« 讃美礼拝~内藤礼「地上はどんなところだったか」 | トップページ | 新宿散歩~のどかな日曜の午後 »

原型原始~加藤泉展「裸の人」

土曜日は色々あったけど、とりあえずSCAI THE BATHHOUSE
行った事を記しましょうか。
katouizumi

今回は加藤泉展「裸の人」と言うのを見てきた。
私はこの方の作品は初めてだったのですが、SCAI~のHPにあった
木彫りの彫刻の写真はかなり印象的だった。
そしてその荒々しい木彫りの彫刻(おそらく赤ん坊?)があの空間に
ぼこぼこと一見、無造作に置いてある。
彫り跡も生々しく、木の匂いもそのままに。

それとは対照的に同じく赤ん坊(それも子宮の中)をモチーフにした
ペインティングも数点。こちらは根本は同じなのだが、彫刻の荒々しさ
とは対照的にスムースな線で書かれている。
間違いなくモチーフは同じ人なのだが、その表現はまったく違った
人のようである。

あまりにも表現方法に差があるので、思わずギャラリーの人にこの
アーティストは絵画メインなのか彫刻メインなのか聞いてみました。
どうも絵画中心にやってこられた方のようです。
今回は彫刻メインの展覧会だったのですが、ギャラリーの方の話で
は絵画で詰まった時に(?と彫刻を作る、と言うパターンらしく、
振り返る?原型を確認する?と言う意味なのかな、それで荒々しい
のかな、と色々と想像も出来て楽しかったです。

歪んだ物が形に出てきていて、こう言ったタイプの作品って基本的
に私は好きなのですが、この人の作品は、ほんとに今後私の中で
かなり好きな物となっていくか、今回の記憶だけで留まっていくのか、
楽しみ、楽しみ。

人の原始の記憶、それを自分で見つめてみる。

|

« 讃美礼拝~内藤礼「地上はどんなところだったか」 | トップページ | 新宿散歩~のどかな日曜の午後 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/3752777

この記事へのトラックバック一覧です: 原型原始~加藤泉展「裸の人」:

« 讃美礼拝~内藤礼「地上はどんなところだったか」 | トップページ | 新宿散歩~のどかな日曜の午後 »