« 八重山模様:弐日目~おーりとーりな西表島 | トップページ | 新しいiPod »

八重山模様:参日目~おーりとーりな竹富島

駆け足で記録してみた八重山の島々も最終日です。

最終日は竹富島へ。
ゆったりと時間の流れる島。何もしないでいる島。

  

石垣島からは高速船で10分で竹富島でした。
VFSH0065 (船から竹富島が見えてきた)

竹富島について水牛車に乗って島の中心部をグルッと回る
コースを体験。
VFSH0067 (こんな感じで路地を行きます)

竹富は古くからの赤瓦の家と石垣が残っている島です。
石垣にはハイビスカスや色んな花が咲いている。
赤瓦と石垣と花がまるで部屋とワイシャツと私並みにあたりまえ
のようにそろってますよ。
VFSH0068 (赤瓦と石垣と花)
VFSH0069(あちこちに咲くハイビスカス)

その狭い石垣の間をのんびりのんびり牛車が行きます。
うちらの乗ったのは水牛「島ちゃん」の引く車。
すごいおじいさんです(後姿ではわからんね)。
VFSH0073 (水牛車の中から島ちゃんのお尻)

ちなみにこれは八重ちゃん。女の子です。
ハイビスカスの花でしかわかりません。
VFSH0070

牛車は約40分で街中(って言うでしょうかね?)を一周する。
その間は、お兄さんがサンシンで現地の唄など歌ってくれる
のです。そのお兄さんが言っていたんだけど、電車に40分
乗っている時間とこの島で40分過ごすのとは違う感じですよ、
と。そのトーリでした。素晴らしい40分でした。

その後、しばらく街中をぶらぶら。
VFSH0074 (竹富の街中、これでも街中)

こんな素晴らしい展望もあった。
VFSH0075 (展望台?の近くから)

そして海にも寄った。ここらで快晴。
05-09-26_11-56

そんなこんなぶらぶらして、過ごすゆったりとした時間。

そして竹富を去ることに。
さーよーなーらー竹富島。
VFSH0082 (竹富の港より石垣へ戻る)

石垣島へ戻ってちょいとドライブ。
A&Wで飯食いました。久しぶりにルートビア飲んだけど、あれ
ってあんなにまずかったっけ?
そして白保海岸を覗きに行ったり、買い物したりしてぶらぶら
しているうちにもう、八重山を離れる時間に・・・。

ほんっとっに帰りたくなかった。
あー、帰りたくない。

そんな私の意志とは別に飛行機は出る。

東京で見る空は本当の空ではない、そんな気分です。

また、行くぞーーー。

|

« 八重山模様:弐日目~おーりとーりな西表島 | トップページ | 新しいiPod »

コメント

ほんとうに素晴らしい場所ですね。
青い空に真紅のハイビスカスが映えます。

竹富島の水牛車といえば、長年の憧れ。
このゆるゆるした空間にワタシも浸りたいですー。

しばし夢見心地でした。沖縄いいなあ。
ナビィのDVDでも見てその空気に浸ります。

投稿: shibako | 2005/10/10 00:11

なんかね、時間の流れが違いますね。ホントに。
竹富島一度是非!
何もない島だけど、何もない贅沢を感じる事が
出来ると思うよ。

投稿: KIN | 2005/10/13 11:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 八重山模様:参日目~おーりとーりな竹富島:

« 八重山模様:弐日目~おーりとーりな西表島 | トップページ | 新しいiPod »