« アートで写真でいいんじゃないの? | トップページ | 意味するもの »

やなぎみわ 無垢な老女と無慈悲な少女の信じられない物語

昨夜は杉並区記録的な豪雨。凄かったなぁ。

それよりも、近所のおもちゃ屋で見た、GORILLAZのソフビ人形
に物凄く惹かれた。凄いリアル(って言うのか?)。まぁ、そっくり
って事で。マードック渋いっす。ヌードル良い感じっす。

で、土曜日に原美術館行って来ました。
久々の原美術館。とても暑い日だったので品川から歩くのが
嫌になる。いつもの大きなお屋敷の横を延々と歩き続けると
意外に涼しい?やっぱり、このお屋敷の庭の木(と言うよりも
雑木林)の影響ですかね?

 

やなぎみわ 無垢な老女と無慈悲な少女の信じられない物語
を見てきました。

やなぎみわさんと言って思い出すのはエレベーターガールの扮装
女性を色々な場所で撮影する、と言うもの。
まぁ、そんなに好きな作品では無かったのですが・・・。

今回のテーマは寓話。
・砂女シリーズの映像や写真
・有名な童話のシーンを模した写真

砂女は何か物悲しいお話。それでいて少女は希望を託す。
そして、今回の作品に色々と共通するものは、老婆の扮装。
有名な童話のシーンも体は少女で顔が老婆、が出てくる。
砂女も体は少女なのだが手が老婆。
それが何のメタファーなのだか私は良く判らなかったけど。

童話と言うものは基本的に残酷でセクシャルな要素があるんだ。
そう言う言葉を思い出します。

とは言いつつも、やっぱり、私にとっては、この建物の方が興味が
あるんですよねぇ(って、作家さんに失礼だなぁ)。
いつ見てもあの床は素晴らしいです。妥協と言うものを一切なくした
職人の技。妥協を廃した仕事なんて、今時無いじゃないでしょうか?
そしてそれに溶け込むパブリックアート。そういえば奈良さん+graf
の奈良さんのアトリエが残ってるんですね。知らなかった。
赤外線センサーが動いていて、少し前に出るとピーピー鳴って、
「前に出ないでください」と言ってました。
いやー、無理でしょう、あれ見てたら前に出たくなるよ!
庭も良いしなぁ・・・。

|

« アートで写真でいいんじゃないの? | トップページ | 意味するもの »

コメント

 はじめまして。
 原美術館、ワタシもハコそのものが好き(庭も好き)です。
 奈良さん部屋、☆キュート&スィート☆あまりの素晴らしさに自室も改造中です。
 間もなく始まるトリエンナーレでは奈良さん+grafが何を見せて(気持ち的には<魅せて>ですね)くださるのかワクワク中。

 これからも ちょくちょくお邪魔させて頂きますので宜しく、です。

投稿: ナラブーシカ | 2005/09/05 20:22

どうも、はじめまして。
あの建物・庭、もううっとり物ですよね。
使用人で良いから住まわせてくれ!ですわ。

奈良さん+grafの部屋、あれは中に入れって言ってるような
もんですよ。赤外線センサー君に10回位怒られてしまった。

トリエンナーレ(でも、4年前~)が楽しみだ。

投稿: KIN | 2005/09/06 11:30

こんばんは。

私も土曜日に観てきました。
奈良さんのアトリエのセンサーをならしたのも同じく
です。あの裏側の階段は初めてだったのですが、
裏庭も見られてなかなか良い雰囲気でした。原美術
館の奥深さを感じました。

私の感想をTBさせていただきます...

投稿: lysander | 2005/09/07 01:15

lysanderさん、再びようこそです。
実は徒然と、良く見させてもらってます。
TBにコメントありがとうございます。
あのアトリエ、ふらふらと前に出てしまいますよね。
私もあの裏階段初めてでした。
あの裏庭、1Fのギャラリの出窓から見えるだけですからねぇ。
(以前、原美のイベントで裏庭公開されて、入った事あるんですが)

感想に関してはそちらのブログにコメントさせて頂きます。

投稿: KIN | 2005/09/07 13:59

はじめまして。azumiと申します。
古い記事に、コメントを書いてしまってすみません。
この展覧会、とても面白かったと思っています。
つたないですが、関連記事を書きました。
お時間があれば、ぜひお立ち寄りください。
http://artworld.exblog.jp/765573

投稿: azumi | 2005/09/28 10:11

はじめまして。ブログ見て頂いてありがとうございます。
そうかぁ、やなぎさんの作品は女の人と男の人で感じる
感覚が違う所あるかもしれませんね。
そちらのブログも見させていただきますね。

投稿: KIN | 2005/09/28 13:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/5797651

この記事へのトラックバック一覧です: やなぎみわ 無垢な老女と無慈悲な少女の信じられない物語:

» 無垢な老女と無慈悲な少女の信じられない物語〜やなぎみわ展(原美術館) [徒然と(美術と本と映画好き...)]
お天気の土曜日、久しぶりの原美術館。夏が戻ってきたかのような 陽射しの下を、原美術館めざして歩きます。朝食を食べなくなって 久しい私はとりあえずブランチ、緑の庭、眺めながら...ビールを飲 みながら...これだけでも、ここまで来た甲斐があったものです。 残酷な童話... 正方形のフレームの中には写真、子どもの頃に聴かせてもらった物 語が、シャープで陰惨なイメージとして突きつけられます。同じ洋 館で撮影さ�... [続きを読む]

受信: 2005/09/07 01:10

« アートで写真でいいんじゃないの? | トップページ | 意味するもの »