« 「巨匠 デ・キリコ展」大丸ミュージアム東京 | トップページ | あなたがここにいてほしい »

「イサム・ノグチ展」東京都現代美術館

これも先週。3連休の最終日です。
この日は朝から背中が痛かった。うーん、寝違えたかなぁ、と思い
つつ、昼ころ活動を始める、ところがどーも食欲が無い。
まぁ、でも何か食べなきゃ、と無理やり昼飯食べてその後そのまま
MOT(東京都現代美術館)に向かった。

ところが途中でだんだんと具合が悪くなってくるのだ。
なんかフラフラしてきた。
・・・これは・・・風邪だ!しかし、せっかくここまで来たのだし無理
やりにでも現美に入り「イサム・ノグチ展」を鑑賞。
ただし、どーも、集中出来なくて・・・
早めに帰り、結局寝込む。熱があるようなので風呂に入りとにかく
汗をかき、寝る。

これはきっとこの前日(10月9日)ジョンレノンの誕生日を忘れて
レノンの曲を聴くのを忘れたため、に違いない!と、言う事で、
うなされながら、寝床でJohn Lennonの日本人トリビュート盤を
ずっと聞いてました。取り返すように。
その名もHappy Birthday John Lennon。
色んなアーティストがレノンの曲(Beatles時代含む)をカバーして
ます。結構みんなレノンを崇拝してるせいかオリジナルと近い編曲
なんだよね。もっと個性を出して欲しかった。幾つかオリジナルな
アレンジの曲もあったけどね。

イサム・ノグチ展 彫刻から空間デザインへ~その無限の想像力

えー、結果から言うと・・・おいら物足りなかった。
まぁ、具合が悪かったのもあるけど。

でも、でも、展覧会としては凄く良く出来ていると思います。
物足りないと言いつつも、もう一回行くかもしれないです。
初期の金物の彫刻、後期の石の彫刻、それに「あかり」シリーズや
巨大なエナジー・ヴォイドモエレ沼公園、遊具、インテリア家具
とイサムノグチの色々なタイプの作品が一通り、全て見る事が出来
るような展示会は今までにあまり無かったですもんね。
名前だけは知ってるよ、と言う人から、幾つか作品は見ましたよ、と
言う人まで満足いく展覧会だと思います。
それになんと言っても東京であの、あのエナジー・ヴォイドを見る事
が出来るのなんて、これで最後でしょうかねぇ・・・。

これからは私個人のわがままです。かなり無理な事を言います。
まずは作品数をもっと沢山展示できなかったか?
地下の展示室だけじゃなくて1、2階の展示室をフルで使ってやって
欲しい位ですわ。
やっぱり、エナジーヴォイド持ってくるので予算使い果たしたかなぁ。

後は、見せ方なんですよ。今回の展覧会では凄く判りやすく見せて
くれております。しかし、しかし、だ。イサム・ノグチの作品はこう言う
風にいかにも美術展、みたいな見せ方ではなく見せられないのかと
思ってしまう。作品一個一個に力があるから余計ね。

金物の彫刻に至っては、以前草月会館で見た展覧会がひじょーに
素晴らしかったと思っている。草月会館のロビー、あのロビー全体が
イサム・ノグチの作品である。その名も「天国」。そしてその中に
点在するイサムノグチの彫刻。合わないはずが無いのだ!
sougetu1 (草月会館ロビー「天国」)

石の彫刻に関しては牟礼のイサムノグチ庭園美術館。あそこに、
あの空の下・空間に点在する石の彫刻たち。
あの素晴らしさには敵わない。
garden (イサムノグチ庭園美術館)

私はN.Y.のイサムノグチ庭園美術館やモエレ沼公園はまだ行っていな
いけど、きっと、これも同じなんだろうな。

もちろん、上記に挙げた場所は、場所自体が特別で、また、特別な力
を持っているので、それと比較されてはMOTも可哀想だし、それと同じ
ような見せ方が出来ないのは百も承知だろう。私が言っているような
事は無理な話しでしょう。
ただ、一度見てしまった者は、それでも求めてしまう。
その差は埋められないのは判っていても。
うーん、難しいなぁ・・・。

ただし、実際はそれらを補ってもあまる位エナジーヴォイドは素晴ら
しかった。

牟礼で見たエナジーヴォイド。小屋の中に恐ろしげにと言っても良い
存在で立ちすくんでいたあの巨大な石の彫刻。天井が低かったから
かとても妖しいオーラをまとっていた。飲みこまれそうになる位。
実際の大きさよりもそのヌメヌメっとした動き出しそうな妖しさ。
生き物だった。圧迫感、巻きついて来る、そんな力があった。
voide

そして、MOTで見たエナジーヴォイドには別の存在感があった。
あの吹き抜けの間。私は小さく見えてしまうんではないかな?と心配
をしていたのだが・・・何故か、より大きく見えたのだ。
牟礼で見た時よりも大きく見えた。あの巨大な空間の中なのに。
そしてヌメヌメ感とはまた違った生き物。荘厳で壮大なツルツルした
存在だった、それは。
そしてその正面に座り込んで数分そいつを睨み続けていたら、真ん
中の穴に吸い込まれていく、渦を巻いて吸い込まれていく周りの気。
それをボーっとしながらしばらく見つめていたら、風邪でフラフラの
頭が体が、あの穴の中に、気がつけばあった。

他にも2mの「あかり」や実際に触って遊べる遊具(わがままを言えば
ブラックスライドマントラを持って来れなかったか?さすがにそれは
無理か、無理だよなぁ)など見所は多いです。別室にあったイサム
ノグチのソファでは具合の悪い私はかなり休めましたよ。
slide
これがあったら凄かった。ブラックスライドマントラ。

in1 in2
こんな遊具がありました。
干支を3周位しても遊びたくなるわたくし。

子供が体験出来る組立てよう!これであなたもイサムノグチ!みたい
なコーナーは次行ったら絶対に遊んでやる!と思い(今回はフラフラ
だったのでやめた)、具合が悪くてもモレエ沼公園の映像は全部見た。
ノグチさんの作品はブロンズ系よりも石の彫刻が好きな私はやはり
もっと沢山の石の作品を!と叫んでしまうのだ。

まぁ、物足りないだの何だの言っているけど。
気になる方は見た方が良いです、オススメです、これ。

|

« 「巨匠 デ・キリコ展」大丸ミュージアム東京 | トップページ | あなたがここにいてほしい »

コメント

草月会館や牟礼での展示のお話、とっても興味深く読みました。私も石の彫刻作品の方が好きです。特に「この場所」。それにしてもエナジー・ヴォイドはすごいですよね!

投稿: sayaka | 2005/10/19 10:13

コメントありがとうございます。
そちらのブログも読みましたよ。
エナジー・ヴォイド Love!ですね、笑。
牟礼は本当に素晴らしい環境でした。
次は北海道かぁ・・・。

投稿: KIN | 2005/10/19 11:48

家から歩いて15分MO+。近くにいらしたのですね。
エナジーヴォイド、はヌメヌメしてるようにも
見えるんですね、奥深い。たしかにあそこではツルツルしてみえた。
エナジーヴォイドの、
ノグチイサム刻印がとても素敵な文字体で、印象的でした。
草月会館を紹介されたら、たしかにMO+は物足りない感じがしてきましたよ。

投稿: 小枝 | 2005/10/20 00:43

そっか、門仲か、MOTに歩いていけるんだね。
それも良いなぁ。
MOTの展示はあまりにも美術館然していたので
それに関してはねぇ。
でも、エナジー君は素晴らしかった。
あの黒い石に絡まれてしまったよ。
あの刻印も良いよねぇ、おいらも大好きです。

投稿: KIN | 2005/10/20 10:51

はじめまして。
「「イサム・ノグチ展」東京都現代美術館」を拝見して、イサム・ノグチを詠んだ拙い短歌にTBさせていただきました。
よろしければお立ち寄りください。
牟礼とモエレは行っていませんが、草月会館とNYは行きました。
共感して記事を拝読しました。

投稿: 謎野 | 2005/10/23 17:26

>謎野さん、はじめまして。
短歌のブログ見させて頂きました。
アートを短歌で表現するって、良いですね!
NYの庭園美術館、行かれたんですね。うらやましいです。
牟礼も(おそらく)また違った感があると思います。
また、宜しくお願いします。

投稿: KIN | 2005/10/24 09:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/6437038

この記事へのトラックバック一覧です: 「イサム・ノグチ展」東京都現代美術館:

» 051023 日々歌う [雪の朝ぼくは突然歌いたくなった]
花咲けば実もなるものか吾が無知よ楠の葉群れの橋に迫りて 楠の樹名(な)を妹わからぬに一葉を手折り渡しぬその香嗅げよと いち早く紅葉(もみじば)揺らす数本の唐楓なるや異国の風に 新緑と見まがふほどのやはらかな黄に染まりゆく公孫樹目に染む 人気なき広場の真中曇天を照らして咲ける黄花コスモス やうやくにイサム・ノグチに近づけば妹の声挙ぐ券を忘ると 懐かしさ憧れのみの募りしか規模の小さきイサム・ノグチ展 懐かしきロングアイランド憧れの牟礼・�... [続きを読む]

受信: 2005/10/23 17:22

» ノグチ・テーブル [mono->log*netjinsei]
身の回り品関連が続いたので、たまにはガジェットブログっぽいものを取り上げてみよう... [続きを読む]

受信: 2005/11/02 03:01

« 「巨匠 デ・キリコ展」大丸ミュージアム東京 | トップページ | あなたがここにいてほしい »