« 「アントニー・ゴームリー Certain Made Places」ギャラリー小柳 | トップページ | 「イサム・ノグチ展」東京都現代美術館 »

「巨匠 デ・キリコ展」大丸ミュージアム東京

デ・キリコ見てきました。もう、1週間も前の話です。
で、キリコ。シュールレアリズムの前身の形而上絵画作家として
有名です。形而上絵画って漢字で書かれるとなんか難しそうで、
意味を理解するのに拒否、笑。いや、なんか不思議な感じ、で
良いですよね?

さて、デ・キリコ展大丸ミュージアム・東京です。
chiriko

比較的後期作品が多かったようですね。結構数はありました。
有名な絵も幾つかありました。でも、あれは無いの?みたいな
感じもあったので、キリコ作品集大成展覧会!って感じまでは
いかなかったのがちょい残念。まぁ、色々と予算の都合もきっと
あるだろうし、まぁ、数は集まっていたので見応えはあります。
彫刻もあって、絵との対比も出来たし。

ただ、どれも、同じようなラフなタッチの色の背景。そして同じ
ようなモチーフと形の書かれているもの達。キリコに詳しくない
私はだんだん同じものを頭に刷り込まれてるようで麻痺してきて
しまいました。って言うか理解するのを拒否してきてましたね。
途中からはあまり考えずに目から入ってくる信号としての形や色
をインプットしている感じ。

ただ、そこで以外に頭のリフレッシュに繋がったのが素描みたい
なモノクロで書かれたスケッチ達。キリコの頭の中の混乱を形式
に囚われず、とりあえず書き出しました、みたいな物達。
手がビルからうわーっ、と出てきて何かを求めていたり。
ポセイドンが白と黒二人居て対峙していたり。

やっぱり美術って、本気で見ようとすると、なんとなく気になる
作風だから見に行きましょうかねぇ、程度の気合では太刀打ちが
出来ないんですねぇ。やはり多少の知恵があったほうが楽しめる
のかな?

でも、(おそらく、一部は)キリコに影響を受けていると思われ
横尾忠則さんや、立石タイガーさんの絵はもっと純粋に楽し
めるんだよねぇ。やっぱり宗教とかの思想が違うからすんなり受
けいれられ無いところがあるのかなぁ・・・。うーむ。

|

« 「アントニー・ゴームリー Certain Made Places」ギャラリー小柳 | トップページ | 「イサム・ノグチ展」東京都現代美術館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/6428359

この記事へのトラックバック一覧です: 「巨匠 デ・キリコ展」大丸ミュージアム東京:

« 「アントニー・ゴームリー Certain Made Places」ギャラリー小柳 | トップページ | 「イサム・ノグチ展」東京都現代美術館 »