« Tate Modern、今年のUnilever Series | トップページ | 訃報 »

KIRIN ART PROJECT 2005に束芋見に行ったら・・・

美術手帖にヤン・シュワンクマイエルのインタビューが載ってた。
「世界を変えようと思わないなら、クリエイターは作業をやめるべき」
みたいなことを言っていた。なるほどねぇ。だからこそのあの作風
なんでしょうねぇ。正しい、けど現実はなかなかそうもいかない。
実際は「世界を変えたいと夢想しても大抵はそうならない」ってのが
多いんだろうなぁ。

さて、ところで、今気になるアーティストを3人挙げると?と言うと、
私の中で出てくる名前は・・・
束芋
内藤礼
塩田千春
の3人でしょうかね。
今、って言っても、この3人、結構前から注目をあびている人達だし、
私自身もそれぞれ2000年前後に知ったのでかなり前から気になる
人達なんですが。
束芋・塩田千春は前回の横浜トリエンナーレで話題になりましたし、
内藤礼は直島で取り上げられたりしてますからね。

で、束芋は比較的ちょこちょこ作品を見ていたけど、残り二人はそん
なに新しい作品を見ていなかった。ただ、今年になって色々話題を
聞く・作品を見る機会があったので改めて気になっているのである。

そう言えば3人とも女性ですね。私が無類の女好き、って訳じゃない
ですよ(もちろん嫌いでもないが)。なんか女性の観点がツボに入る
んですかねぇ?まぁ、たまたまでしょうかね。

で、そのちょこちょこ見ている束芋の作品が出ているということで
KIRIN ART PROJECT 2005に行ってきた。

KIRIN ART PROJECT 2005

束芋さんはゲスト出展と言う事でメインではなく、他の若い4組の
アーティストが同じテーマで作品をそれぞれ作り発表すると言う
プロジェクト。

参加のアーティストは
淀川テクニック
大森隆義
カワイオカムラ
石上純也
の4組。

束芋
ギニョる」って作品。
前に、ギャラリー小柳でやっていた個展に出ていた作品「指弁
(ゆびびら)
」の流れですね。360度の円形スクリーンにあの、
指弁君たちがうにょうにょうごめいてます。指弁と言うのは、
手の指と足の指が一緒くたになった物。そして指弁から出来る
切れ目からは虫や植物、内臓などが飛び出てくる。その切れ目
を戦車のキャタピラをつけたミシンが縫いつける。
束芋さんの作風そのまま、なんですが以前の作品にあった様な
具象的なメッセージではなくなってもっと、抽象的なイメージ
の作品になってます。性的なメッセージすら感じられる作品。
yubiben
以前、ギャラリー小柳で出ていた「指弁」

淀川テクニック
淀川で拾ったゴミを立体作品にしたりパッケージにしたりと
言う活動をしているユニット。こう言うのは、こんな物も捨て
てあるの?ってのが楽しいですね?

大森隆義
絵画作品。絵画としてはまぁ、特別にどう、と言う所はない
けど、見せ方が面白かったです。幾つかのパネルを連続で、
繋がっているように見せる。繋がったものはそれで一つの絵
として見る。

カワイオカムラ
映像作品。これは人形アニメーションですね。「ヘコヒョン」
と言う何かわからないものを扱ったテレビニュース(?)映像
なんだけど、ヘコヒョンは敢えて何か判らない様になっている。
何がなんだか良く判らない、この意味の無さが映像作品として
楽しめる。

石上純也
テーブル。うーん、テーブル、と言うしかない作品。テーブル。
まず、この展示室に入った時には何が作品なのか判らなかった。
大きなテーブルの上にいろんな物が乗っている。乗っている物
1個1個が作品なのかと思ったら、違った。
テーブル自体が作品なのであった。
で・・・この作品凄いじゃないの、と気がついた。
部屋一杯のテーブル。奥行き10m位はあったかな。なんとこの
テーブル、天板が非常に薄く、四方の脚で支えているだけ。
なんで、こんな薄い板がこんな広い面積とぶんだ?どうやって
もってるの?と凄く不思議。
数mmの薄い板が宙に浮いている、そんな感じです。
それも天板の上に物が乗っています。
重力と言う物に反した作品。構造と言うものを無視して見える、
でも、構造と言うものを計算したからこそ、産まれてきた作品。
元々反らすようにテンションをかけた板、をあのように設置する
と平らになる・・・と書くと簡単だが、計算は楽じゃないですよ。

この人、妹島和世建築設計事務所にいたと言う。建築家なんだ。
なるほどねぇ、建築的な考え方の作品だ。
そして私はそう言う作品が好きだったりするんだ。
さらに調べたら、ああ、この人、ミラノサローネで霧の空間を
作った人だ!レクサスの空間で、あぁ!
妹島和世さんがLEDシャンデリアを出した時に、一緒にやって
いた人だ!

ちょっと、この人は注目ですよ。

えー、ミラノサローネ、LEDシャンデリアで思い出した。
吉岡徳仁さんがミラノサローネで出していた映像も映るLEDの
シャンデリア「Stardust」がデザイナーズウィークで公開され
るようです。これも必見か。
こちらのHPに情報がありました。
吉岡徳仁

|

« Tate Modern、今年のUnilever Series | トップページ | 訃報 »

コメント

コメント&TBありがとうございました。
束芋さん、内藤さん、塩田さんの3人は、私も注目しています。
(他に何人も注目していますが……。)
今回の束芋さんの作品も良かったですね。

私からもTBさせていただきます。
これからもよろしくお願いします。

投稿: pizz | 2005/10/21 23:27

>pizzさん
コメントありがとうございます。
私も他にも気になる人はいますが、この3人は結構前に
気になっていたものが最近再び・・・って感じで、
どーも、気になる人たちなんですよ。

投稿: KIN | 2005/10/24 09:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/6502439

この記事へのトラックバック一覧です: KIRIN ART PROJECT 2005に束芋見に行ったら・・・:

» KIRIN ART PROJECT 2005 [現代アート道楽の日々。]
月島に行ってきた。 KIRIN ART PROJECT 2005 @タマダプロジェクトアートスペース ゲスト作家と、公募で選ばれた4組の作家が同一テーマで作品を作り上げる展覧会。公募で選ばれた作家は、それぞれ第一線で活躍するキュレーターのサポートを受けて制作を行うというのがミソ。 ヤノベケンジがサポートしたのは、淀川のゴミなどを使って作品を作る淀川テクニック。旧作のほか今回の新作として、淀川のゴミを発泡スチロールト... [続きを読む]

受信: 2005/10/21 23:28

« Tate Modern、今年のUnilever Series | トップページ | 訃報 »