« 私を捕まえてごらん、出来るものならば。 | トップページ | 妄想膨らむ~くちびるネットワーク »

建築とアートの蜜月~ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展・横浜トリエンナーレ2005

ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展の金獅子賞をSANAA(妹島和世+西沢立衛)
が取りましたね。去年の伊東豊雄に続いて2年連続日本人の受賞。

ところで、日本パビリオンのテーマ「オタク」ってのは どうなんでしょう?
気持ちは分からなくはないが。
日本館「オタク」
なんかねぇ、ちょっとねぇ。おたく:人格=空間=都市と言う構成らしい。
切り口を変えようと思ったのか、文化の最先端を切り出そうと思ったのか
知りませんが、ちょっとこれは子供っぽくないかなぁ。丹下さん・・・。
確かにオタク文化と言うものは海外にも有名でかなり日本の特化した物
だと思う。ある意味、それが空間を作っていく事に凄いと思う。
ただしそれは日本の全体としての話ではない。
あくまでも「サブ」カルチャーなのではないかな?
そう言う展覧会があっても良いと思うけど、そう言う一部の文化の話を
国際的な建築ビエンナーレで扱う素材としてはちょっと違うのではない
かな?と思います。

また、来年の横浜トリエンナーレのオーガナイザーが 建築家の磯崎新
だそうです。これは楽しみ。 ひと味違った空間創りを見せてくれるのを期待。
横浜トリエンナーレ2005
yt
今度はメイン会場が山下埠頭なんですね。
でも来年って・・・前回から4年たってじゃないの。
それじゃあ・・・トリエンナーレじゃないじゃないか!
まぁ、今後はちゃんと3年に1回やりまっせ!と言う心意気なんでしょう。
本当は今年やる予定だったけど前回のメイン会場のパシフィコと折り合い
が付かなかったと言う話を聞いてますが。
横浜トリエンナーレ2001
結構、見応えあって楽しかったなぁ。今HP見てもドキドキするわ。
前回、全部見ることが出来なかったのが悔やまれるので今回こそは!

|

« 私を捕まえてごらん、出来るものならば。 | トップページ | 妄想膨らむ~くちびるネットワーク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/1719733

この記事へのトラックバック一覧です: 建築とアートの蜜月~ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展・横浜トリエンナーレ2005:

« 私を捕まえてごらん、出来るものならば。 | トップページ | 妄想膨らむ~くちびるネットワーク »