« 京都散策:街歩き編 其の壱 | トップページ | びりびり~オリンピック建築 »

京都散策:街歩き編 其の弐

待ち歩き編2日目

30日
朝の宿「吉水」はまた、趣あり。
PICT0157

まずは宿を出てすぐ目の前にある円山公園を見て回る(庭園編として
詳細を後にUPします)。今回の旅程の中心目的植治の庭と言うことで
のんびり・じっくりと見てまわる。この段階でかなり暑いのですよ。

その後、公園脇にある長楽館にてお茶をする。この建物も知り合いか
ら聞いたのだが素敵な建物でした(建築編 其の弐参照)。
入ったときはすでに汗だくでしたが。

そしてそのまま先斗町、木屋町あたりをぶらぶらとする。
PICT0201 鴨川の川床

建物を見たり(建築編 其の参参照)、またまた路地をのぞいたり。
PICT0205 (もう、良いよ!)

話に聞いてたレトロな喫茶店とかもあったけど、残念ながら開店前。
PICT0217  

そりゃそーだ、昼前だもんね。早めの昼飯は有名な?天ぷら屋さんに
入りかき揚げ丼です。
PICT0221
うん、美味い!おいらは天丼ってタレが濃いのでそんなに食べないん
ですよ。タレがあっさりしているので大抵は天ぷら定食にしてしまう。
でも、ここのは美味かったっす。
ただ、腹が一杯になり、く、くるしい・・・。
外が暑かったのもあり、かなり重い感じで歩き出したのでした・・・。
(実は早めの時間で丼物だから、ちょっとすれば別の店でまた昼飯
食おうかと思っていた位なんだが、かなりの間、腹がこなれなかった)

重い腹を抱えつつ蹴上駅を降りて都ホテル建築編 其の四参照)。
ただ、建物は観察するのだが、庭を見るのを忘れた!!!
ここの庭は植治の庭だったのに!!!
そんな叫びを後々にするとは露知らず、そのまま南禅寺方面に向かう。
特別公開の何有荘の庭園で大はしゃぎ(この頃はまだ元気があった)。
金地院の鶴亀庭園天授庵の庭園南禅院の庭園南禅寺の庭園
を見て回る。その後普段公開していない植治の庭に駄目元で行く。
野村碧雲荘の庭園見れず、洛翠の庭園は施設を使わないと駄目、
八千代の庭園は腹が一杯で湯豆腐を諦め、見ず、でした。
そして無燐庵の庭園に行く。ここも素晴らしいですね。
この一連は庭園編として細かく後にUPします。

そのまま平安神宮周辺に向かう(ここも建築編 其の四参照
この時は、もう、何がなんだか判らない位暑くてボロボロ。
もう軽く熱射病にかかっていたと思います(被害妄想)。
建築を色々と見て(と言うよりも、ただ通りがかっただけ)。
ふらふらしながら平安神宮の庭園を見て(ボーっとしてたので本物の
浄土に見えたかも・・・神社なのに浄土かい?)。

その後、細見美術館に向かう。ここには目的があったのでした。
京都にきたら若冲の絵を見たい!と言う思いがあったのです。
前回、京都に来たときに細見美術館に若冲の絵がある事を知っていた
のですが、時間が無く見ることができず、で、今回に至る。
の、ですが、
今回の展覧会には若冲の絵は展示されず。うーーー、畜生!
って言うか、事前に調べておけば良かったのにねぇ・・・俺。

東山の駅に向かう途中に並河靖之七宝記念館の庭園をのぞいて行く
が、もう、私が、フラフラになっていてだめでした。
でも、一応庭園編として後にUPします。

三条まで行きフラフラになりつつも三条周辺・三条から四条まで、適当
に歩き回る。
建築なども見て回りました(建築編 其の参参照)が、色んな店をちょこ
ちょことのぞいていく。
PICT0334  PICT0337

三月書房発見、ここの本のセレクトは絶品。
PICT0336

1928ビルなど見る。
PICT0339

古くからの喫茶イノダコーヒは並んでいて入れないぞ。
のどを潤す事もできず歩くのみ。
PICT0344

もう、駄目です。暑いです。脚がパンパンです。

そこまでして歩かなくてもいいのにだよねぇ。貧乏性なのかなぁ。
行きたい所に行かないと気が済まないんだよなぁ。
まだ、他にも行きたい所は山ほどあるんだけど。

まぁ、独り旅の良い所ですよ、気が向くまま自分だけのスケジュール
で動けるんだから。

|

« 京都散策:街歩き編 其の壱 | トップページ | びりびり~オリンピック建築 »

コメント

きゃー!!!いいなあ、いいなあ。素敵、京都散策。
趣がありますねえ。

菌兄ったら(最近この変換がお気に入り)素敵な週末送ってるのね。
京都はとっても大好きな町だけど、先達や知識がないと意外に
良いお店がわかりづらいのです。
ってことで、いつか私にナビして欲しいです(コレ見て勝手に行けよっていわないでね)

投稿: しばこ | 2005/05/25 09:51

ぬおー
「みゅーず」閉まってて「イノダ」は並んでたんですね・・
イノダ並ぶなんて!GWだからかしら。

で、一保堂も、鳩居堂も通ったんですね。
どちらもかなり通いつめましたです。

三月書房もいいですねぇ。
京都の南北に走る商店街では、新京極と寺町が有名だけど
断然、寺町のほうが好きです。
落ち着いてて歩きやすい。古本屋も多いし。

しっかし短い滞在時間で、よく歩いてるねぇ!!!!
そりゃ脚パンパンになるよ!!

投稿: Mariko | 2005/05/25 13:21

>SHIBAKO姉ぇ
京都、良かったよぉ。ナビねぇ、死ぬほど歩き回るコースを
レクチャーしてあげませう。
でも、あまり知識なくても適当に歩いているだけで京都は
楽しいね。ふと気になった所のぞきながら行くのが。
なんとなく気になる匂いを辿って。
そんな事していると、良い所、ふと見逃したりもするけどさ。

>Mariko嬢
みゅーずも、その近くにあったもう一軒の喫茶も開いて
いなかったのよ~(昼前だったからねぇ)。
やっぱりお茶のお土産は一保堂でしょう、と思って行ったら
その道沿いに柿本もあったね。三月書房は前から知っていて
行きたかったんだけど、たまたま「あ、ここだ!」って。

京都、暑いのだけなんとかして!
ほんとはそのままその後東北行こうかとも思っていたけど、
さすがに無理だった。

投稿: KIN | 2005/05/25 17:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都散策:街歩き編 其の弐:

« 京都散策:街歩き編 其の壱 | トップページ | びりびり~オリンピック建築 »