« Chega De Saudade~続・食料倉庫 | トップページ | ヴィレッジヴァンガードの夜 »

本日は晴天也~新川(タカイシイギャラリー、小山登美夫ギャラリ)、MDSギャラリー

10月16日土曜日
久しぶりに仕事もなく一人で自由にできる時間。
勝手気ままにあちこち見まわることにした。
こう言う場合、ほんとに自分のペースで適当に歩き回る。

まずは新川のギャラリースペースに行く。
ここには結構前から行きたかったのだが、なんだかんだで
なかなか行けなかった。
倉庫を改装したギャラリースペースで、SHUGOARTS
タカイシイギャラリー小山登美夫ギャラリーが入っている。
常設展示っぽいモノとしては蜷川美花、後はガールズブラボー
関連な人とか、牧谷光恵(あの等高線?作家)、 束芋などの
作品があった。

新川ギャラリースペース外観
sinkawa1 sinkawa2

sinkawa3こんな窓と照明

今回目当ての企画展は
ダグエイケン「This Moment is the Moment」
ダグエイケンはオペラシティで個展を見てから結構好きな
映像系のアーティストだが今回は映像は無し。
ダグエイケンのオペラシティの展覧会
写真作品はまぁ、特にコメント無しとして、もう一個ミラー
を使った作品があった。幾つもの六角形の小さなミラー
で壁面を構成していて、その一個一個がユラユラ揺れる。
ギャラリーにはあったのはあまり大きくない物だったが
10/24に銀座にオープンするディオールオムにはこの作品
が内装として使われているようだ。これは見たい。
しかし・・・天下のディオールがダグエイケンを選択するとは。
ちょっと見直したぞ、ディオール。
ディオールオムが銀座のどこに出来るのかと調べてみたら、
近藤書店のあった所なんですね。近藤書店・・・無念。

そして、もう一個の企画展小出ナオキさん「二人の浴室」
これは結構面白かったですね。
yokusou二人の浴槽

その後、代々木上原まで行ってMDSギャラリーに寄りました。
このギャラリーは坂 茂さんの設計で、ここも前から行きたかった
のですが、行っていないところでした。
建物の中に紙管を神殿のように並べていると言う特徴ある建築。

bansigeru1

ここでは
フランシェ・キラーズ「インスタレーション・トウキョウ,2004」
と言うのをやってました。
キラーズさんのド派手なテキスタイルの作品と坂さんの建築の
コラボレーション・・・と言うもの。
フランシェさんはこんな事やってる人。
フランシェ・キラーズ
確かに目を引くテキスタイル。この人はオランダの人だっけな?
オランダでは色々な建物の内装を手掛けているようです。
それよりも私が興味あったのは建物の方。
うーん、ボイド管と言う紙管を使ってますが、綺麗に並んでる。
近くで見ると、私達みたいな展示会などの仕事をやっている者
にとってはただの安っぽい紙管なんですが、それがガラスの窓
の中に並ぶと綺麗なんですね。この建物が建ってからもう4,5年
たっているのにあまり傷もないし。思わず、この建物立ってから
この紙管は交換してますか?とギャラリーの人に聞いてしまい
ましたよ。交換はしていないそうです。

bansigeru3 bansigeru4

ほんとはその後、表参道に行って、新しく出来たプラスマイナス0
のショップやカルテルアレッシィのショップなどを見て回ろうか
と思ったのだが、地下鉄で本を読んでたら知らないうちに乗り過ご
してしまったので戻るのも面倒で六本木の青山ブックセンター
行って帰ってきましたとさ。

|

« Chega De Saudade~続・食料倉庫 | トップページ | ヴィレッジヴァンガードの夜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/1710043

この記事へのトラックバック一覧です: 本日は晴天也~新川(タカイシイギャラリー、小山登美夫ギャラリ)、MDSギャラリー:

« Chega De Saudade~続・食料倉庫 | トップページ | ヴィレッジヴァンガードの夜 »