« ゆらゆら~グリム童話アーティストブック | トップページ | funny~面白いHP »

京都散策:日本庭園編 其の参「南禅寺周辺」

既に京都に行ってから、はや1ヶ月がたってます。
なんか蒸し暑いですねぇ。このまま梅雨になっちまうのかい?
まだ、庭園編第3弾(計6弾まである)。さて行ってみよう。

南禅寺周辺のお寺の庭を幾つかまわりました。

私は庭の事は良く判らないので、あくまでも個人的な好き嫌いしか
判りませんが、庭の作者の作風と好き嫌いは結構繋がるんだなぁ、
と思いましたね。おそらく、もっと日本庭園の造りに関する知識が
あったら好きになる庭もあったんでしょうけど。
風景画と山水画、どちらが好き?と言われてそれぞれ人の好みが
別れるように、日本庭園もそれだけの差を持つ物だと言う事を知り
ました。まぁ、ただの好き嫌いで庭を見る、ってのもありでしょう、
ねぇ。って事で、以下、個人的意見な見解を。

金地院の鶴亀庭園
大きな鶴岩亀岩があるので鶴亀庭園と言うようです。
PICT0253
ここは日本庭園の名師、小堀遠州さん作の枯山水の庭ですが、
どーも、私は好きじゃありませんでした。
今回は方丈が工事中だったので、全景を眺めるポイントが無かった
のと、何有荘の庭園で大はしゃぎした後だった事を差し引いても、
この庭にはピンと来なかったのです。
大袈裟なお庭って言う感じ、と言えば近いかなぁ。
私の乏しい頭の中には、表現する語彙が無いです。
ただ、景色としては凛とした山水画の様で綺麗でした。
方丈にあった狩野探幽の襖絵が怪しかったです。
ここでは東照宮に行くまでの参道が一番好きでした。
PICT0254

天授庵の庭園
池泉回遊式庭園の方は、まぁ、こじんまりとしていて良かったかな?
でもあまり印象に残らないな、と言った感じでした。
PICT0260
枯山水の庭の方は、きっと秋に紅葉が綺麗なんだろうなぁ、と。
PICT0257

南禅院の庭園
続いて・・・南禅院の庭園に立ち寄りました。
寺に入る前に見た水路閣
PICT0261
池泉回遊式庭園。ここは良いですねぇ。好きです。比較的自然な感じ
の庭園。細かい造りになってます。調べてみると、西芳寺(苔寺)
有名な夢窓国師作の庭園と言われているようです。後で知りました。
PICT0263  PICT0264
苔寺も行きたかったんだよなぁ。好きな庭園のタイプと作者の作風は
やはり同じなんだなぁ、と。

南禅寺の庭園
さて南禅寺の庭園です。ここはとにもかくにも禅な造り。
典型的な枯山水ですね。
この中の一番有名な方丈庭園は虎の児渡しの庭と言って、作者は
鶴亀庭園と同じ小堀遠州さんです。これも後で知りました。
PICT0265
鶴亀庭園よりもこっちの方がきめ細かで、好きですね。
まとまりがあると思います。
なんか、緊張感あって、襟を正して絵画を見る感じです。
奥にも幾つか庭がありました。
PICT0266  PICT0267

PICT0268  PICT0269
それらの庭の中にあった、この石がカエルに見えて仕方ありませんで
した。渡り廊下から見た庭です。こっちの庭は落ち着くなぁ。
PICT0270 カエルに見える・・・。
お寺には狩野派万歳!って位、狩野派の襖絵がありました。

次回、第4弾はこれぞ植治の庭、無燐庵です。

|

« ゆらゆら~グリム童話アーティストブック | トップページ | funny~面白いHP »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都散策:日本庭園編 其の参「南禅寺周辺」:

« ゆらゆら~グリム童話アーティストブック | トップページ | funny~面白いHP »