« 高円寺阿波踊り | トップページ | 9月7日の林檎携帯音楽再生機事情 »

絵本:武井武雄と宮沢賢治に伴うレコードプレーヤーの相乗関連に対する考察

阿波踊りの前に高円寺ぶらぶら歩いて。
前述の「えほんやるすばんばんするかいしゃ」に行く。
今回はかなりじっくりと品定め。

色んな本を手に取り、だして、しまって。
結局は私が大好きな絵本作家である武井武雄さんの
九月姫とウグイス」を購入。
9gatuhime
この本、新刊(復興版と言うのかな?)が出ているんだけど、
で、それを持っていたんだけど、誰かに貸してそのままで。
誰に貸したっけなぁ、と思い出すのも面倒なので、古い版
で、今回買いなおしました。って言うか古い版の方が好きな
私。趣あって。

で、店の方としばし武井武雄さん話をなんとなく始める。
レジの後ろに置いてあるキンダーブックの武井さん号を
見せてもらった。
その後に教えてもらったのがこれ。
miyazawa1

宮沢賢治さんの童話特集で全5巻あって、それぞれ絵を
書いている人が違う。この第1巻が武井武雄さんなんです。

DATE:宮沢賢治童話集1(中央公論社)
オッペルと象(朗読・宇野重吉)
注文の多い料理店(朗読・米倉斉加年)
挿画・武井武雄


店の人と贅沢なメンバーだねぇ、等と言う話をしてたら、
「少しシミがあるから安くしますよ」
と言う事で、即購入(1巻だけだけどね・・・)!

で、家に帰ってゆっくり見てみると・・・
って言うか、上のDATEを見ても判るのですが・・・
朗読、と言う事で、これ、なんと、レコードが付いてるんです。
お話の朗読を録音したレコード付きの本。
で、それも、朗読しているのが宇野重吉さんに、米倉斉加年
さんですよ。私でも名前を知ってる人なんですよ。
宇野さんと言えば有名な俳優さんですよ。
あの寺尾聰さんのお父さんですよ。
米倉さんも俳優さん。後で調べたら米倉さんは絵も描く人で
あの、ドグラマグラの表紙の絵は米倉さんとの事。
へぇ、あんな妖艶な絵を描く人なんだぁ・・・。

と、思いもかけず、自分的に満足なものが手に入りました。

が、が、と・こ・ろ・が。
今、うちのレコードプレーヤーが壊れてる・・・レコード聴けない。
うーん。

こうなったら6月にこのブログに書いた
cm01
GUBER CUBE-T CM-01
これ買っちゃうか!(いやいや、我慢。うーん・・・でも・・・)
あー、どーしよ!

|

« 高円寺阿波踊り | トップページ | 9月7日の林檎携帯音楽再生機事情 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/5709861

この記事へのトラックバック一覧です: 絵本:武井武雄と宮沢賢治に伴うレコードプレーヤーの相乗関連に対する考察:

« 高円寺阿波踊り | トップページ | 9月7日の林檎携帯音楽再生機事情 »