« ひと~宮大工のこころ | トップページ | むし~なんかねぇ »

ほし~雑記、サニエ嬢がブラウン管で微笑み、iPodでJazzが高らかに鳴っているそんな世に、断片的な考察は静かなる本についての考慮を示し、変わるもの、変わらないものが密やかにそこにあった。

星の夜、星の海、星の砂。輝きはどこにでも。

最近断片的な思考が多い。
最近の雑記でも。

 

Ludivine Sagnier嬢がTBCのCMに出ていることをこの前
書いたがここに画像がありました(動画は無い)。
リュディヴィーヌ・サニエCM1
リュディヴィーヌ・サニエCM2
Sagnier
うー、やばいくらいにカワイイじゃないの。
オゾンの映画では色っぽくて少し馬鹿っぽい女の子の役が
多いですが。
コケティッシュと言う本当の意味を見た、気がする。

CMと言えばiPod&iTunesの新しいCMが今度はJAZZ!!
Wynton Marsalisが出てます。ううー、カッコイイ。
iPodのCM
JazzもiTunesで買えますよって意味あいなの?
でもJazzメインで聞く人はアルバム単位でCD(人によっては
JazzはLPって人も)が多いだろうけど。
若い層にアピールするには良いのかも。
雰囲気たっぷり。

雰囲気と言えば昨日本屋で見たこの本が良かった。
The silent book
silent
文字が無い絵だけの本。
静けさや・・・。

私が良く行くこちらのお店が6周年だったので先週末に行って
来た。
HERE WE ARE marble
オープン当時のスタッフの人は既に社員としては居ないんだけ
ど雰囲気はそのまま流れている。そして新しいものも。
自分もあの頃からそれだけ歳を取っているのも気が付くが。

変わっていくもの、変わらないもの。
そこにあるもの。

|

« ひと~宮大工のこころ | トップページ | むし~なんかねぇ »

コメント

えええーサニエちゃん日本の広告に出てるんだー

もう、大好きです。
作品ごとにがらりと変わるところが面白くてしょうがない。

一番好きなのは、「焼け石に水」のサニエちゃんかも。

CM見てみたいっす。コケティッシュ。うん。

投稿: Mariko | 2006/02/22 12:54

そうなのよー。
テレビ見ていたら、カッコは地味なんだけど
なんか、目を引く女の人が、と思ったら。
サニエ嬢だったのですよ。びっくり。

投稿: KIN | 2006/02/22 14:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ほし~雑記、サニエ嬢がブラウン管で微笑み、iPodでJazzが高らかに鳴っているそんな世に、断片的な考察は静かなる本についての考慮を示し、変わるもの、変わらないものが密やかにそこにあった。:

« ひと~宮大工のこころ | トップページ | むし~なんかねぇ »