« 今日は | トップページ | 指クリックな週末 »

ドリーマーズ(爆音レイト)

昨日、自分が歳だなぁ・・・と思った瞬間。
何かの広告(R25だったかな)で「冷麺の夏」とあった。
そこで、無意識に私の口から出た言葉。
れぇーいめんでこぉいをし・て・(冷麺で恋をして)」(メロディ付)

・・・

いやー、まずいでしょう、これ。
駄洒落がどうこうじゃないけど、ネタが古すぎる!
このネタが判らない人はお父さんお母さんに聞いてね、笑。
まぁ、30も過ぎれば、そんなのにどうこう気にしなくなってきてるけどね。

さて、爆音レイトの話題に戻る。
水曜日、吉祥寺「まめ蔵」でカレー食べた後、
爆音レイト、ドリーマーズに向かう。

爆音レイトは以前書いた「爆音レイト、映画を爆音で」を参照して頂き、
ようやく4週目にして行く事が出来ましたよ。

結果から言うと・・・
うーん、思ったよりも爆音じゃなかったよ。
一部爆音って位だったよ。

まぁ、音楽だけでなく台詞もあるし仕方ないかね。
かかっている音楽も60年代のものなので音源としてそんなにクリアで
はないだろうし。
でも、最近のドルビーシステムだのなんだのの音響入りの大作映画等
に慣れてしまっている身としては、素晴らしく爆音!とは感じない。

まぁ、でもドリーマーズを映画館で見る事出来たので良しとしようか。
ベルナルド・ベルトルッチ監督の私的感情がたっぷり入っているんじゃ
ないかって位の映画。

THE DREAMERS
DREAMERS2

1968年、パリの5月革命の時。
アメリカンニューシネマやヌーベルバーグの映画、60年代のロック、
そんな文化に浸っているフランス人の双子(男女)とパリに住んで
いるアメリカ人、3人の若者のお話。
当時の最新の文化の映画や音楽に対して、議論を交わし、親交を
深め、そして溺れていく3人。美しい双子の姉弟は双子でもあり、恋人
でもあり、一心同体である。翻弄されながらも嵌っていくアメリカ人。
アメリカ人がディカプリオみたいなんですけど。

映像が美しく、当時の文化への愛、そして若者の儚さ、脆さ、危うさ
が映し出されていた。

チャップリン、ゴダールなどの映画のシーンが散りばめられている。
はなればなれに」のエピソードがまた、素敵。俺も走りたいわ!
映画に出てくるロックも、60、70代ロック好きとしては素晴らしい。
君らのジミヘン・クラプトン論争には、私はジェフベックを持って
切り込んで行きたかったよ!(頭の中は同じ歳)
ちなみにチャップリン・キートン論争には・・・難しいなぁ。
どちらかと言ったらキートンの方が好きかもしれない。でも才能は
どちらも(種類が違うだけで)引けを取らないですわなぁ。

ただし、そんな雰囲気や映像の美しさ、かかる音楽は素晴らしいん
だけど、もう少し当時の文化や葛藤に関して深く突っ込んで欲し
かった、と言う希望もあるかなぁ。
細かい所は好きだし(詳細派ですから)、出てくる役者さんも好き。
でもなんとなく全体がぼやけた感じがするのは時代背景が少し希薄
だからかな?
3人がはまり込んで行くのと、時代の変革の繋がりをもっと明確に
知ることが出来ればねぇ。こう言う、精神的に入り込んでいく人の
映画は好きなので、私。
そして、タイトルバックがまた素晴らしい。

今週末は「勝手にしやがれ」か「はなればなれに」を見る気がする。
地下鉄のザジ」も見たくなった(ドリーマーズとは関係ないけど)。

|

« 今日は | トップページ | 指クリックな週末 »

コメント

TBありがとうございました★
ですよね、もうちょっと深く突っ込んでほしいかんじありましたねー。

つか、爆音ナイト!で観たんですね、
行きたかったんですよ、それ。
『右側に気をつけろ』とか観たかったなー。

投稿: manamizw | 2005/07/09 04:00

>manamizwさん
コメント残してくれてありがとうございます。
そうなんですよね、雰囲気が良い分、掘り下げが足りないのが
どうしても気になったんですよ。
ベルトリッチ監督なんだから、掘り下げ得意でしょう!とね。

爆音の右側に気をつけろとかも行きたかった。
って言うか全部行きたかったんですけどね。

投稿: KIN | 2005/07/11 10:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドリーマーズ(爆音レイト):

» ドリーマーズ [befounddead]
THE DREAMERS(2003年イギリス=フランス=イタリア) 2004/8/22@シネスイッチ ドリーマーズ。映画館を出て、最初の感想→「うーん、いまいち!」 美しい双子の姉弟、閉鎖的な関係、パリ、1968年、五月革命。ヌーベルバーグ、シネフィル、シネマテーク・フランセーズ。「五月革命を描きたかったわけではない」とベルトルッチがいうとおり、五月革命を描ききってはおらず、じゃあその喧騒の中、室内で退廃的な日々を送る双子+アメリカ人留学生の関係を描いたのかといえば、それも中途半端な印象を受け... [続きを読む]

受信: 2005/07/09 04:01

« 今日は | トップページ | 指クリックな週末 »