけど。

01 「Counter Fragile」

暗い空間に小さなカウンターが幾つも、ぼんやりと集まって
いる。細い針金(?)で繋がれたLEDカウンターがそれぞれ
のスピードで点滅。壁側の透明のアクリル面に映りこんで
いる物もある。少し離れてその塊を眺めると数字と言う何か
を意味するべき物は消失し、赤く瞬く雲のような塊としてしか
見えない。霞の様にゆったりと動いているようでもあった。
暗い空間に赤い光が一回り大きい塊としてぼんやり存在し
ている。壁の上のほうにも梢の鳥の巣のようにその霞は
浮かんでいた。

なんか頼りなく、もろい、不安げな何か。
触れたら壊れてしまいそうな、こわれもの。

不安定な霞が自分の周りにも漂っている、そんな気もした。

水の泡の中のカウンター「Counter Fragile Bubble in Water」
と言う物もあって、それも水中花のような、泡の中で何か訴え
ているような作品だった。これも不安定な感じが良かった。

いつもの曇りガラスの「Counter Window」もありました。
window

4月8日までやっているのでもう何回か見に行きたいな。

|

« ゆがみ~crash | トップページ | みどり~グミガール »

コメント

scai the bath house が人工的な闇と光を包み込んでるなんて何だか不思議な感じ。

宮島さんの作品を所有しているギャラリーがマドリッドにあることが発覚。ぜひ調査したいところです。ただいま杉本作品を含む世界の写真家展を開催中。

投稿: nori-o | 2006/03/14 18:50

マドリッドで宮島さんを見るのもおつだねぇ。
結構他にも日本人アーティストの作品も持って
いるかもね。
所蔵品を表に出すのはいつだ?

投稿: KIN | 2006/03/15 13:30

こんばんは。
初めてSCAI THE BATHHOUSEへ行きました。

「Fragile」というタイトルがまさにピッタリの作品でした。

投稿: Tak | 2006/03/18 01:06

Takさん
コメントありがとうございます。
SCAI THE BATHHOUSE好きな場所なんです。
そこでまた、好きな宮島さんの作品ですから。
ほんとにFragileですよね。
Takさんの記事にもTBさせてもらいました。

投稿: KIN | 2006/03/20 11:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/9085675

この記事へのトラックバック一覧です: せつな~宮島達男「Fragile」:

» 「FRAGILE」宮島達男展 [弐代目・青い日記帳]
SCAI THE BATHHOUSEで開催中の 宮島達男展「FRAGILE」に行って来ました。 日暮里の駅に降りたのはもしかして初めてかもしれません。 普段は通過するだけの駅に降り立つのはとても新鮮な気分になれます。 駅を出て東京の三代霊園の一つ谷中霊園へ入りました。 天気がいいのでお墓参り…ではなく霊園を突っ切って 一路目指すは谷中の「銭湯」 谷中五重塔跡桜並木を通り藝大方面にテクテク歩くと 目指す「銭湯」が視界に入ってきました。 ここが今日の目的... [続きを読む]

受信: 2006/03/18 01:03

« ゆがみ~crash | トップページ | みどり~グミガール »