« 2004年7月 | トップページ | 2004年9月 »

どこまで行っても進んだ気がしない。

それもこれも、同じような景色が続くから。
なんで、同じような事ばかり毎日繰り返してるのか?
でも、実際は進んではいる。
それに気が付かない。
だから嫌になる。

少しはましになるのだろうか?
何かしなくては、とあせる必要はもう無いのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SMAP SPAM

私はショートフィルムが好きだ。
※別にSMAPが好きで見ているわけじゃない、と言い訳してるわけではないです。

私は石井克人監督の作品が好きだ。
※別に世にも奇妙な物語が好きで見ているわけじゃ・・・と言い訳してるのでもないです。

さて、上記文からまとめますと。
「世にも奇妙な物語 SMAPの特別編」のDVDを日曜に見た。
えー、さらに先に進むと
「この中のキムタクの出ている短編が目当て。」
いや、もっとちゃんと説明すると
「この中の石井克人監督の「BLACK ROOM」と言う話が好き。」
なのである。

View image

これテレビで正月特番か何かでやっていた記憶がある。
それで見ていて・・・、「BLACK ROOM」でぶっ飛びました。
凄いくだらなくて、凄い面白くて。
こんな作品をテレビで(それもゴールデンの時間帯、SMAP主演、フジテレビ特番)
見ることが出来るとは思ってもみなかったです。
それで、その当時からショートフィルム好きだったので、一体だれが作っているのかと注意
してみたら、石井監督です。やっぱり!って感じでしたね。
私は(かなり個人的な意見ですが)この作品は石井監督の最高傑作と思ってます。
他の石井監督の作品も凄く好きですけど。

そのまま流れで「SSF(スマップショートフィルム):これも石井監督絡み」と「TV's HIGH」を
途中まで見てました。SMAPづくし。そんな日曜日です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

震える阿呆う・・・高円寺阿波踊り

高円寺の阿波踊りの季節です。土曜日に見ました。
そうです・・・小雨降り注ぐ中・・・。
知り合いが場所をとっておいてくれたので、非常に良い場所で
かぶりつきで見る事ができました。
でも雨は、ほぼ止んだり、サーッと降ってきたり、と言う感じで
服はびしょびしょでしたね。
でも、最初から最後までほぼ見ることが出来ましたよ。

これは「おとこ踊り」。賑やかな感じの踊りです。
otoko.jpg

こちらは「おんな踊り」。祭りの華ですね。
つま先立ちが大変そう。
onna.jpg

上記の踊り手に加えて、鳴り物(楽器)でおおよそ1組。
それが何十組もあり、街中を練り歩きます。
およそ一週するのに3時間ですよ。
いつも、これ見て思うのが
人の勢いとかパワーってすごいなぁ、と言う事。
これだけ何か一つのことに対してパワーを降り注ぐことが出来る。
昔の城主は農民達の一揆を防ぐ為に祭りを行い発散させたとか。
うーん、判る判る。俺の仕事ストレスの発散はどうする???

ちなみに阿波踊りと同時開催の氷川神社のお祭り。
matsuri.jpg
私はいつもこっちの方が目当てだったりします。
お祭りっぽく、狭い境内に屋台がずらっと立ち並んでいて歩いて
いるだけで楽しい。

元々、この神社のお祭りにあわせて高円寺の阿波踊りは始めた
ので、暦が合わなければ平日だけでもやってます。

阿波踊りの後、近所の飲み屋で飲んでいたら、店の中に
どっかの連の踊り手と鳴り物隊が数人で巡回しに来て
小隊制で演奏と踊りを披露してくれた。客はみんな手拍子。
これが凄く楽しかったな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今後のCD購入ラッシュ・・・KASABIAN、22-20s、ビョーク

昨日(26日)HMVに行って・・・

狙いは
KASABIANの25日発売の新譜(フルアルバム)です。
HMV数寄屋橋店に行ったら・・・なんともう売り切れ!
「えーっ、なんで~。22-20sの時と同じ現象が!」
と思い、店の人に聞くことに。
どうも、25日発売は初回限定版だったようで、
「通常版は明日出ます。」との事。
明日発売って事は今日の夜になれば店頭に出るかな?
と思いつつ、仕方ないので店内ぶらつくと、ビョークの
新譜が出てましたので、それを購入。
あの、楽器を使わずに、人の声だけで演奏を入れている
と言うアルバムです。

DVDも1枚買う予定だったのですが、数寄屋橋店に無く
近くの銀座店に在庫があるとの事。
そこで銀座店に行く。

予定のDVDを購入。店内ぶらついていたらなんと・・・、
KASABIANがあるじゃないですか!
まぁ、初回限定版ではなく通常版でしたが。
もちろん購入。
さらに22-20sの新譜(フルアルバム)も出ていたので、
それも購入となりましたとさ。

22-20sにKASABIAN・・・なんかいかにもなペアの購入
ですねぇ。まぁ、かまわないや。
今から聞くのが楽しみ。

9月にはポールウェラーの新譜(カバーアルバム)が出る
し、メデスキ、マーティン&ウッドも出る。
エゴラッピン、ジョンスペンサー、CAKEと目白押しです。
うーん、節約しなければ・・・(ほぼ全部買う気)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

着々と・・・青山ブックセンター復活へ

このHPによりますと・・・
新文化
なんと9月29日にabcの青山本店と六本木店が復活!
広尾店は屋号を変えて復活、と言うことで・・・。
喜ばしい限り。
くっそぉー、かえすがえすも早くも別店舗(Book1st)が
入ってしまった新宿店が残念でたまらない。
どっか新宿の別の場所にABC出来ないかなぁ。
※とは言いつつも新しいBook1stにはまた行っていない。
 どうなんですかね?レイアウトとか品揃えとか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

イルカは電気クラゲの夢を見るか?

ちょっと前に八景島シーパラダイスの新しく増設された
水族館に行ってきた。
その名もドルフィンファンタジー。
テレビCMや写真では確かにファンタジーな景色だが
実際はそこまで大きい水槽のイメージは無い。
いや、実際は水槽は大きいのだが、あれ、この水の
トンネル、もう終わり?って言う感じを受けてしまう。
でも、かなり気持ちの良い感じの体験ではありますよ。
頭の上をイルカが飛びまわってるのは気持ち良いもん
ですよ。
seapara.jpg

八景島水族館自体に(確か)世界最大級の水族館って
書いてあったけど、あそこはそれほど大きく無いよなぁ。
最近は大きな水族館たくさん出来てるし。
まぁ、最大「級」の級に定義はないしねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

G.Love

G.Loveの新譜を買いました。
タイトルが「ザ・ハッスル」。
最近のお笑いの掛け声みたいなタイトルなんだけど中身
はかなり良かったです。
1曲目いきなりファンクっぽい感じではじまり、良いねぇ~。

ちなみに今回はスペシャルソース名義は無いんですねぇ。
G.Love単独名義のアルバムです。
なんだろ、レコード会社との契約絡みなのかなぁ。

G.Loveはジャックジョンソンやドノバンフランケン~などと
同じように最近流行のゆったり系なサーフミュージックの
カテゴリーなんかに入れられているのを良く見るけど、
ちょっと違うかなぁ、って思ってます。
そのゆったりサーフ系(なんて言うんだろう?チルアウト
とも違うしなぁ、私的には夕日系、って感じ)はそんなに
聞かない私ですが、G.Loveは昔から聞いてますね。

今回のやつはかなりお薦めです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

In The Name Of Love

おおっ!
Bounce
U2の新譜が出るのね~。
でも、もう前作から4年になるのか・・・。
結構たつんだなぁ。
彼ら、完全にベテランの域、ですからね。
俺の中では比較的新しいバンドのイメージが未だにあったり
するけど。中学の時にすげぇバンドが居た!って感激をした
記憶があるんだけどね。
いやいや、それは俺が年を取ったということで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

行きたい美術展8月版

メモかわり

原美術館(11時~17時、水曜のみ20時まで、月曜日休)
08/11~10/11:奈良美智―From the Depth of Drawer

庭園美術館(10時~18時、第2・第4水曜日休)
11/20~01/23:田原桂一 光の彫刻

ワタリウム美術館(11時~19時、水曜のみ21時まで、月曜日休)
04/23~09/26:エンプティガーデン2

スパイラルガーデン(11時~20時)
08/20~09/05:art-life vol.3 オレンヂ羊の夏休み

森美術館
(月・水・木10時~2時、金-日10時~24時、火10時~17時 )
08/24~01/25:小沢剛展およびColors

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グリム

cover.jpg
注文していた本がやっと届きました。
Grimm: The Illustrated Fairy Tales of the Brothers Grimm
これです。
前にも書いたことあるけどもう少し細かい内容は下のHP
にあります。
GRIMM
いやー、楽しみだ。ゆっくりと読むべ~。
こんなところにも載っていた。
東京ランダムウォーク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まだ空は飛べず

最近触手を伸ばそうとして未だ伸ばしていない物、
モンティパイソン。
うーん、間違いなく、これ好きなんだけどなぁ。
これに手を伸ばしてしまったら、ドつぼにはまって
しまいそうでねぇ。きりがなさそうで。
まぁ、近々だとは重いますが、もうちょと躊躇して
おこう。
映画から入るか、テレビ版から入るか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京ザヴィヌルバッハ

東京ザヴィヌルバッハの新譜を視聴した。
で・・・購入あきらめました。
音は凄くいいのですが、どうも私には目指す方向が判らな
かった・・・。
実は、前回のデートコースペンタゴン~もスパンクハッピー
にも同じ感じを受けていたのですが、とりあえず購入。
でも、とうとう今回のザヴィヌルバッハは買うのを止めたの
でした。
私には一部で話題になっていた時に飛びついて、その後
メジャーになると離れてしまうというところがあるのですが
今回はそう言う天邪鬼性質とはちょと違うかな。

菊池さんの音は確かに一時期凄くはまった。
それに最近ついていけなくなってしまったのですね。
デートコースペンタゴンに関しても1stアルバムは凄く気に
入ってた。スパンクハッピーも同じく。ザヴィヌルバッハに
関しては2ndが好きだったかな。

新宿のタワレコで視聴したんだけど、同じ視聴機に入って
いたJ's Beeの方が良かったなぁ。
J's Beeも1stアルバム聞いてそれ以降聞いていないけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三角?

よーし、よーし。がんばれー。
再生に参画
ただ、新宿のルミネ2の方の旧ABCは既にBook1stになっていた。
看板だけで店の中身見ていないから、どんなんになってるかは
わからんけど。
ルミネ1の方の旧ABCもBook1stになってるのかなぁ???
せめてあっちだけでもABC復活して欲しいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

つれ合いの選び方

一つ屋根の下に住む「つれ合い」を選ぶはやはり慎重にいかねば
いけないですよね。
色々と確認しあわなきゃいけないことが多いのでしょう。
周りから見たらどうだって良い事かもしれないけど、どっちの苗字を
名乗るか、などは仕事をしている二人には大事な問題なのです。
一緒に住むのであれば、二人の持ち物が同じ屋根の下に揃うこと
になります。入らない物は処分しなくてはいけないですし、同じ物を
2つも持っておく必要なども無いでしょう。整理が大変ですね。
お互いの考え方や育ってきた環境、親の身分なども違うし、お互い
の友人との付き合いや生活習慣、好きな食べ物だって歩み寄って
調整していかなければいけないんですね。
離婚はそんなに聞いた事は無いけど、重婚とかあったりするしねぇ。
大変だ事。

とうとう三菱銀行とUFJ銀行の統合が決まりましたね。
名前が「三菱UFJ」だそうで。
なんか途中で三井住友とUFJの組み合わせも出てきてましたが、
個人的には三井住友と三菱が一緒になって、財閥系3つの名前が
揃った銀行が出来ると面白かったのになぁ、とか、思ったりして。
三菱三井住友なんて凄いじゃないですが、ありえなさそうですけど。
これから、銀行支店の統合やら、人員整理、システムの統合とか
大変そうですね。それぞれの社員の方にとっては、たまらなん!と
言ったところでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

琴線ってどこにある?

面白いHPをみた。
誕生日データ
ここの誕生日データを使うと自分と同じ誕生日の人が
判る。それも生まれた年までわかる。
すごいなぁ。
出来事辞典にはその日に起こった過去のことまで載ってる。
良く調べた物です。

普通なら、自分と同じ誕生日の人がこんな人が居る~、と
言う展開をここに書くのだろうが、私と同じ誕生日の人で
私の琴線に触れる人が特に居なかったので、しません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生きながらお仕事に葬られ

こんな記事を見かけたもので。
フェスティバルエクスプレス
この映画見たいなぁ。
ジャニスのように歌おう、とかなんとか、そう言う映画も公開してるようで。
(タイトル全然違うかも)
ジャニス評価の年なんですかね。
ジャニスジョップリンの残したオリジナルアルバム8枚も再発だとか。
ジャニスのHalf Moonって曲が好きだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

親の心子知らず

この記事を見て、ほぉ~!っと思ったもので
ショーンレノンとリジージャガー
記事を見なくても名前からして想像できる人も多いでしょう。
ジョンレノンの息子とミックジャガーの娘が付き合ってると。
ほんとかいな?
でも、ほんとだったら面白い。

ところがショーン君はどうも気が多いようで
ショーンの火遊び?
いやいあy、火遊びはいけませんよ、火遊びは。
もてもてだなぁ、うらやましい限りで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あゆ???・・・浜崎あゆみとカーサブルータスの繋がりとは?

カーサブルータス
今月号の表紙に・・・なんと・・・浜崎あゆみ・・・。
うーん・・・。
ちょっと前に宇多田ひかるが出てた時もあったし。
これは、良い意味での幅の広がりか?新機軸か?
ちょっと必然性が感じられない。
私のような固い頭のファンが居るのはいけないことなのかもしれない
がそれにしてもイメージが違う・・・。
もし、浜崎さんが建築ファンだったとしても(まだ記事は読んでないの
でイメージだけで書いてます。)雑誌の戦略としてはどうなのだろう?
ま、とにかく読んでみましょうか!

ちなみに浜崎あゆみを知らない人はこちら>浜崎あゆみ
を見てください(知らない人は居ないって?)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

想像してごらん?

日曜の夜キンキキッズの番組を見ていたら綾戸智絵さんが
出ていた。まぁ、綾戸さんの関西おばちゃん系のキャラは
ともかくとして、そこでこんな発言があった。
ジョンレノンをクローズアップするコーナーの中の話。
1.英語なんかわからないけど音楽に乗って思いは伝わる。
2.歌はどのような気持ちで歌ったか、と言うよりも聞く人が
 どのような気持ちで聞いたか、の意味の方が大事。
(って正確な発言は覚えて無いけど、まぁ、こんな内容だったと
思います。)
2.は、なるほど~と思いましたね。音楽好きな人は比較的
歌詞の深読みしたり、歌ってる人の真意などを追及したりしがち
だけど、実はそんなのあまり関係なくて、聞いた人がどう思った
か?、どんな時に聞いたか?が大事。
例えば、失恋を歌ったバラードでも、彼女(または彼)と一緒に
良い雰囲気の中で聞いたバラードならその人にとっては、恋愛
の思い出の曲となるわけです。
その上で・・・1.に戻ると・・・「本当の歌」は歌詞がわからなく
てもメッセージが伝わるのです。
「本当の歌」は悲しいことを歌えば悲しい気持ちが、伝えたい
メッセージがあればそのメッセージが伝わるのです。
「想像してごらん?」と言うメッセージは伝わるのです。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

星に願いを・・・阿佐ヶ谷七夕

日曜日、阿佐ヶ谷七夕祭りに行ってきました。
結構有名なんだけど、そんなに大きなお祭りと言うわけ
でもなく、商店街中心の手ごろな感じ、それが良い。
でも、商店街でやるお祭りにしては大きいけど。
中央線沿線では結構有名なお祭りですよね。
フランクフルト食べて、生ビール飲んで、たこ焼き食べて、
とうもろこし食べて帰ってきました。
別に普通のオリジン弁当のから揚げなのに出店で売って
いると普通以上に魅力的なのは何故だろう?

まずは入り口
04-08-08_15-14

商店街のアーケードの中はこんな感じ。
この写真は特に人が写って無いけど、今年は例年よりも人が
少ない気がした。暑さのせい?
04-08-08_15-15

御茶ノ水博士!かなりかわいげな感じで・・・。
04-08-08_15-19

ム、ムーミン・・・。
04-08-08_15-35

かなりの力作(力入りすぎ感もあるが・・・)のデビルマン
04-08-08_15-53

去年行っていないのでわかりませんが阿佐ヶ谷七夕名物(?)
「パエリア」がご飯ものではなく、パスタパエリアになってました。
今年からなのかな?ご飯パエリア好きだったのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

空への夢、限界は超えることが出来る~ガタカ

これまた、ふと、ビデオで見返しました。

ガタカ
イーサンホーク、ユマサーマン、ジュードロウの3人の競演。
今だったら凄く贅沢ですよねぇ。(当時もそうなのかな?)
でも、ジュードロウは当時は少なくてもパッケージの表に出て
こないレベルの段階だったんですね。
これは、久しぶりに見たのですが以外にお話的には大きな
抑揚もなく、淡々として進みますね。
一つ事件がある事はあるんだけれども、まぁ、そこそこ。
「その気になれば人には限界などなく、超えられない事は
ない」、って言う事がテーマなんだろうけど・・・。
以外にそれは表面的な理由で、遺伝子操作に関するSFを
作りたかった!と言うのが表に出てきてる気がする。

でも、結構深読みすればするほど深く読み込める映画。
相変わらず好きな映画の一つです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風吹けば桶屋が飛び込む~ロストチルドレン

土曜日にふと、ビデオで見返しました。

ロストチルドレン
やっぱりこういう造型物好きなんですね、おいらは。
まず目が行くのは世界観とそれを構成している美術。
ノスタルジックでダークな世界が非常に引き込まれます。
そして、小物・小技系も非常にそそられる。
ちょっとした道具だったり、展開だったり。
特にありがちな演出なのかもしれないけど「風吹けば桶屋
が儲かる」的なところはかなりゾクッときます。
エミットの涙~船が桟橋に衝突する、所ですね。
でも、そう言うのがいかに良く出来ていても、それらを含む
全体的なまとまりがなくては映画と言う一つの作品として
は、駄目じゃないですか。
それらが取って付けた様な形ではなく、あくまでも全体の
世界観に溶け合って、構築されている、ってのが大事。
その点で言うと・・・実は前作の「デリカテッセン」の方が
良い気がするんですよね。この「ロストチルドレン」は金が
あるからか、少し冗長なところもある気がする。
でも、やっぱりとても大好きな映画。

そしてやっぱりノミとノミに対する愛情。それが一番見所!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

火事の元

いやー、かっこいいねぇ。あっぱれ!
少年を救う!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青山ブックセンター復活か?

かなりな話題の(私の周りで、だけど)青山ブックセンター閉店。
もしかしたら復活するかもしれないと言う希望が・・・。
(どっかで新宿南口はBook1stが入るという噂も聞いたけど。)

少し復活の希望が見えてきました。
新文化
こちらのHP見ますと、支援の話が出ているようで。
さらに下の方読むと、4店舗の営業再開を考えているとか。
4店舗ってどこだろう?
六本木はあるだろうなぁ。一番人気あるもんなぁ。
青山本店はどうだろう?おいらはあまり行かなかったけど。
新宿店2箇所は復活してほしいなぁ、せめてどっちか1箇所でも。
橋本は復活しないって書いてあるから、後は広尾と自由が丘か。

こちらにも記事が
毎日新聞
文化人の署名が1000人も集まっているとか。愛されてたんですねぇ。
かなり衝撃受けてる人が、おいらも含めて多いですもんね。
本屋でこれだけ特別扱いされるのってあまりないよねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

誰が為に鐘は鳴る

「エアーギター選手権」と言うものがあるそうです。
フィンランドで行われているようなのですが・・・。
エアーギターって何?と言うと、我々、エセミュージシャンには
おなじみのあれですよ。
日本語で簡単に言ってしまうと、「ギターを弾く真似」です。
ミュージシャンになりきって、何も持っていないのに、ギターを
引く真似をして、首を振ったり、バッキングはおろか、ソロまで
披露。もちろん私の頭の中には、聴衆が浮かび上がる、と
言ったあれですよ、あれ。みんなやるでしょ?(やらない?)
空気椅子ならぬ空気ギター。その大会をやってしまうなんて
凄いよねぇ~。

ちなみにここに書いてありました。
フィンランドカフェの記事

| | コメント (0) | トラックバック (1)

花火は写真にうつりにくい

隅田川の花火大会に行ってきました。
かなり近いところから見ることが出来て頭の真上で花火が
広がってます・・・あまりに近い場合は感動に首の痛さが
比例します。
そして、風向きが私達の居た場所に向かって吹いていた
ので花火の灰が降ってきて・・・さらに花火の殻の欠片も
までが降ってきましたわ。
でも、外で飲むビールってなんでこんなに美味いんだろう。
04-07-31_19-28

04-07-31_20-26

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2004年7月 | トップページ | 2004年9月 »