« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

期:印象バトン?自分バトン?

年末も押し迫り、もしかしたら今日が最後の更新かもなぁ。
ってな事言いながら明日も更新してるかもしれないけど。

色々と振り返ってみたいものの、とりあえずしない。
自分自身についてでも振り返ってみるか、と。

以前回ってきていた「自分」バトン?「印象バトン」?うん?
名称は良く判らないや、そんなものでもやってみるか、と。
年末だから、陰湿に。

 

続きを読む "期:印象バトン?自分バトン?"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

気になる事メモ(主にアート展)

気になるものメモ(増えたら更新)
※ちょっと追加

世田谷ボロ市
東急世田谷線世田谷・上町駅近く
ボロ市の様子
1月15、16日
※関東最大の(?)蚤の市、骨董市。以前はちょこちょこと
 行ったけど最近行ってないなぁ。もう、何も買わなくても、
 お祭り感が嬉しい。でも人が多すぎるので汚れても良い靴
 で行きましょう。

オラファー エリアソン 「影の光」
原美術館
2005/11/17から2006/02/05
※オラファーエリアソンの日本で初の個展。
 この人の作品は見たいんですよ。素晴らしいセンス。

life/art '05
資生堂ギャラリー
2005/12/08から12/25:今村源
2006/01/05から01/22:田中信行
2006/01/26から02/12:金沢健一
2006/02/16から03/05:中村政人
2006/03/09から03/26:須田悦弘
※life/artシリーズの最終回。今回は参加メンバーそれぞれの
 個展形式。そして須田さんの個展。これは絶対に見逃せない。

奇想の庭 西尾康之、小谷元彦、ヘルマン・ニッチ
山本現代
2005/12/13から2006/02/10
※なんとなく見たいんです。

前川 國男 建築展
東京ステーションギャラリー
2005/12/23から2006/03/05
※(おいらにとっては)久々の建築系の展覧会。

2006/1/13から3/5
※シンプルなプロダクトデザイン、渡辺力さんの展覧会。
 リキスツールが有名ですよね。>渡辺力

ニューヨーク・バーク・コレクション展
縄文から琳派、若冲、蕭白まで

東京都美術館
2006/1/24から3/5
※もちろん目的は若冲

「村田 朋泰」展
目黒区美術館
2006/2/11から3/31
※人形アニメ作家の村田さんの個展だ。これ見たい。

奈良美智 + graf A to Z
吉井酒造煉瓦倉庫
2006/7/29から10/22
※これは、本当にこれは見逃せない。去年青森に行きそびれた
 分さらに。

伊藤若冲特別展
相国寺の承天閣美術館新館
2007年春
若冲の「動植綵絵」が全30幅揃うって凄い事じゃない?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

歌:Passion

東京スカパラ、新歌モノ・シングル3部作、第2弾
今度はCHARAだそうだ。聞きたいな、っと。

で、宇多田ヒカルの新曲「Passion」を買ってみた。

続きを読む "歌:Passion"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

緑:リージョン●リー

昨日、秋葉原で液晶画面付きのDVDが18900円で売っていた。
これは買いだ!と思って・・・買ったんですがね。
これ、さらに・・・リージョン●リーなんですね。
取説にはそんな事全く書いてませんでしたが。
さらにPAL形式にも対応している。

家に帰って、本当かなぁ、と思って確認。
もちろん普通のDVDは問題なし。
今までマックでしか見る事が出来なかった別の●ージョンコードの
DVDを突っ込んで見てみると・・・
なんと、普通に見る事できたじゃないですか。

kakudai04  kaudai_a

発売先会社HP

ネットでは2万円超えてますね

| | コメント (2) | トラックバック (0)

観:コープスブライド、ブラザーグリム

見た映画、もう結構前なので感激も不満も引いたところ。
なのであっさりと感想を。

続きを読む "観:コープスブライド、ブラザーグリム"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

選:高円寺会館、伊東豊雄さんの設計

高円寺会館改装と言う話は以前聞いた事がある。
高円寺に住んでいても行った事はない。
区民会館なのだが、その会館が改装して演劇などにも使える
会館となる、と言う話を聞いた。
小劇場が出来て、阿波踊り用のホールも出来ると言う話。

その、設計者が伊東豊雄さんって知らなかった!
ここを全部読んでいくとどう言う選定になったか判ります。
高円寺会館改築設計者選定
青木淳さんやSANAA内藤廣さんまで参加していたんだ!
第3次審査結果のお知らせ
審査講評
この講評だけでも評価基準が判りますね。
劇場を持った区民会館と言う考え方では斎藤さんのプランがよさそう。
劇場と阿波踊りがポイントなのね、やっぱり。

広報資料
昭和21年にオープンって凄く先だなぁ。
その頃まで高円寺に住んでいるかなぁ。
でも今住んでいる所に凄く近くなんだよね、この会館。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

時:GUNDAM 来たるべき未来のために

もう結構前、北斎展の最終日。
北斎展を見に行かねば、と思い、少し遅くなりつつも上野へ。
最終日だから混むかなぁ、寒いから待つの嫌だなぁ、など
と思っていたら・・・到着は15時なのだが、会場は整理券で
入場制限がかかっている。次に入れるのは17時。
さすがにこの寒空の下2時間も待てないと言う事で、断念。
(まぁ、のんびりしていた自分がいけないのだが)

そのまま帰るのもしゃくなので別の展覧会でも見ようかと。
ちょうど上野でやっていたガンダム展を見ることにした。
ガンダムを、おそらくほぼガンダム世代と言われる年代が
多いのかな?、まぁ、そこらの世代の現代アーティスト達が
テーマとして扱ったアート展です。

 

続きを読む "時:GUNDAM 来たるべき未来のために"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

先:杉本博司 時間の終わり展

昨日も築地でカキフライ
市場の場内「八千代」に行って来ました。
ここ名物のエビフライ+カキフライ。もうここのフライはフライKING
です。両脇の行列の出来る寿司屋を横目に、ここも数人が待っている
八千代へ。ご飯にはカレー掛け。美味いね。
05-12-15_12-32

しかし、この年の瀬、場外なんかは既に並んでいるお節の
材料や新巻鮭などで人の賑わいが凄い。

さて、このままグルメブログになるのかと、いや、そうでなく。
先週行った杉本博司展の感想でもさらっと書いてみます。

 

続きを読む "先:杉本博司 時間の終わり展"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

密:life/art '05 須田悦弘ファン必見da!

杉本博司展GUNDAM展、2回目の横浜トリエンナーレ
レビューも書いてませんが・・・
今回は資生堂ギャラリー「life/art '05」です。

の前に、まずは・・・
私は須田悦弘さんというアーティストの作品が好きです。
何をイキナリ、ですが好きなんです。
須田さんという方は木彫りで草や花を作る彫刻家です。
それも、本物そっくりに。これ生半可な造花じゃないですよ。
目を疑うくらいに本物そっくりなんですから。
そして、その展示の仕方がまた素晴らしい。
「作品」と言う感じでドンと置いてある、と言う事がほぼ無い。
窓枠にそっと、壁の角にひっそり、タイルの割れ目からひょこっと。
つまり言われないと判らないくらい、さり気なく自然に置かれる
作品たちが多いのです。それほど自然。
ただ、何故か、それが他の美術品や建物、仏像などと対峙すると
物凄い存在感を示すのが不思議なんですけどね。
そして須田作品ファン(以外にね、居るみたいなのよ)は作品を
探す事を醍醐味として、密やかに密やかに挙動不審な観客となる。

GalleryK-95-3  img_ph_side6
img_ph_side7 須田さんの作品たち

続きを読む "密:life/art '05 須田悦弘ファン必見da!"

| | コメント (6) | トラックバック (1)

嗜:寒くなり食い物が美味くなる

「冬」寒くなってきた。寒さが苦手な人も多いとは思いますが。
ただ、一つ確実に言えるのは冬は食い物が美味い!
鍋とか煮物とか暖かいものへ感じる幸せ感は味自体美味加減
に加え、あの暖かさってのがきっと幸せ感を増幅させているの
だと思われますねぇ。

で、本日は別に鍋の話ではないのですが(あー、でも、美味い
鍋を食いたい!)。

この時期、どうしても食いたくなるものが鍋以外にもあります。

それは・・・牡蠣フライ。そう、牡蛎フライです。
どう書き方を変えてみてもやっぱりカキフライなんです。

これは・・・駄目な人も居ると思うけど、好きな人には堪らない
食べ物ですよね。

で、私が食べたカキフライの中でかなーり上位にあたるお店が
2軒あります。
もちろん銀座のどこそこの名店が美味いとか、どっかの地方の
お店、港の定食屋などが美味いなど色々雑誌などでも見ますが、
全部行った事があるわけでもなし、気軽に行けるところも少な
いし・・・私が行った範囲でのお話でございます。

私的1位:築地の交差点角にあるKYビルの地下「味の石辰
(ちなみにこのビルの地下には人気のあるラーメン屋や天ぷら屋
・・・改装中だったけどなどがあって食い物に困らない!)
この石辰には毎年必ず昼飯にカキフライを食いに数度行きます。
1200円と少し高い気がするけどたまには良いじゃないの!

いやー、ここのカキフライは凄いです。で、実は、昨日行って
きたのですよ、笑。凄く大粒なフライがゴロゴロっと転がって
ます。コロッケじゃありません。
kaki

その正体は、2個のカキ1つのフライの中に入ってるのです。
それでこの大粒!ここはとにかく素晴らしいですわ。

そのかわりカキの味がドカっとしますのでカキフライ好きには
受けますが、「カキフライ?まぁ、普通だけど、たまには美味
いと言われてるもの食べてみたいな。」程度の人には、濃すぎ
るかもしれません。

で・・・そんなカキフライ、嫌いじゃないけど普通派な方にも
オススメできるお店は上記と同じく築地にある、こちらは市場
の場内にある「八千代」です。
ここはフライ物がとにかく美味い、エビフライなんかも絶品。
小さな店内、お世辞に綺麗とも言えない、本当に市場にある
定食屋さんですが、何年もフライを揚げ続けてまっせ!的な、
もう、これは職人技でっせ、みたいな、ちゃっちゃと食っちゃ
いなと言うような、そんなお店なんです。

えー、昨日食べたのでカキフライのネタした。
もし、ここも美味いぞ情報などありましたらお教えくださいな。

なんか他人行儀な書き方の今日の記事でした・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

偲:歌をうたった人

今日と言う日、今年も思ふ。

僕はキリスト信じない。
僕はブッダを信じない。
僕はエルビスを信じない。
僕はズィマーマンを信じない。
僕はビートルズを信じない。

そう唄った人の歌がこの時期あちらこちらで聞くこと出来る。
宗教を離れたお祭りのために。

今日電車で見かけたiPodを聞いている人の2割、ウォークマン
を聞いている人の5分、その他のプレーヤーを聞いている人の
1割はこの人の歌を聞いているだろう。
それがどれだけ本当なのか嘘なのかは知らないけれども私は
今日聞いた。愛、女性、神。

そしてその人はもう一度始めようと唄い、その後に、銃で撃た
れてしまう。

そう、今日はJohn Lennonの命日です。
別にだからと言ってわざわざ聞く必要はないです。
でも、そうなんです。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

呟:走る

ここ数日ぐっっーと寒くなってきてますねぇ。皆様如何お過ごしで?
12月ですよ、12月なんです。

そろそろ、徐々に徐々に復活です。

まぁ、バタバタしている割にはDirectors Labelもほぼ全部見たし、
コープスブライドも見たし、ブラザーグリムも見たし、北斎展に行こう
として最終日だったので2時間待ちだったので、それも凄い寒い日
だったので、独りでそんなに待つのが嫌で止めて(そもそもが行く
時間が遅かったので自業自得なのですが)、代わりにガンダム展
を見に行たり、バトンが回ってきていたりするんだけど。
シャーベッツのベスト版を買ったりもしてます。

全て全て徐々に徐々に。

でも、そんなこんなしているうちに年末ですねぇ。
それでまたしばらく間が空くかもねぇ。皆様良いお年を(いやいや)。
何もかにも走ってます。坊さんも先生もRUN RUN RUN。
ベルベットアンダーグラウンドが歌っているようです。

12月が師踊だったら楽しそうなのに。DANCE DANCE DANCE。

| | コメント (9) | トラックバック (1)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »