« れんが色(煉瓦)~人は変わって行くわ、私たちと同じように・・・ | トップページ | えどちゃ色(江戸茶)~iPODケース »

からすのぬれば色(烏の濡羽)

(R000 G000 B000)
何億光年輝く星にも寿命があると教えてくれたのはあなたでした
季節ごとに咲く一輪の花に無限の命知らせてくれたのもあなたでした


2月はタイトルに色を頭に持ってきている。単純にその時の気分の色
だったり内容のイメージ色だったりするのだが、色と言うものの多様
性に驚きます。

実はこのWeb
色の名前事典
から色の名前とRGB比率を参考にさせてもらってます。
私が使っているのは日本語の名前の色に限定しているのですが・・・
ほんとにいろんな名前の色があるねぇ。

今まで使ったものでも
しんばし色(新橋)ってどこから来た色なの?
おもひ色(思)って情緒あるなぁ、とか。

不思議な色の名前と言えば
似紫 にせむらさき R057 G032 B044・・・紫に似てるの???
天鵞絨 びろうど R027 G109 B092・・・これも語源わからんなぁ。
言わぬ色(不言色)いわぬいろ R255 G176 B042・・・一体何をもって
この名前が付いたのか???


後は植物の名前が付いた物が多いですよね。
自然に溶け込んだ生活をしている日本人ならではでしょう。
後は、色の顔料を植物から取る事が多いからなのでしょう。
植物の名前を漢字で書くと趣あるってのは前にも書いたけど。
菖蒲色 あやめいろ しょうぶいろ R072 036 140・・・やはり同じ色なんだ。
早苗色 さなえいろ R154 227 046・・・女の子の名前じゃないよね。
茄子紫 なすむらさき R056 033 081・・・そのままの色の名前。茄子は嫌い。
木蘭色 もくらんいろ R199 166 108・・・僕の地球を守って!

植物の色で有名なことわざは「青は藍より出でて藍より青し」。
藍と言う植物の花は藍色をしている。藍を顔料として取った
染料は青色をしている。つまり青は藍から出ているのだけれども
藍の花よりも青い色をしている、まぁ、そう言うことわざですね。
どーせ、俺の弟子は俺よりも優秀さ、って事です。


意外に(?)鳥の名前が付いている色が多い
その中で俺の好きな色があった。
烏の濡羽色 からすのぬればいろ R000 G000 B000
濡れ烏 ぬれがらす R000 G000 B000
これはRGBだけ見るとただの真っ黒なのだが、本当はちと違う。
どちらかと言うと濡羽色 ぬればいろ R051 G000 B051の方が近いかな。

女性の美しい髪の色に例えられるのだが
美しい髪はカラスの濡れ羽色、と言われるのである。
カラスの濡れた色はベースは黒なのだが艶やかに光沢があって、
光の加減では紫が入ったり、なんとも言えない美しい色なのだ。

まぁ、この「色」が好きなのか美しい髪が好きなのかは別として。

|

« れんが色(煉瓦)~人は変わって行くわ、私たちと同じように・・・ | トップページ | えどちゃ色(江戸茶)~iPODケース »

コメント

素敵ですねえ。日本語って。濡羽色 ぬればいろの髪ですか。いい表現です。この文章もとても素晴らしい。
それにしても、KIN兄の美意識にも頭が下がります。

投稿: shibako | 2005/02/23 21:18

藍色で思い出しましたが、私の好きな染色家・志村ふくみという人の本で、青(と緑)に関する面白いエピソードを読んだことがあります。

唯一緑色だけは草木の染液から直接染めることが出来ないそうです。藍甕にくちなしなどで染めた黄色の糸を浸けて、緑を生むしかないそうです。これだけ緑豊かに繁る植物があるのに不思議。

また、藍甕の中に白い糸を浸すとはじめは茶色がかっているのですが、竹の棒で絞り上げて空気に触れた途端、瞬間的にエメラルド・グリーンになり→縹色(はなだいろ:R016 G061 B128)に移り変わるそうです。

緑が消えて青になり、青が消えて緑になる。
神様が手品してるみたいで素敵だなあと思いました。

投稿: nori-o | 2005/02/23 23:54

>SHIBAKO姉ぇ
烏(カラス)の濡羽色、凄く響きが良い色でしょ?
昔からこの色が凄く好きなのよ、おいら。
日本語ならではの表現だと思うのよね、これって。
この表現で、ただの黒ではなく、艶やかさ、微妙な光沢を
全て表現しているんだ物。
これをどんな色?他の言葉で表現して?って聞かれても説明できません。
デジタル世界のCMYK表現では絶対に表現出来ない言葉だね。

カラスって実は美しい鳥だと思っているのね。
鳥マニアなんです。おいら。過去バードウォッチャー暦あり。
髪マニアでは無い・・・はず。

>nori-oさまさま
凄いねぇ、緑の原料は植物から取れないんだ。
知らなかった~。あの世の中に充満している植物の緑は
どこ行っちゃうの?って感じ。
でも、青汁で染めればいけそうじゃない、笑?

TVか何かで染めたばかりは茶色なんだけど、それが空気にふれて(酸化かな?)
緑(だっけな?)に変わっていくってのは見たことあるなぁ。
そう言う事を発見した昔の人は凄いなぁ。

投稿: KIN | 2005/02/25 09:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: からすのぬれば色(烏の濡羽):

« れんが色(煉瓦)~人は変わって行くわ、私たちと同じように・・・ | トップページ | えどちゃ色(江戸茶)~iPODケース »