« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

たび

終着点などは無い。いつも途中。

今月のエスクァイア(念のため雑誌ね)がパパの子育て
特集です。良く考えるとなんだそりゃ、なテーマですが。
結婚しているわけでも子供がいるわけでもないですが
(結婚してなくて知らずに子供がいる・・・のも無いはずだ)
意外に良い記事多くて読んでしまった。

パパと子供が旅に出る記事が幾つか有りまして・・・
手塚貴晴さん(手塚建築研究所)が娘と有田に行く、とか
ユトレヒトの人が娘と直島に行く、とかの記事があり。
いや、旅情誘われます。また頭の中直島モードですよ。
私が行くのはGWなので混んでるの必至、が悲しいですが。
前に行った時のプライベート感を味わえないのが残念。
まぁ、仕方ないですね。

さて、もう2月も終わり、3月です。

少し気分を上げて行きますかなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

くも~流れる雲と映像、そして山の狭間に響く音達。また、海の近くで魅せる心響。それは望郷?

流れていく、泳いでいく、変わっていく、飛んでいく、
生まれていく、消えていく。


最近映像関連見て無いなぁ・・・ってのもあり、どーも雨で
外出する気も無く、この日曜日はずっと家で。
最近は外部へ放出よりも内部へ貯める方向に傾いている私。

Stereo Future」を見る。中野さんのSFシリーズ。
DVDもっていたのにずっと見てなかった。

SPECIALTENと言うロンドンのDVDマガジンを土曜に買った
のでこの8,9,12と連続で3枚見る。PVなどが色々入っている。
SPECIALTEN
WOOF WAN-BAUさんと言う日本人のアニメーション作品が
良いなあ、と思っていたらこの方あのNexus Productionsの人
なんだ。なるほど。
あのCatch Me If You Canのオープニングアニメーションを
手がけたプロダクションです。
Nexus Productions

そういえば、今年のフジロックの参加アーティスト第1弾が
発表されていた。
FUJI ROCK NEWS
Broken Social Scene/Flogging Molly/Franz Ferdinand/
THE HIVES/MOGWAI/North Mississippi All Stars/
大江慎也/Red Hot Chili Peppers/Scissor Sisters
レッチリにフランツね、しっかり押さえるところは押さえて、
ってな感じですね。デートコースペンタゴンロイヤルガーデン
も出ると言う話だし、今年も行くかなぁ・・・。
でも3日連荘ではさすがに行けない社会人の辛さよ。
日程が出てからだなぁ。

発表といえばAppleがまた28日(日本時間だと3月1日?)に、
なにやら発表するみたい。新しいiPodか?とか色々と噂は
あがっているが・・・。請うご期待?

遠出と言えばベネッセハウスの新館が5月20日オープンで宿泊
予約の受付が始まりました。
ベネッセハウス宿泊
新館の名称はParkBeach。今までの建物もMuseum
Ovalと言う名前が付いた。
私が行くのは激混み予想となるGW。
地中美術館に家プロ、混みそう。
新館はその後に出来るけど、やっぱりスタンダード展含めて
今年はもう一度行きたくなる。
でも妻有も行きたいし、奈良さんの青森でやるAtoZも行きたい。
養老天命反転地や金沢21STも行きたいなぁ。

ファブリックって言うか風呂敷テクスチャーなんですねぇ。
「ARCHITEXTURE(アーキテクスチャー)」展
hhstyle.com原宿本店で5人の建築家のデザインをする
風呂敷を発売する記念の展覧会。
青木淳、隈研吾、妹島和世、手塚貴晴+由比、内藤廣
2月27日から3月6日まで。
そーいや、hhstyleのアネックス(安藤忠雄設計)まだ見て
ないや。

手塚貴晴+由比夫婦と言ったら今度展覧会ありますねぇ。
「手塚貴晴+手塚由比」展
ギャラリー間 3月15日から5月20日
家を建てるならこの人たちに設計を頼みたいNo.1かも。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

むし~なんかねぇ

小さきもの、這うもの、翅を持つもの、節をもつもの、足多きもの。
一つの世界を現すもの。

なんか最近、出不精。
うーん、鎌倉に行きたい。

蟲師の7巻が出た。
禁種の蟲、なんか世界が膨らんできた。

3月にPrinceの新譜「3121」が出る。
今回も期待。

3月にマッシヴアタックのベスト版「コレクテッド」が出る。
特別版には全てのPVが付いている。なーんだよ11プロモズ
買わなくても良かったじゃないの。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ほし~雑記、サニエ嬢がブラウン管で微笑み、iPodでJazzが高らかに鳴っているそんな世に、断片的な考察は静かなる本についての考慮を示し、変わるもの、変わらないものが密やかにそこにあった。

星の夜、星の海、星の砂。輝きはどこにでも。

最近断片的な思考が多い。
最近の雑記でも。

 

続きを読む "ほし~雑記、サニエ嬢がブラウン管で微笑み、iPodでJazzが高らかに鳴っているそんな世に、断片的な考察は静かなる本についての考慮を示し、変わるもの、変わらないものが密やかにそこにあった。"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ひと~宮大工のこころ

今、この本の中身が私の頭の中をぐるぐる渦巻いてます。

木のいのち木のこころ―天・地・人

この本は最期の法隆寺大工の棟梁である西岡常一さんの
言葉を納めた「」の巻、その弟子でありその教えを守り、
伝えながら鵤工舎を立ち上げた小川三夫さんの言葉を納め
た「」の巻、そして小川さんの弟子である鵤工舎の人達の
言葉を納めた「」の巻の三巻をまとめたもの。

宮大工として生きた人、生きようとする人。
その心、技術、心意気、信念、が詰まってます。

私は今「地」の巻を読んだ所です(「天」はまだ)。
 

続きを読む "ひと~宮大工のこころ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

そら~高級デザイン携帯

そらの色は何色?

韓国のサムスンがバング&オルフセンと組んで出した
携帯電話
BANG&OLUFSEN & SAMSUNG 「SERENE」
14万円くらいするんだって。でもダイヤルの所面白い。

ちなみにノキアのこれは国によって15万円位するらしい。
nokia8800」
坂本龍一の着メロ入りの高級路線。
どっかの団体の2005年の最優秀携帯電話選ばれたの
もあって、かなり売れてるらしい・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

うた~歌姫

うたをわすれたかなりあは

トリノオリンピックだのバレンタインだの時事ネタを別に
取り上げず気にしていないと、こういう情報を取り逃して
しまった。

バレンタイン当日にこんなの行われていたのね。

koolhaus of Jazz IV -Love-

<ボーカル>
内田也哉子(sigh boat)
英珠
小島麻由美
noon
林夕紀子(choro azul)
米良美一

<バンド>
小沼ようすけ(g)
鈴木正人(b)
坪口昌恭(p)
芳垣安洋(ds)

バンドメンバーも凄いが歌姫(一部「?」付きの姫だが)
が凄い。
noonの新しいアルバム買ってないや。
この人の声が好き。
sigh boatが自分のiPodに入っていないのに気が付く。
ナゼダァー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もの

好きなひとやものが多すぎて・・・

最近読んだ本では
「死神の精度」伊坂幸太郎
これがかなり面白かった。
重くなく、でも浅くなく、少し幸せな感じ。
読みやすかったし、ラストも良かった。

で・・・
どうしても好きだ、と言うものがある。
どうしても忘れられ無い、と言うものがある。

続きを読む "もの"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みち~村田朋泰展

とうとう直島でスタンダード展が再び行われると言う正式
発表が・・・。参加アーティストもまさに直島な感じ。
ベネッセ直島

10月7日かららしい。秋に行けばSANAAの海の駅も
安藤忠雄のベネッセハウス新館も新しいスタンダードも
見る事ができるのかぁ(一個前の記事参照)。
家プロジェクトの第5段が計画されていると言う噂もあった。

安藤さんと言えば表参道ヒルズがオープンですね。
まだ、混んでいるんだろうなぁ。
まぁ、空いた頃見計らって行ってみよっと。

日曜日に「村田朋泰展」に行って来た。
white9
 

続きを読む "みち~村田朋泰展"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ゆめ~気になるメモ(アート編)、再度追加

夢の色は、何色?

・8日初稿
・9日新しく2点追加(さよならナムジュンパイク、大竹伸朗展)
・10日さらに1点追加(オラファーエリアソン展@G小柳)

気になるメモ、そう言えば最近、アート編しか書いていない。
本はすぐ手に入るし、CDは急がなくても手に入る。
映画は見逃してもDVDで発売されるから、即時性が必要な
物としてはアートが多いからかなぁ。
ライブもそうなんだが、最近そういやライブ見に行ってないなぁ。

で、アート編。調べてると色々と楽しそうなの計画されていて
凄く嬉しい。見つけてウキウキしてます。

life/art '05
資生堂ギャラリー
2005/12/08から12/25:今村源
2006/01/05から01/22:田中信行
2006/01/26から02/12:金沢健一
2006/02/16から03/05:中村政人
2006/03/09から03/26:須田悦弘
※life/artシリーズの最終回。今回は参加メンバー各々の個展
 形式。もう、既に3人目。須田さんの作品も毎回参加。
 そして最期の須田さんの個展。これは絶対に見逃せない。

渡辺力:リビング・デザインの革新
東京国立近代美術館 1/13から3/5
※シンプルなプロダクトデザイン、渡辺力さんの展覧会。
 リキスツールが有名ですよね。>リキスツール

ニューヨーク・バーク・コレクション展
東京都美術館 1/24から3/5
※若冲作品はそれほど多くないとか・・・うーん。

鬼頭健吾 + ROBERT PLATT
ギャラリー小柳 2/1から2/28
※WEBの写真を見る限り・・・見たい。

「村田 朋泰」展
目黒区美術館 2/11から3/31
※人形アニメ作家の村田さんの個展だ。これ見たい。
 全作品コンテ集、買うかどうか・・・。
 村田朋泰のHP

宮島達男「Fragile」
SCAI THE BATHHOUSE 3/3から4/8
※SCAIに宮島さん舞い戻る!
 宮島さん追っかけとしては何度見に行くか。

ミース・ファン・デル・ローエ生誕120年展
日本建築学会 建築会館ギャラリー 3/25から4/7
※サンバ鴉、いや三羽カラスなミースさんを振り返ろう。

「イサム・ノグチ -世界をつなぐ彫刻-」展
横浜美術館 4/15から6/25
※この前のMOT以上のものを期待するのだが・・・。

カルティエ現代美術財団コレクション展
東京都現代美術館 4/22から7/2
※参加する人によっては見ものかも。早く詳細知りたい。

オラファーエリアソン展 NEW!
ギャラリー小柳 4/28から5/31
※原美術館で感動したエリアソン。こちらでは何を?

束芋展
原美術館 6/3から8/28(暫定)
※うわ-い!うぉーい!原美で束芋展!これは!これは!
 見に行くべし!(マジ嬉しい!)原美のScheduleで発見。

さよなら ナム・ジュン・パイク展
ワタリウム美術館 6/9から10/9
※お亡くなりになったパイクさん。追悼。

「若冲と江戸絵画」展
東京国立博物館平成館 7/4から8/27
※どうもこちらの方が若冲が多そうだ。狙い目。

光の魔術師 インゴ・マウラー展
オペラシティアートギャラリー  7/8から9/18
※見たいねぇ。あまり私はこの人の事知りませんでした。
 あちこちから情報仕入れてみると
 こんな照明を作っている人です。
 INGO MAURER SHOP 
 以下のHPのProjectsからSelectProjectsを選ぶと色々見ることできる。
 INGO MAURER

奈良美智 + graf A to Z
吉井酒造煉瓦倉庫 7/29から10/22
※これは、本当にこれは見逃せない。去年青森に行きそびれた
 分さらに。

伊東豊雄 展
オペラシティアートギャラリー 10/7から12/24
※続きますねぇ、建築関連のオペラシティでの展覧会。
 今回は伊東豊雄さんですよ。これも必!

大竹伸朗 全景 1955-2006
東京都現代美術館 10/14から12/24
※大竹さんの個展ですか、どんなものが飛び出してくるやら。

伊藤若冲特別展
相国寺の承天閣美術館新館
2007年春
※若冲の「動植綵絵」が全30幅揃うって凄い事じゃない?

| | コメント (5) | トラックバック (0)

うみ~鬼頭健吾 + ROBERT PLATT展

海は何故に迎え入れてくれるのだろうか?

まだまだ先の直島行きに今から心を弾ませている。
前に行ったときは本館に泊まった。今回は念願の別館
今度行く時はまだ出来ていないけど5月末位に出来ると
言うベネッセハウス新館(もちろん設計は安藤忠雄)に
その次は泊まらなくちゃ。この建物木造らしい。benesse_housenew

秋くらいに出来る海の駅(設計はSANAA)も見たいなぁ。uminoeki

10月にスタンダード展2をやると言う噂もあるし・・・。
絵は直島町観光協会で発表されてました。

もちろん今回もイサムノグチ庭園美術館も寄る予定。
まだ、申し込んでないや。空いているかな?
前に行ったのは2002年、出来たばかりの護王神社の地下室に
まだ入れなかった。
前回の紀行記

さて、ギャラリー小柳で見た鬼頭健吾 + ROBERT PLATT
の感想でも。

続きを読む "うみ~鬼頭健吾 + ROBERT PLATT展"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

よる~黒川紀章 フラクタル展

夜になると星や月が瞬いてくれる。

この前テレビをなんとなく見ていたら、ラフな格好(ジーンズ姿)
のフランス女性がCMに出ていた。地味な格好なのだがやたらと目
をひきつける女性。やっぱり雰囲気あるなぁ。
と言う事で、TBCのCMにサニエ嬢が出ていたのがびっくり。

もう終わってしまったが黒川紀章展の感想をば。

続きを読む "よる~黒川紀章 フラクタル展"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すな~植田正治:写真の作法

近くにありて思うもの。しかし近すぎると判らなくなる。

こんどうあや個展「Marian Bootleg」を見に行っていたが
書き忘れているうちに内容も覚えていないはめに。

なので、忘れないうち「植田正治:写真の作法」について。

続きを読む "すな~植田正治:写真の作法"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とき~THE 有頂天ホテル

あのきのこのクレイアニメ「カペリート」が一日に1話まとめて
放映されるらしい。スペインのアニメらしい、あの大雑把、
じゃなくて奔放なスペインの人にクレイアニメが作れると言う
のも驚きですが(スペインの人ごめんなさい!でも不思議)。
そんなに人気があったのだろうか?(私は大好き!)
kape
(それまではプチプチアニメで週1回だった)
ミニアニメ(午前7:45~7:50、再放送/午後5:20~5:25)
2月6日から3月31日で連続放映(平日のみ)

この前の週末「THE 有頂天ホテル」を見に行った。
その感想でも・・・

続きを読む "とき~THE 有頂天ホテル"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うそ〜國安孝昌展

うそと意識しなくても、それは嘘になる、時には。

新生「サディスティック・ミカ・バンド」のボーカルが木村カエラ
だとかナムジュン・パイクさんがご逝去されたとか色々な情報
を聞きました、今週。

銀座の交差点、横にかわいい女の子が居た。
少し、横目で振り返ると目が合う。慌てて目をそらす。
そしたら・・・その子が近づいてきて「あの・・・」。
(あー、すいません、そちらを見たのは下心があったわけで
なくて、思わず見てしまったんです。許してください。)と心
の中で言い訳。
「資生堂パーラーってどこになるか知ってます?」
あー、良かった、道を聞かれたのか。
銀座に良く来るように見えたのだろうか?
よく路聞かれるんですよね。

パーラーの位置は知らないが、きっと元々資生堂があった
所の建物(現HOUSE OF SHISEIDO)だろうと思って案内
した。
と・こ・ろ・が、その後に資生堂ビル(ギャラリーのあるビル、
HOUSE OF SHISEIDOとは別の場所)に行ったら、なんと
そのビルの中に資生堂パーラーがありました。
嘘をついてしまった・・・鼻の下伸ばして女の子に見とれて
いたのがいけなかったか・・・。ごめんなさい。

 

続きを読む "うそ〜國安孝昌展"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »