« 9月7日の林檎携帯音楽再生機事情 | トップページ | アートで写真でいいんじゃないの? »

桃色吐息

誰も愛の国を見たことが無い。

大巻伸嗣「ECHOES-INFINITY-」
大巻伸嗣個展
大巻伸嗣/國府理 展「PARADISE TIME」
とんがり君と四天王
神田さおり個展「こ こ ろ か が み」
あたりのレビューをまとめて。

まずは大巻伸嗣さん関連の展覧会3つ

インスタレーション
という言葉がある。
アートの世界では、空間全体を使った展示とでも言うのだろうか?
空間自体が作品だったり、作品が空間全体に広がっていたり、と
色々なパターンがあるのだが、空間を活かした作品が多い。
空間が活かされていないとインスタレーションとは言わんね。
まぁ、言葉、としては既に使い古された感もありますが。
私は空間デザインなどに関する事を仕事にしてるので特にこの
インスタレーション系の作品に興味があります。
中にはそれ風の中身の無い作品なども多いですが・・・。

で、久々に空間インスタレーションっぽい作品を見た。

大巻伸嗣「ECHOES-INFINITY-」
資生堂ギャラリー(8月23日から9月25日)
oomaki
空間の床のカーペットに顔料で花のプリントを刷る。
人がその上を歩くと、顔料はどんどん滲んでいく。
花の形がどんどん崩れていく。
そして、その上にさらに顔料を乗せて花を再生する。
と言った展覧会らしい。

私が言った時はかなりは花の形が崩れてました。
天井には薄い紗膜が張ってあり、その上の蛍光灯が眩しいです。
資生堂ギャラリーならでは、のギャラリーを上から覗けるポイント
から見ると白い紗幕越しに床面のカラフルな色が見えてきます。
まるで雲の上から覗くように。

まぁ、とにかくダイナミックでした。
はっきり言って何も無いです。花のプリントと天井の幕と蛍光灯、
それ以外には何もしてません。
アートなのかどうかも良く判りません。
でもなんか、普段と違う空間に立っているような、そんな感覚です。

同時開催で近くの東京画廊でも大巻さんの展覧会をやってます。
大巻伸嗣個展
東京画廊(8月22日から9月9日)
こちらは白いアクリルに白い絵を描いたもの。
入り口の覗き穴のある銀の壁と合わせて面白かったです。

また、スパイラルでも大巻さん関連のを何かやってるみたいなので、
ちょっと見に行ってきた。
大巻伸嗣/國府理 展「PARADISE TIME」
スパイラルガーデン(8月30日から9月8日)
ここでの大巻さんの作品は薄い紗幕で囲われた空間の中に入ると
言うもの。その床にはアクリルに等高線のような模様が書いてある。
私が強く感じたのはその空間の天井の低さ。
天井が低いからせせこましく感じる、のでは無く、私は逆に広く
感じてしまったのです。天井が低い分奥行きを感じた、と言うか。
なんか、この人の作品は、こんな風に体感して「感じる」ものが
多いですかね。

で、話は変わって
六本木ヒルズのとんがり君と四天王
050815_165600
六本木ヒルズの毛利庭園に今、置いてある造形物。
ニューヨークのロックフェラーセンターに置いて話題になったやつの
六本木ヒルズバージョン。

村上隆さんの作品はPOPでありながらも、オタク的と言う日本人っぽさ
を物凄く体現出来ていると思う。

しかし、私はあまり村上さんの作品を好きではない。
これは、村上さんの作品が良い悪いと言う問題ではなく、ただの個人
の好き嫌いの問題である。

ただし、それを承知で、あの作品がジャパニーズアートとして、メジャー
であり、みんなが持ち上げる事に対してどうしても違和感がある。
自分がマニアックな人間なもので、だからこそ、マニアックなものが
メジャー扱いされて騒がれている事に反感があるのだと思う。
外人さんから見れば、まさに日本独自のアートなのかもしれないけど、
私から見たらただのPOPである。・・・ここが悩みかなぁ。
個人的に、これが「王道」扱いされるのが気に入らないのだ。
要するに村上さんの作品が嫌いなのではなく、メジャー扱いされる事
が嫌なのかな?
マイナー扱いであれば、好きではないかもしれないけど、嫌いには
なって無かったかもしれない。でも・・・

ただ、村上さんの作品は間違いなく存在感が物凄い。
一度目に入ればなかなか忘れる事の出来ない、あの力は凄いと思う。

どーして、それを認めることが出来ないんだろう?
まぁ、好き嫌いの問題なので仕方が無い。

でも、今回の六本木ヒルズ。キャラクターぬいぐるみが売ってたり、
デザートがとんがり君の顔だったり、あまりにも商売っ気が見えすぎ。

神田さおり個展
「こ こ ろ か が み  SAORI'An2005晩夏exhibition 」
b gallery(新宿BEAMS、8月18日~9月20日)

こう言うのが妖しい美しさって言うんですかね?

ぱっと見、平面に描かれたグラフィカルな絵。
ただ、この絵の魅力は実物を近くで見ないとわからない。
書かれている生地は布だったり、デニムだったり。
そこに染料で色が付く、顔料が浮き上がる、刺繍が施される。
すごく立体的なのである。
淡い色の中に金や銀の色。浮き上がる赤や黒。
特に大きなデニム時に書かれた2点の絵に私は釘付けだった。
うっすらと煙のように消え入るようなラフなタッチの肌。
この2点の絵はほんとに見入ってしまいました。

|

« 9月7日の林檎携帯音楽再生機事情 | トップページ | アートで写真でいいんじゃないの? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/5732985

この記事へのトラックバック一覧です: 桃色吐息:

» 大巻伸嗣関連展示(9/3、9/4) [ex-chamber]
・大巻伸嗣 個展 ECHOES−INFINITY− @SHISEIDO GALLERY(8/23〜9/25)http://www.shiseido.co.jp/gallery/current/html/index.htm・大巻伸嗣 個展 Crystallization @東京画廊(8/22〜9/9)http://www.tokyo-gal… [続きを読む]

受信: 2005/09/09 02:09

« 9月7日の林檎携帯音楽再生機事情 | トップページ | アートで写真でいいんじゃないの? »