« 気になるものメモ(映画編) | トップページ | 10日も早く »

5×2

ずっと君のことを愛していられるか、なんてそんな事は判らない。
でも、空に星がある限りは僕の愛を信じて良いよ。
君が居なくなったら僕がどうなってしまうか
・・・それは神のみぞ知る、だ。

BEACH BOYSのアルバム「Pet Sounds」から 「God Only Knows」

さて、ふたりの5つの分かれ路を見てきました。

 

ふたりの5つの分かれ路
銀座シャンテシネ(8月20日から9月16日まで)

フランソワ・オゾンの新作です。
オゾン・・・出てきたときは異端児として話題になっていたけど、もう、
大御所と言って良い位ですねぇ。
始めの頃のめちゃくちゃ感は無くなってます。あの頃も好きだった。

で、今度のこの映画
何も考えずに見るとたんたんと物事が進んでいく、シンプルだけど
ただ、それだけの映画です。
でも、一度深く考えると、答えが出ないようなスパイラルにおちいる
そんな映画です。

「まぼろし」以降のオゾンの映画にある様な倦怠的な湿っぽい官能、
そして、感傷がこの映画には漂ってます。

5つのエピソードが時間軸をさかのぼって展開されていく。
あるカップルの離婚から映画は始まる。そこから時間が戻っていく
二人の関係。
結婚生活(子育て)、出産、結婚、出会って恋に落ちる

色々な問題が二人を通り過ぎてきました。
ただ、どこで二人が駄目になったのか、それははっきりとした答えは
出てきません。
きっと人生なんてそんなもんなんです。

そして印象的な事。
映画のエンディングがとても美しく明るい事。
(だって、恋に落ちるんだもの、にしても映像が美しい)
映画のエンディングは明るく、この二人の物語のエンディングは違う。
これはただの感傷なのでしょうか?

人生なんてそんなもんなんです。それは事実かもしれないけれど、
ただ、そう言い切れない何かが人生にはあるんですよ、きっと。

|

« 気になるものメモ(映画編) | トップページ | 10日も早く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 5×2:

» 「ふたりの5つの分かれ路」@ヤマハホール [旦那にはひ・み・つ (☆o☆)]
今日はイイノホールである「チャーリーとチョコレート工場」がとっても見たかったんだけど、当選しなかったし、「ふたりの2つの分かれ路」は今日が最後の試写会っぽかったのでこっちに決定。勝又さんは同じフランス映画の「クレールの刺繍」を見に行くとの事。さあ、この3作、どれを選んだのが正解だったんだろうか??? {/kaeru_yodare1/}STORY 日本語オフィシャルサイト 30代の若いカップル、ジルとマリオンは�... [続きを読む]

受信: 2005/09/25 00:31

« 気になるものメモ(映画編) | トップページ | 10日も早く »