« そら~高級デザイン携帯 | トップページ | ほし~雑記、サニエ嬢がブラウン管で微笑み、iPodでJazzが高らかに鳴っているそんな世に、断片的な考察は静かなる本についての考慮を示し、変わるもの、変わらないものが密やかにそこにあった。 »

ひと~宮大工のこころ

今、この本の中身が私の頭の中をぐるぐる渦巻いてます。

木のいのち木のこころ―天・地・人

この本は最期の法隆寺大工の棟梁である西岡常一さんの
言葉を納めた「」の巻、その弟子でありその教えを守り、
伝えながら鵤工舎を立ち上げた小川三夫さんの言葉を納め
た「」の巻、そして小川さんの弟子である鵤工舎の人達の
言葉を納めた「」の巻の三巻をまとめたもの。

宮大工として生きた人、生きようとする人。
その心、技術、心意気、信念、が詰まってます。

私は今「地」の巻を読んだ所です(「天」はまだ)。
 

この本に出てくる西岡さんから小川さんに送った手紙の中の
言葉がとにかく素晴らしい
「人の希望や理想が表現された物、つまり心の表現こそ芸術
というものである。形だけにとらわれた作品は本当のものでは
ない。作品を通し何ものかを呼びかける心が宿っていなければ
ならない。技術の優秀さは此の心の上に花開くものである。」

これは宮大工だけでなく、全てに当てはまる事でしょう。
別に芸術を作るのだけではなく何かを生み出している事全て。
そして何も生み出していない人は居ない。本人が意識している
していないに関わらず全ての人が何かを生み出している。

宮大工と言うのは相手が1300年前の大工だったりするのだ。
小川さん曰く
「周りに1300年前の物が建っている。地震や台風などが来た
時に自分の作ったものだけ壊れたらそれこそ恥である。」

と言う事だが、まさにその通りであろう。
そしてまた、ここに1300年前に建ったものがこのような形で
今残っていると言う脅威に改めて気付かされる。
それに常に対面している宮大工の人々にはよっぽどの強い
信念とそれを裏付ける技術が無いとやっていけないだろう。

彼らの持っているものは周りから見たら古臭い観念かもしれ
ない。体制だって、言っている事だってそうだろう。
それでも、その技術で建っているものが1300年たった今も、
今の技術を凌駕してそこにある。
そして、実はそこに本質があるのではないかと思う。
そこに建っている建物ももちろんそうなのだが、それを建てた
技術もそう。そしてその技術を使う人もそう。その育て方もそう。
建物を構成している木もそう。その木の生えていた山もそう。

つまり人であり、環境であり、教育である、我々の関わるもの
全ての本質。それがそこには見え隠れしているのである。
本質などを掴む事はそう簡単には出来ないけど少し考えて
みる事をしても良いだろう、そんな気になっている。
ここで小川さんがそんな現代のあり方に一石を投じていた。

|

« そら~高級デザイン携帯 | トップページ | ほし~雑記、サニエ嬢がブラウン管で微笑み、iPodでJazzが高らかに鳴っているそんな世に、断片的な考察は静かなる本についての考慮を示し、変わるもの、変わらないものが密やかにそこにあった。 »

コメント

おお、素晴らしいなぁ。
この方はとても有名な方ですよね。
地元ですので当然、お名前は存知あげておりまするよ。

宮大工、とか、修復、とか、そういう方々に対して
「もともとあったものを、リペアする」って見方は
このような言葉で覆されるべきですね。。

何を芸術・アートと呼ぶか、っていうのは
それぞれの自由なんだと思うのだけど、
すべての芸術が、身を切るような、ギリギリの状況から
生み出されるべきだ、とも思わないけど(いや、ちょっと
思うけど)、自分と立ち向かわない、小手先の技術で
できたものを、自信満面で「アート」とか軽く呼ぶな、
とは、いつも思う。

「芸術っぽい」「アートっぽい」ものは世に溢れてるけど
その中から、本質とか原石を探し出すのは、
人間が己を世に差し出すのと同等に難しくて厳しい
ものだと、いつも忘れずにいたいなぁと思った。

いい本ですね、これ。私も読もうっと。

投稿: Mariko | 2006/02/20 15:15

そっか、斑鳩の地の地元だもんね。

ほんとに何が芸術か、なんて人それぞれなんだけど
やっぱり、何か、がないと芸術とは呼べないよね。

是非、読んでみて。

投稿: KIN | 2006/02/21 09:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ひと~宮大工のこころ:

« そら~高級デザイン携帯 | トップページ | ほし~雑記、サニエ嬢がブラウン管で微笑み、iPodでJazzが高らかに鳴っているそんな世に、断片的な考察は静かなる本についての考慮を示し、変わるもの、変わらないものが密やかにそこにあった。 »