« いろいろとメモ、改装 | トップページ | あー、LOS LOBOSがぁ! »

「RUBBER JOHNNY」Chris Cunningham

いつまでたっても梅雨のデザインのブログ。
まぁ、良いじゃない。

Chris Cunninghamの短編映像作品「RUBBER JOHNNY
rubber
の感想をば。

 

えー、気味悪いです。気持ち悪いです。
Chris CunninghamRUBBER JOHNNY
音楽はAphex Twinです。

で・・・まぁ、PVじゃないクリスの映像作品って事で、かなり
好き勝手、自分の趣味に入ったんでしょうね。
クリス・カニンガム(ガニングハム)の世界たっぷりって事
です。好きな人には嬉しい、そうで無い人には辛い、世界。
カニングハムのアート映像って言うと「flex」もそうだったけど、
PVとかと違って本人のやりたい様に出来る・・つまりグロくなる。
退廃美、残酷性、ショッキングな映像の集大成になるわけです。

私が思うに、PVなどは商業的な要素があったり、ミュージ
シャンと言うものをモチーフにしなければいけない、と言う
制限があって、その中で自分の世界を作っていく。
実は・・・カニングハムってそう言う制限があって、少し自分
を押さえながら作品を作った方が(一般的に見て)素晴らしい
作品が出来るのではないのかな?と。
もちろん、RUBBER JOHNNYみたいなマニアックな世界の
作品は凄く(私は)好きだし、衝撃は強いけど、やっぱりPV
の映像で見るように、一般にも受けるような作品で、さらに
マニアックな心もくすぐる、みたいな、危ういバランスっての
も凄く大事だと思うんです。
まぁ、彼のPVが本当に一般にも受けるような物かどうかは
さておいて。

彼が作ったビョークの"All Is Full Of Love"はそう言う意味
で本当の危うい美=ある意味完全な美があった。
あれほど美しいPVはまだ他に見た事
無いですよ。
5216

エイフェックス・ツイン"Come To Daddy"なんかの怪しい
感じはまさにカニングハムの世界だと思う。

抑制された天才、と言うのに魅力を感じる私です。

とは言いつつも、です。それを追求して、ここまで来ちゃった
この映像作品、そしてその音との重なり、統一された世界観。
もう、素晴らしいセンスですよね、このRUBBER JOHNNY。

|

« いろいろとメモ、改装 | トップページ | あー、LOS LOBOSがぁ! »

コメント

私も「All Is Full Of Love」のPV大好きです。クリス・カニンガムのDirectors Labelも買いました。でもスパイク・ジョーンズなんかと比べるとちょっと不気味ですよね。
「RUBBER JOHNNY」観たいような、観たくないような...買うのがちょっと怖いです。

投稿: るき | 2005/07/29 16:21

るきさん、はじめまして。
All Is Foll Of Loveほんとに素敵な映像ですよね。
RUBBER JOHNNYはクリスの他のPVの不気味さをさらに
突き詰めたような、かなーり、気味悪い作品ですよ。
不気味さ好きな人じゃないと辛いですね。
まぁ、夏の肝試しと思えば、笑。

投稿: KIN | 2005/07/29 21:15

お久しぶりです。コレ、昨日、会社の人が買ってきて見てました。たまたま通りかかってしまった私、何の気なしに覗いてみたら...。う、キ、キモイ(汗)。
さらに本?みたいなのもムリヤリ見せられて、暴れそうになりました。
(なんなんだコレは!?)と思ってましたが、「All Is Full Of Love」を作った人の作品だったんですね。全然分からなかったです。違いすぎて。ある意味、スゲー。

投稿: さときち | 2005/08/01 02:16

そっか、ホラー苦手なんだっけ?そりゃ、これは、辛いわ。
まぁ、なんだか良く判らん映像だが、極めれば凄いのよ。
音楽と映像のリンクが良かったけどね。
そんなじっくりは見て無いか、笑。

この人はどちらかというと暗い、不気味方面なPVが多いのよ。
変態っぽいのとか、あと幾何学的なやつとか。
そこからAll Is~みたいなのが作られるんだから、また素晴らしい。

投稿: KIN | 2005/08/01 19:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/5214602

この記事へのトラックバック一覧です: 「RUBBER JOHNNY」Chris Cunningham:

« いろいろとメモ、改装 | トップページ | あー、LOS LOBOSがぁ! »