« 「イサム・ノグチ展」東京都現代美術館 | トップページ | Tate Modern、今年のUnilever Series »

あなたがここにいてほしい

Wish You Were Here~あなたがここにいてほしい

誰が?と聴かないでください、笑。
えー、Pink Floydのアルバム及び曲名でもあるのですが。
今更なんでPink Floyd?と言うのは・・・
こんなのやっていたんですねぇ。

ピンク・フロイド・バレエ

 

Pink Floydの曲でバレエですか???
まぁ、不思議じゃないけど・・・凄いなぁ。
うーん、見てみたかったかも。

HPの文を見ると初演は1973年Pink Floydのライブだった、
と書いてある!スっっゲェ。

こんな文章もある。
『「ロック史上最大の伝説」と称されるアルバム『狂気』
から、不朽の名作「虚空のスキャット」にのせた幻想的な
パ・ド・ドゥが生まれた。』
うーん、なんだか良く判らんけど凄そう、笑。

振付師のローラン・プティさんは他にも
「デューク・エリントン・バレエ」とか
「エリック・サティ・バレエ」なんかもやってるらしい。
デュークエリントンですか?

しかし、Pink FloydよりもYesの曲の方がシンフォニック
じゃないかなぁ、とかなんとか思ってみたりして。
まぁ、Yesの曲だと選択範囲が限られちゃうかなぁ。
Pink Floyd公式
Pink Floyd日本語公式
Yes日本語公式

Pink Floydバレエですか、シド・バレット在籍時のアルバム
夜明けの口笛吹き」からの曲は使われていないよう
ですね。

アルバムとしては
おせっかい」、「狂気~The Dark Side Of The Moon
THE WALL」あたりの曲がメインのようですかね。
なるほどねぇ(何がなるほどだ?)。

炎~あなたがここにいてほしい(Wish You Were Here)
からの曲は無いのかぁ。
原子心母」からも無いなぁ。
この原子心母、ジャケットが有名です。
Atomic

このジャケットのデザインはヒプノシスと言うデザイン集団。
70年代に一世を風靡してからそのメンバーは今もデザインの
世界で強い力を持ってる方々である。
もうLPジャケットデザインの世界では無くてはならない人達
ですね。
CDジャケットとなってしまった今の世ではツライのかな。

新井素子さんの小説で「あなたにここにいてほしい」って言う
タイトルがありましたねぇ。たしか「Wish You Were Here」に
インスピレーション受けたとかなんだとか。

|

« 「イサム・ノグチ展」東京都現代美術館 | トップページ | Tate Modern、今年のUnilever Series »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/6469856

この記事へのトラックバック一覧です: あなたがここにいてほしい:

« 「イサム・ノグチ展」東京都現代美術館 | トップページ | Tate Modern、今年のUnilever Series »