« 同じ空と海 | トップページ | D-秋葉原テンポラリー:ジャン・プルーヴェ展/スモール&ビューティフル »

ルーブル・ランス

旅は写真の整理中。
今日の灰色の空を見上げて、あの空は夢だったのか幻だった
かと思案中。
そして溜まっているメールやメールに辟易中。

ルーブル美術館分館:ルーブル2(ランス)の設計コンペを
取ったのは、なんと日本人の設計事務所「SANAA」ですって!
海外の美術館、安藤忠雄さんや谷口吉生さんがやってますが、
なんかルーブルってのは特別な、そんな気持ち。
パリでルーブル、って言うと外人に設計をまかさない!って、
そんな勝手なイメージを持っていた私です。
妹島さんの女性っぽい感覚がパリにあったのかなぁ。
妹島和世西沢立衛コンビは最近さらに凄くなってきてますね。
最終審査にはザハ・ハディドの案も残っていたらしい。

読売新聞の記事

こちらには模型も載ってる(良く判らんが)
A Lens, le Louvre sera construit par des architectes japonais

|

« 同じ空と海 | トップページ | D-秋葉原テンポラリー:ジャン・プルーヴェ展/スモール&ビューティフル »

コメント

ルーヴルって改修のとき(ガラスのピラミッドが建ったとき)も、確かアメリカ系中国人の建築家がやったような記憶が・・

しかし凄いなぁSANAA!楽しみだー!

投稿: Mariko | 2005/09/28 15:19

ほう、外国人に任せるんだね。
イメージ的にフランスって自国文化中心なイメージが。
私の勝手なイメージですがね。

そっか、この前ルーブル行ってきたんだもんね。
日記では・・・まだルーブルから出てないが・・・笑。

投稿: KIN | 2005/09/29 13:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ルーブル・ランス:

« 同じ空と海 | トップページ | D-秋葉原テンポラリー:ジャン・プルーヴェ展/スモール&ビューティフル »