気になるアート展メモ2020年変更版0702

個人的な気になるアート展のメモ、大きく変わった2020年開催の展覧会、7月2日段階最新情報一覧。日産アートアワード2020を追加、SOMPO美術館の情報も出たので少し整理しました。
  
  
【再開、変更含む展覧会情報(7月2日段階)】
 
久門剛史 らせんの練習
https://www.museum.toyota.aichi.jp/exhibition/hisakado/?t=plan
豊田市美術館
2020/5/19 再開(但し6/22-7/17は全館休館)-9/22 延期
 
杉本博司 瑠璃の浄土
https://kyotocity-kyocera.museum/exhibition/20200321-20200614
京都市京セラ美術館(京都市美術館)
2020/5/26 再開-10/4 延期
 
青木陵子+伊藤存「変化する自由分子のWORKSHOP」展
http://www.watarium.co.jp/
ワタリウム美術館
2020/5/27-8/30 変更
 
バンクシー展 天才か反逆者か
https://banksyexhibition.jp/
横浜アソビル
2020/5/30 再開-9/27
 
秘展 めったに見られないデザイナー達の原画
http://www.2121designsight.jp/program/inspiration/
21_21 DESIGN SIGHT
2020/6/1 再開-2020/9/22 延期
 
建築をみる2020 東京モダン生活 東京都コレクションにみる1930年代
https://www.teien-art-museum.ne.jp/exhibition/200418-0623_UrbanLifeinModernTokyo.html
東京都庭園美術館
2020/6/1-9/27 変更
 
幻想の銀河 山本 基×土屋仁応
https://www.company.theginza.co.jp/space/
ザ・ギンザ スペース
2020/6/2-8/2 変更
 
写真とファッション
https://topmuseum.jp/contents/exhibition/index-3451.html
東京都写真美術館
2020/6/2-7/19 変更
 
森山大道の東京 ongoing
https://topmuseum.jp/contents/exhibition/index-3813.html
東京都写真美術館
2020/6/2-9/22
 
オラファー・エリアソン ときに川は橋となる
https://www.mot-art-museum.jp/exhibitions/the-potentiality-of-drawing/
東京都現代美術館
2020/6/9-9/27 変更
 
カディスト・アート・ファウンデーションとの共同企画展「もつれるものたち」
https://www.mot-art-museum.jp/exhibitions/kadist-art-foundation/
東京都現代美術館
2020/6/9 -9/27 変更
  
画家が見たこども展―ボナール、ヴュイヤール、ドニ、ヴァロットン
https://mimt.jp/
三菱一号館美術館
2020/6/9 再開-9/22 ※再延期
 
森村泰昌:エゴオブスクラ東京2020―さまよえるニッポンの私
https://www.haramuseum.or.jp/jp/hara/exhibition/842/
原美術館
2020/6/9 再開-7/12 延期
 
企画展「tupera tuperaのかおてん.」
https://play2020.jp/article/tupera-tupera-kaoten/
PLAY! MUSEUM
2020/6/10-12/29
 
常設展「エリック・カール 遊ぶための本」
https://play2020.jp/article/exhibition-eric_carle/
PLAY! MUSEUM
2020/6/10-2021/3/28
 
ピーター・ドイグ展
https://www.momat.go.jp/am/exhibition/peterdoig/
東京国立近代美術館
2020/6/12 再開-10/11 変更
 
ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
https://artexhibition.jp/london2020/
国立西洋美術館
2020/6/18-10/18 変更
※但し6/21までは前売券、招待券、無料観覧対象のみ
 
ジャム・セッション 石橋財団コレクション×鴻池朋子
鴻池朋子 ちゅうがえり
https://www.artizon.museum/collection-museum/exhibition/detail/2
アーティゾン美術館
2020/6/23-10/25 変更
 
第58回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展
Cosmo-Eggs | 宇宙の卵
https://www.artizon.museum/collection-museum/exhibition/detail/3
アーティゾン美術館
2020/6/23-10/25 変更
 
古典×現代2020―時空を超える日本のアート
https://www.nact.jp/exhibition_special/2020/kotengendai2020/
国立新美術館
2020/6/24-8/24 変更

Chim↑Pom 「May, 2020, Tokyo / A Drunk Pandemic」
http://anomalytokyo.com/exhibition/may-2020-tokyo-a-drunk-pandemic/
ANOMALY
2020/6/27-7/22

内藤礼 うつしあう創造
https://www.kanazawa21.jp/data_list.php?g=17&d=1779
金沢21世紀美術館
2020/6/27-8/23 変更
 
美の競演 -静嘉堂の名宝-
http://seikado.or.jp/exhibition/schedule.html
静嘉堂文庫美術館
2020/6/27-9/22
 
きもの KIMONO
https://www.tnm.jp/modules/r_exhibition/index.php?controller=ctg&cid=1
東京国立博物館
2020/6/30-8/23 変更
 
三井家が伝えた名品・優品

http://www.mitsui-museum.jp/exhibition/index.html
三井記念美術館
第1部 東洋の古美術 2020/7/1-7/29
第2部 日本の古美術 2020/8/1-8/31
 
ドレス・コード?─ 着る人たちのゲーム
https://www.operacity.jp/ag/exh232/
東京オペラシティ アートギャラリー
2020/7/4-8/30 変更
 
開館記念展 珠玉のコレクション-いのちの輝き・つくる喜び
https://www.sompo-museum.org/exhibitions/2020/opening_exhibition1/#anc1
SOMPO美術館
2020/07/10-09/04 変更
 
紫幹翠葉(しかんすいよう)─百年の杜のアート
https://jingu-artfest.jp/shikan-suiyo/
明治神宮ミュージアム
7/10-9/27 変更
 
彫刻の系譜—平櫛田中から名和晃平まで「気韻生動(きいんせいどう)」
https://jingu-artfest.jp/kiin-seido/
明治神宮 宝物殿
2020/7/15-9/30 ※会期変更日程未定
 
開校100年 きたれ、バウハウス ― 造形教育の基礎 ―
http://www.ejrcf.or.jp/gallery/exhibition.html
東京ステーションギャラリー
2020/7/17-9/6
 
ヨコハマトリエンナーレ2020「Afterglow―光の破片をつかまえる」
https://www.yokohamatriennale.jp/2020/
横浜美術館/プロット48
2020/7/17 変更-10/11
 
桜 さくら SAKURA 2020 ―美術館でお花見!―
http://www.yamatane-museum.jp/exh/2020/sakura2020.html
山種美術館
2020/7/18-9/13 ※変更
 
和巧絶佳展 令和時代の超工芸
https://panasonic.co.jp/ls/museum/exhibition/20/200718/
汐留ミュージアム
2020/7/18-9/22
 
おさなごころを、きみに
https://www.mot-art-museum.jp/exhibitions/Cherish-your-imagination/
東京都現代美術館
2020/7/18-9/27 変更
 
ART in LIFE, LIFE and BEAUTY
https://www.suntory.co.jp/sma/exhibition/2020_1/index.html
サントリー美術館
2020/7/22-9/13 ※変更
 
翁―大名細川家の能の世界―
http://www.eiseibunko.com/exhibition.html
永青文庫
2020/7/23-8/30
 
メルセデス・ベンツ アート・スコープ 2018-2020
http://www.haramuseum.or.jp/jp/hara/exhibition/741/
原美術館
2020/7/23-9/6 ※変更
 
The UKIYO-E 2020 ─ 日本三大浮世絵コレクション
https://www.tobikan.jp/exhibition/2020_ukiyoe.html
東京都美術館
2020/7/23-9/13
 
STARS展:現代美術のスターたち―日本から世界へ
https://www.mori.art.museum/jp/exhibitions/stars/index.html
森美術館
2020/7/31-2021/1/3 ※変更
 
日産アートアワード2020
https://www.nissan-global.com/JP/CITIZENSHIP/NAA/ABOUT/
ニッサン パビリオン
https://www.nissan.co.jp/BRAND/PAVILION/
2020/8/1-9/22
※ファイナリスト:潘 逸舟、風間 サチコ、三原 聡一郎、土屋 信子、和田 永
 
MANGA 都市 TOKYO ニッポンのマンガ・アニメ・ゲーム・特撮 2020
https://www.nact.jp/exhibition_special/2020/manga-toshi-tokyo/
国立新美術館
2020/8/12-11/3 変更
 
エキソニモ UN-DEAD-LINK
https://topmuseum.jp/contents/exhibition/index-3817.html
東京都写真美術館
2020/8/18-10/11
 
BANKSYって誰?展
https://ilovebanksy.com/
寺田倉庫 G1ビル
2020/8/29-12/6
 
奈良・飛鳥地方の仏教美術
http://www.mitsui-museum.jp/exhibition/schedule.html
三井記念美術館
2020/9/12-11/8
 
もうひとつの江戸絵画 大津絵
http://www.ejrcf.or.jp/gallery/exhibition.html
東京ステーションギャラリー
2020/9/19-11/8
 
竹内栖鳳《班猫》とアニマルパラダイス
http://www.yamatane-museum.jp/exh/2020/takeuchiseiho.html
山種美術館
2020/9/19-11/15 ※変更
 
江戸絵画の華
http://idemitsu-museum.or.jp/exhibition/schedule/
出光美術館
2020/9/19-12/20
第1部 極 ― 若冲と江戸絵画 2020/9/19-11/3
第2部 粋 ― 応挙と江戸琳派 2020/11/7-12/20
 
光―呼吸 時をすくう5人
https://www.haramuseum.or.jp/jp/hara/exhibition/897/
原美術館
2020/9/19-2021/1/11
 
ミヒャエル・ボレマンス マーク・マンダース ダブル・サイレンス
https://www.kanazawa21.jp/data_list.php?g=45&d=1782
金沢21世紀美術館
2020/9/19-2021/2/28
 
知って楽しい日本美術(仮称)
https://www.suntory.co.jp/sma/exhibition/future.html
サントリー美術館
2020/9/30-11/29 ※変更
 
イサム・ノグチ 発見の道
https://www.tobikan.jp/exhibition/2020_isamunoguchi.html
東京都美術館
2020/10/3-12/28
 
ゴッホと静物画-伝統から革新へ
https://www.sompo-museum.org/exhibitions/2020/gogh2020/
SOMPO美術館
2020/10/6-12/27
 
分離派建築会100 年展
https://panasonic.co.jp/ls/museum/exhibition/
汐留ミュージアム
2020/10/10-12/15
 
石元泰博
https://www.operacity.jp/ag/exh/upcoming_exhibitions/index.php
東京オペラシティ アートギャラリー
2020/10/10-12/20 変更
 
KING & QUEEN展ー名画で読み解く 英国王室物語ー
http://www.ueno-mori.org/exhibitions/article.cgi?id=974794
上野の森美術館
2020/10/10-2021/1/11
 
能をめぐる美の世界 ~初公開・新発田(しばた)藩主溝口家旧蔵能面コレクション~
http://seikado.or.jp/exhibition/schedule.html
静嘉堂文庫美術館
2020/10/13-12/6
 
生命の庭 8人の現代作家が見つけた小宇宙
https://www.teien-art-museum.ne.jp/exhibition/schedule.html
東京都庭園美術館
2020/10/17-2021/1/12
 
カラヴァッジョ 《キリストの埋葬》展
https://www.nact.jp/exhibition_special/2020/caravaggio2020/
国立新美術館
2020/10/21-11/30
 
1894 Visions―ルドン、ロートレックとソフィ・カル(仮)
https://mimt.jp/
三菱一号館美術館
2020/10/24-2021/1/17
 
琳派と印象派 東西都市文化が生んだ美術
https://www.artizon.museum/collection-museum/exhibition
アーティゾン美術館
2020/11/14-2021/1/24
 
石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか
https://www.mot-art-museum.jp/exhibitions/eiko-ishioka/
東京都現代美術館
2020/11/14-2021/2/14 変更
 
MOTアニュアル2020 ホワイトボックス―透明な力たち
https://www.mot-art-museum.jp/exhibitions/20200605100202/
東京都現代美術館
2020/11/14-2021/2/14 変更
 
国宝の名刀「日向正宗」と武将の美
http://www.mitsui-museum.jp/exhibition/schedule.html
三井記念美術館
2020/11/21-2021/1/27
 
ハリー・ポッターと魔法の歴史
http://www.ejrcf.or.jp/gallery/
東京ステーションギャラリー
2020/11/21-2021/2/7
 
眠りの理由 国立美術館コレクションによる展覧会(仮称)
https://www.momat.go.jp/am/2020/
東京国立近代美術館
2020/11/25-2021/2/23

リニューアル・オープン記念展 Ⅲ 美を結ぶ。美をひらく。(仮称)
https://www.suntory.co.jp/sma/exhibition/future.html
サントリー美術館
2020/12/16-2021/2/28 ※変更

生誕270年 仙厓百選

http://idemitsu-museum.or.jp/exhibition/schedule/
出光美術館
2021/1/9-2/11
 
千葉正也
https://www.operacity.jp/ag/exh/upcoming_exhibitions/index.php
東京オペラシティ アートギャラリー
2021/1/16-3/21 変更
 
世界遺産ローマ展(仮称)
https://www.tobikan.jp/exhibition/2020_rome.html
東京都美術館
2021/1/27-4/4
 
20世紀のポスター[図像と文字の風景]
https://www.teien-art-museum.ne.jp/exhibition/schedule.html
東京都庭園美術館
2021/1/30-4/11
 
佐藤可士和展
http://kashiwasato2020.com/
国立新美術館
2021/2/3-5/14
 
小村雪岱スタイル-江戸の粋から東京モダンへ
http://www.mitsui-museum.jp/exhibition/schedule.html
三井記念美術館
2021/2/6-4/18
 
いちはらアートミックス 2020
https://ichihara-artmix.jp/
小湊鉄道を軸とした周辺エリア
2021/3/20-5/16 変更
 
マーク・マンダース
https://www.mot-art-museum.jp/exhibitions/mark-manders/
東京都現代美術館
2021/3/20 -6/20
 
あやしい絵展
https://www.momat.go.jp/am/2020/
東京国立近代美術館
2021/3/23-5/16
 
ライアン・ガンダー
https://www.operacity.jp/ag/exh/lineup_exhibitions/2020_index.php
東京オペラシティ アートギャラリー
2021年春 変更
 
国宝 鳥獣戯画のすべて
https://www.tnm.jp/modules/r_exhibition/index.php?controller=ctg&cid=1
東京国立博物館
2021年春 変更
 
アナザーエナジー展:挑戦しつづける力―世界の女性アーティスト16人
https://www.mori.art.museum/jp/exhibitions/anotherenergy/index.html
森美術館
2021/4/22-9/26 ※変更
 
クロード・モネー風景への問いかけ オルセー美術館・オランジュリー美術館 特別企画(仮題)
https://www.artizon.museum/collection-museum/exhibition/detail/5
アーティゾン美術館
2021年初夏 変更
 
国宝 聖林寺十一面観音 ― 三輪山信仰のみほとけ
https://tsumugu.yomiuri.co.jp/shorinji2020/
東京国立博物館
2021年初夏 変更
 
三菱創業150周年記念 三菱の至宝展
https://mimt.jp/
三菱一号館美術館
2021/6/30-9/12 ※変更
 
隈研吾展(仮称)
https://www.momat.go.jp/am/2020/
東京国立近代美術館
2021年7月~10月(予定) 変更
 
Chim↑Pom展(仮題)
https://www.mori.art.museum/jp/exhibitions/ChimPom/index.html
森美術館
2021/10/21-2022/1/30 ※変更
 
ふつうの系譜展
https://www.city.fuchu.tokyo.jp/art/index.html
府中市美術館
2022/3/12-5/8 ※閉館したもののリベンジ開催
 
ヘザウィック・スタジオ展
https://www.mori.art.museum/jp/exhibitions/heatherwick/index.html
森美術館
2023年1月-3月予定 変更
 
 

| | コメント (0)

UNIQLO TOKYO/テオ マスリエ「ベルトコンベアー」/「コズミック・ガーデン」サンドラ・シント展(再)

UNIQLO TOKYO
https://www.uniqlo.com/jp/ja/contents/feature/tokyo/
6/19OPEN
 
Img_9264
Img_9282
 
設計 ヘルツォーク&ド・ムーロンの空間。元プランタンだった建物の1階から4階までがユニクロになってます。
  
Img_9280
Img_9268
 
エスカレーター脇の部分をコア抜き、と言うか床抜きをしています。そこにミラーを貼ったり、天井を高く見えるように天井の板を張るようにしたりと色々工夫しています。既存の建物を変える工夫が凄いですね。
 
 
  
テオ マスリエ「ベルトコンベアー」
https://www.hermes.com/jp/ja/story/maison-ginza/window-display/200618/
銀座メゾンエルメス Window Display
6/18-8/25
 
Img_9290
Img_9286
 
エルメスのウインドウが変わっていました。テオ・マスリエさんと言うイタリアの作家さんの作品。テーマはベルトコンベア。
 
Img_9284_20200630140701
Img_9298
 
なんと海鮮回転寿司……それも握ってる方が海鮮……実際に皿はベルトコンベアで回っています。
 
 
 
「コズミック・ガーデン」サンドラ・シント展
https://www.hermes.com/jp/ja/story/maison-ginza/forum/200211/
銀座メゾンエルメス フォーラム
2020/2/11-7/31 会期延期 
 
Img_9310
Img_9300
 
以前に見た展示ですが銀座メゾンエルメスLe Forumの「コズミック・ガーデン」サンドラ・シント展(2020/2/11-7/31)も再び見てきました。ギャラリー全体が宇宙か海の底のようです。
 
以前見たときのエントリ(全体の写真はこちらで)

「コズミック・ガーデン」サンドラ・シント展/銀座のショーウィンドウ/小さきもの やきものの美/狩野派 ― 画壇を制した眼と手
http://ubukata.cocolog-nifty.com/my_favorite_things/2020/04/post-4a30c1.html
 
Img_9332
Img_9324
 
本当は2月から5月までの展覧会、オープンして1ヶ月ちょっとでコロナ禍のなかで終わっているはずでしたが延期となりました。良かったです。
 
Img_9330  
 
このピカピカ点いているの、カワイイですね。
 

| | コメント (0)

鴻池朋子 ちゅうがえり/Cosmo-Eggs | 宇宙の卵/アーティゾン美術館コレクション展示

ジャム・セッション 石橋財団コレクション×鴻池朋子
鴻池朋子 ちゅうがえり
https://www.artizon.museum/collection-museum/exhibition/detail/2
アーティゾン美術館
2020/6/23-10/25 変更
 
Img_9105
Img_9111_20200630142001
 
鴻池朋子 ちゅうがえり。会場内に滑り台があり、毛皮がぶら下がっていて、とても生々しいものになっている。生きる死ぬなどの感じもある。混沌を現しているようにもみえる。
 
Img_9109
Img_9012
 
鴻池らしいストーリーを感じる展示。襖の絵も天地創造のような感じでした。その坩堝に上から滑っていくのは神話で混沌をかき回して国土を作った矛のようなイメージでした。
 
Img_9089
Img_9044
 
石が降る(?)ところから石が散る(?)ところへ移っていくようにも見えます。カタツムリの背に世界が乗っている。襖に石、襖が開かないじゃない!というのは、まぁ、いいよね。
 
Img_9046
Img_9064
 
鴻池さん、いつものごとくパワフルな展示だが、個人的には以前の神奈川の展示の方がパワーを受け止められた(今回は疲れていたからかも)。
 
Img_9048
Img_9054
 
影絵も何かの命の形のよう。いのち、私達はいのちを抱えて、そしてそれは死と向き合うようでもある。展示と言う虚構の中でリアルに生きること、死ぬことを展示で見せているようでもあります。
 
Img_9074_20200630142001
Img_9102
 
往復する鹿の角や毛皮も必要なのであればそれは命を頂くこと。あちこちにある顔もそれは命の芽生えでしょうか?うまれることは常に死ぬことにも繋がっていますが、それは決して終わりではない、悲しい事ではない。そんな気がします。
 
Img_9058
Img_9100
 
今回石橋財団のコレクションを取り込んだ鴻池さんの展示と言うイメージでしたが、思ったよりもコレクション作品は少なかったですね。と言うか、鴻池さんが濃すぎかな。
 
 
  
第58回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展
Cosmo-Eggs | 宇宙の卵
https://www.artizon.museum/collection-museum/exhibition/detail/3
アーティゾン美術館
2020/6/23-10/25 変更
 
Img_9130
 
2019年 ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展の日本館展示の帰国展示。世界のあちこちに伝わる、卵からこの世が創造されると言う話を元に一つの神話を創り上げ、下道基行の津波で地上に運ばれた巨石、津波石の写真をつなげています。
 
Img_9156
Img_9170
 
メインの展示では真ん中の黄色い部分に乗ると、その圧で周囲で音を出しているリコーダーの音が変わります。この黄色い部分はヴェネチアの日本館では建物の下から生えて、床の穴を通って今回見える部分が出ていたのですね(日本館は2階部分が展示に使われ、1階部分は屋外になっている)。
 
 
 
アーティゾン美術館 コレクション展示
石橋財団コレクション選 特集コーナー展示 新収蔵作品特別展示:パウル・クレー
https://www.artizon.museum/collection-museum/exhibition/detail/4
石橋財団コレクション選 特集コーナー展示 印象派の女性画家たち
https://www.artizon.museum/collection-museum/exhibition/detail/6
アーティゾン美術館
2020/6/23-10/25 変更
 
Img_9190
 
Img_9200
 
本当に贅沢なコレクションですね。他の館の人が羨ましがるのではないかと言うくらいに名作ばかり。セザンヌやモネの絵、それもかなり良いものが並びます。
 
Img_9226
Img_9228
 
カイユボット、ルノワール、他にもピカソ、マティ、雪舟、カンディンスキー、ポロックなども。
 
Img_9216
 
途中にあった印象派の女性画家たちは実施予定のモネ展と合わせる予定だったのでしょうか?カサット、モリゾなどが並びます。
 
Img_9234_20200630142301
Img_9240_20200630142301
 
そして今回の企画コーナーはクレー。そういえばこれ、全部石橋財団のコレクションなのかな?凄いなぁ。
 
Img_8988
Img_9254
 
アーティゾン美術館、7月から予定していモネ展は延期になりました。このご時勢でオルセー美術館から持って来れないでしょうし、何より、今、モネ展やったら混雑必至ですよね。延期は2021年夏、その頃には落ち着いていますように、来年を楽しみにしています。
  
Img_9136
Img_9138
 
ビュースペースから見える景色は工事中。今は目線が通りますが、こっち側にビルが建ったらビルの側面しか見えなくなるのかな?椅子にディスタンス取るサインとして収蔵品を配したテープが貼ってありました。
 
Img_9259_20200630142301
Img_9258
 
カフェやロビー周辺の椅子にもディスタンス用収蔵品テープ。これマステにして売ってほしいです。カフェのある美術館のカフェで飲んだジンジャーエールは生姜絞り汁と言って良いくらい生姜が生々しくて美味しかったです。
 
Img_8989_20200630141801
 
美術館のエレベーターにあった足元マーク、これ乗っている間は壁側を見てなくてはいけないですね。もちろん飛沫防止のためなんですけど。
 

| | コメント (0)

ピーター・ドイグ展/MOMATコレクション/北脇昇 一粒の種に宇宙を視る

ピーター・ドイグ展
https://www.momat.go.jp/am/exhibition/peterdoig/
東京国立近代美術館
2020/6/12 再開-10/11 変更
 
Img_9358_20200630135201
 
不思議な世界感を持つ絵画を描く作家である。現代アーティストでターナー賞も取っている作家ですが初めて知りました。インスタレーションやミクストメディア全盛のこの時代、絵画と言うメディアでこのように注目されるというのが凄いですね。
 
Img_9354
Img_9356
 
とてもミステリアスな絵。三分割に分かれるような構図の絵が幾つかありましたが何か意味があるのかな?不思議な中にもリアルがあって、木々の中に書かれている白い建物、何か見た気がするなと思ったら、これはコルビュジェ設計のユニテ・ダビタシオンでした。この構図は凄いですね。どこを見せたいのか、どこも見せたくないのか?
 
Img_9346
Img_9378
 
スキー場を描いたら抽象画の様になるし、浜辺は細かいところを見ていくと時間や水と陸地の差すらわからなくなってきます。
 
Img_9388
Img_9390
 
描かれている人がこの世に存在しないようにも見え、でもリアルな何かにもみえる。この女の人も良いなぁ。
 
Img_9370
 
この作品が一番好きでした。ドイグは映画等からインスピレーションを受けることがあるらしいが、この作品には「東京物語」のイメージも入っているらしい。
 
Img_9382
Img_9348_20200630135201
 
映画などどこかで見たような世界を自分の世界に取り込むドイグの絵はどこか夢のようで、でもどこか現実で。創造とリアルの間を行ったり来たり出来るのでしょうか?
 
Img_9398
 
ドイグが仲間達と上映する映画会のポスター。日本映画も多い。
 
Img_9404_20200630135501
Img_9418_20200630135501
 
東京物語、羅生門などの古い映画からHANA-BIやピンポンなど新しいものまで。
 
 
 
MOMATコレクション
https://www.momat.go.jp/am/exhibition/permanent20200616/
東京国立近代美術館
2020/6/16-10/25
 
Img_9480
 
小林孝亘 作品が良いなぁ。
 
Img_9460
 
工芸館の金沢移転と合わせて、工芸館のコレクション作品も展示。
 
Img_9450
 
小原古邨も並んでいました。
 
Img_9490
 
ゴームリー横の椅子はすべてなくなり、その前にあったオピーの映像はモニタごと外されていました。
 
 
 
北脇昇 一粒の種に宇宙を視る
https://www.momat.go.jp/am/exhibition/kitawaki2020/
東京国立近代美術館
2020/2/11-10/25
  
Img_9494
 
この館でたまに見る、樹の種が空を飛ぶ絵の人。シュルレアリスムの手法をとりながら本当にやりたかったことは……とあるが、シュルレアリスムがやはり印象に残る。
 
 
 
竹橋駅から美術館に渡る橋がその名も「竹橋」だったのにはじめて気がついた。
 
Img_9339
 
そしてその橋の欄干の間の部分の装飾が竹モチーフなのにもはじめて気がついた。
  

| | コメント (0)

気になるアート展メモ2020年変更版(6/25再更新)

個人的な気になるアート展のメモ、大きく変わった2020年開催の展覧会、6月25日段階最新情報一覧。
 
6月9日アップ分から、6月15日に三菱一号館と静嘉堂文庫を変更、6月25日に森美術館とサントリー美術館と山種美術館と原美術館の情報を変更およびANOMALYでのChim↑Pom個展追加。
  
会期未定のもの】
  
開館記念展Ⅰ.珠玉のコレクション
https://www.sompo-museum.org/exhibitions/2020/opening_exhibition1/
SOMPO美術館
 
東山魁夷と四季の日本画(仮称)
http://www.yamatane-museum.jp/exh/schedule.html
山種美術館
 
川合玉堂―美しき日本の情景―(仮称)
http://www.yamatane-museum.jp/exh/schedule.html
山種美術館
 
ファッション イン ジャパン1945-2020―流行と社会
https://www.nact.jp/exhibition_special/2020/fij2020/
国立新美術館
 
東京好奇心 2020 渋谷
https://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/20_curiosity/
Bunkamura ザ・ミュージアム
 
トランスレーションズ展-『わかりあえなさ』をわかりあおう
http://www.2121designsight.jp/program/translations/
21_21 DESIGN SIGHT
 
吉阪隆正展
https://www.mot-art-museum.jp/exhibitions/yosizaka-takamasa/
東京都現代美術館
 
木組 ― 分解してみました ー
https://www.kahaku.go.jp/index.php
国立科学博物館
 
妹島和世+西沢立衛/SANAA展
https://jp.toto.com/gallerma/ex_list_coming.htm
TOTOギャラリー・間
 
さいたま国際芸術祭2020
https://art-sightama.jp/
大宮駅周辺
  
  
 
【再開、変更含む展覧会情報(6月9日段階)】
 
久門剛史 らせんの練習
https://www.museum.toyota.aichi.jp/exhibition/hisakado/?t=plan
豊田市美術館
2020/5/19 再開(但し6/22-7/17は全館休館)-9/22 延期
 
杉本博司 瑠璃の浄土
https://kyotocity-kyocera.museum/exhibition/20200321-20200614
京都市京セラ美術館(京都市美術館)
2020/5/26 再開-10/4 延期
 
青木陵子+伊藤存「変化する自由分子のWORKSHOP」展
http://www.watarium.co.jp/
ワタリウム美術館
2020/5/27-8/30 変更
 
バンクシー展 天才か反逆者か
https://banksyexhibition.jp/
横浜アソビル
2020/5/30 再開-9/27
 
秘展 めったに見られないデザイナー達の原画
http://www.2121designsight.jp/program/inspiration/
21_21 DESIGN SIGHT
2020/6/1 再開-2020/9/22 延期
 
建築をみる2020 東京モダン生活 東京都コレクションにみる1930年代
https://www.teien-art-museum.ne.jp/exhibition/200418-0623_UrbanLifeinModernTokyo.html
東京都庭園美術館
2020/6/1-9/27 変更
 
奇才―江戸絵画の冒険者たち―
https://www.edo-tokyo-museum.or.jp/s-exhibition/#anc01
江戸東京博物館
2020/6/2-6/21 変更
 
神田日勝 大地への筆触
http://www.ejrcf.or.jp/gallery/exhibition.html
東京ステーションギャラリー
2020/6/2-6/28 変更
 
幻想の銀河 山本 基×土屋仁応
https://www.company.theginza.co.jp/space/
ザ・ギンザ スペース
2020/6/2-8/2 変更
 
写真とファッション
https://topmuseum.jp/contents/exhibition/index-3451.html
東京都写真美術館
2020/6/2-7/19 変更
 
森山大道の東京 ongoing
https://topmuseum.jp/contents/exhibition/index-3813.html
東京都写真美術館
2020/6/2-9/22
 
ルオーと日本展 響き合う芸術と魂 ― 交流の百年
https://panasonic.co.jp/ls/museum/exhibition/20/200411/
汐留ミュージアム
2020/6/5-6/23 変更
 
ドローイングの可能性
https://www.mot-art-museum.jp/exhibitions/the-potentiality-of-drawing/
東京都現代美術館
2020/6/2-6/21 変更
※MOTコレクション 6/2-9/27
 
オラファー・エリアソン ときに川は橋となる
https://www.mot-art-museum.jp/exhibitions/the-potentiality-of-drawing/
東京都現代美術館
2020/6/9-9/27 変更
 
カディスト・アート・ファウンデーションとの共同企画展「もつれるものたち」
https://www.mot-art-museum.jp/exhibitions/kadist-art-foundation/
東京都現代美術館
2020/6/9 -9/27 変更
  
画家が見たこども展―ボナール、ヴュイヤール、ドニ、ヴァロットン
https://mimt.jp/
三菱一号館美術館
2020/6/9 再開-9/22 ※再延期
 
森村泰昌:エゴオブスクラ東京2020―さまよえるニッポンの私
https://www.haramuseum.or.jp/jp/hara/exhibition/842/
原美術館
2020/6/9 再開-7/12 延期
 
企画展「tupera tuperaのかおてん.」
https://play2020.jp/article/tupera-tupera-kaoten/
PLAY! MUSEUM
2020/6/10-12/29
 
常設展「エリック・カール 遊ぶための本」
https://play2020.jp/article/exhibition-eric_carle/
PLAY! MUSEUM
2020/6/10-2021/3/28
 
超写実絵画の襲来 ホキ美術館所蔵
https://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/20_choshajitsu2.html
Bunkamura ザ・ミュージアム
2020/6/11-6/29 変更
 
ピーター・ドイグ展
https://www.momat.go.jp/am/exhibition/peterdoig/
東京国立近代美術館
2020/6/12 再開-10/11 変更
 
ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
https://artexhibition.jp/london2020/
国立西洋美術館
2020/6/18-10/18 変更
※但し6/21までは前売券、招待券、無料観覧対象のみ
 
ジャム・セッション 石橋財団コレクション×鴻池朋子
鴻池朋子 ちゅうがえり
https://www.artizon.museum/collection-museum/exhibition/detail/2
アーティゾン美術館
2020/6/23-10/25 変更
 
第58回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展
Cosmo-Eggs | 宇宙の卵
https://www.artizon.museum/collection-museum/exhibition/detail/3
アーティゾン美術館
2020/6/23-10/25 変更
 
古典×現代2020―時空を超える日本のアート
https://www.nact.jp/exhibition_special/2020/kotengendai2020/
国立新美術館
2020/6/24-8/24 変更

Chim↑Pom 「May, 2020, Tokyo / A Drunk Pandemic」
http://anomalytokyo.com/exhibition/may-2020-tokyo-a-drunk-pandemic/
ANOMALY
2020/6/27-7/22

内藤礼 うつしあう創造
https://www.kanazawa21.jp/data_list.php?g=17&d=1779
金沢21世紀美術館
2020/6/27-8/23 変更
 
美の競演 -静嘉堂の名宝-
http://seikado.or.jp/exhibition/schedule.html
静嘉堂文庫美術館
2020/6/27-9/22
 
きもの KIMONO
https://www.tnm.jp/modules/r_exhibition/index.php?controller=ctg&cid=1
東京国立博物館
2020/6/30-8/23 変更
 
三井家が伝えた名品・優品

http://www.mitsui-museum.jp/exhibition/index2.html
三井記念美術館
第1部 東洋の古美術 2020/7/1-7/29
第2部 日本の古美術 2020/8/1-8/31
 
ドレス・コード?─ 着る人たちのゲーム
https://www.operacity.jp/ag/exh232/
東京オペラシティ アートギャラリー
2020/7/4-8/30 変更
 
開校100年 きたれ、バウハウス ― 造形教育の基礎 ―
http://www.ejrcf.or.jp/gallery/exhibition.html
東京ステーションギャラリー
2020/7/17-9/6
 
ヨコハマトリエンナーレ2020「Afterglow―光の破片をつかまえる」
https://www.yokohamatriennale.jp/2020/
横浜美術館/プロット48
2020/7/17 変更-10/11
 
開館記念展Ⅱ.秘蔵の東郷青児-多才な画家の創作活動に迫る
https://www.sompo-museum.org/exhibitions/2020/opening_exhibition2/
SOMPO美術館
2020/7/18-9/4
 
桜 さくら SAKURA 2020 ―美術館でお花見!―
http://www.yamatane-museum.jp/exh/2020/sakura2020.html
山種美術館
2020/7/18-9/13 ※変更
 
和巧絶佳展 令和時代の超工芸
https://panasonic.co.jp/ls/museum/exhibition/20/200718/
汐留ミュージアム
2020/7/18-9/22
 
おさなごころを、きみに
https://www.mot-art-museum.jp/exhibitions/Cherish-your-imagination/
東京都現代美術館
2020/7/18-9/27 変更
 
ART in LIFE, LIFE and BEAUTY
https://www.suntory.co.jp/sma/exhibition/2020_1/index.html
サントリー美術館
2020/7/22-9/13 ※変更
 
メルセデス・ベンツ アート・スコープ 2018-2020
http://www.haramuseum.or.jp/jp/hara/exhibition/741/
原美術館
2020/7/23-9/6 ※変更
 
The UKIYO-E 2020 ─ 日本三大浮世絵コレクション
https://www.tobikan.jp/exhibition/2020_ukiyoe.html
東京都美術館
2020/7/23-9/13
 
STARS展:現代美術のスターたち―日本から世界へ
https://www.mori.art.museum/jp/exhibitions/stars/index.html
森美術館
2020/7/31-2021/1/3 ※変更
 
MANGA 都市 TOKYO ニッポンのマンガ・アニメ・ゲーム・特撮 2020
https://www.nact.jp/exhibition_special/2020/manga-toshi-tokyo/
国立新美術館
2020/8/12-11/3 変更
 
エキソニモ UN-DEAD-LINK
https://topmuseum.jp/contents/exhibition/index-3817.html
東京都写真美術館
2020/8/18-10/11
 
BANKSYって誰?展
https://ilovebanksy.com/
寺田倉庫 G1ビル
2020/8/29-12/6
 
奈良・飛鳥地方の仏教美術
http://www.mitsui-museum.jp/exhibition/schedule.html
三井記念美術館
2020/9/12-11/8
 
もうひとつの江戸絵画 大津絵
http://www.ejrcf.or.jp/gallery/exhibition.html
東京ステーションギャラリー
2020/9/19-11/8
 
竹内栖鳳《班猫》とアニマルパラダイス
http://www.yamatane-museum.jp/exh/2020/takeuchiseiho.html
山種美術館
2020/9/19-11/15 ※変更
 
江戸絵画の華
http://idemitsu-museum.or.jp/exhibition/schedule/
出光美術館
2020/9/19-12/20
第1部 極 ― 若冲と江戸絵画 2020/9/19-11/3
第2部 粋 ― 応挙と江戸琳派 2020/11/7-12/20
 
光―呼吸 時をすくう5人
https://www.haramuseum.or.jp/jp/hara/exhibition/897/
原美術館
2020/9/19-2021/1/11
 
ミヒャエル・ボレマンス マーク・マンダース ダブル・サイレンス
https://www.kanazawa21.jp/data_list.php?g=45&d=1782
金沢21世紀美術館
2020/9/19-2021/2/28
 
知って楽しい日本美術(仮称)
https://www.suntory.co.jp/sma/exhibition/future.html
サントリー美術館
2020/9/30-11/29 ※変更
 
イサム・ノグチ 発見の道
https://www.tobikan.jp/exhibition/2020_isamunoguchi.html
東京都美術館
2020/10/3-12/28
 
ゴッホと静物画-伝統から革新へ
https://www.sompo-museum.org/exhibitions/2020/gogh2020/
SOMPO美術館
2020/10/6-12/27
 
分離派建築会100 年展
https://panasonic.co.jp/ls/museum/exhibition/
汐留ミュージアム
2020/10/10-12/15
 
石元泰博
https://www.operacity.jp/ag/exh/upcoming_exhibitions/index.php
東京オペラシティ アートギャラリー
2020/10/10-12/20 変更
 
KING & QUEEN展ー名画で読み解く 英国王室物語ー
http://www.ueno-mori.org/exhibitions/article.cgi?id=974794
上野の森美術館
2020/10/10-2021/1/11
 
能をめぐる美の世界 ~初公開・新発田(しばた)藩主溝口家旧蔵能面コレクション~
http://seikado.or.jp/exhibition/schedule.html
静嘉堂文庫美術館
2020/10/13-12/6
 
生命の庭 8人の現代作家が見つけた小宇宙
https://www.teien-art-museum.ne.jp/exhibition/schedule.html
東京都庭園美術館
2020/10/17-2021/1/12
 
カラヴァッジョ 《キリストの埋葬》展
https://www.nact.jp/exhibition_special/2020/caravaggio2020/
国立新美術館
2020/10/21-11/30
 
1894 Visions―ルドン、ロートレックとソフィ・カル(仮)
https://mimt.jp/
三菱一号館美術館
2020/10/24-2021/1/17
 
琳派と印象派 東西都市文化が生んだ美術
https://www.artizon.museum/collection-museum/exhibition
アーティゾン美術館
2020/11/14-2021/1/24
 
石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか
https://www.mot-art-museum.jp/exhibitions/eiko-ishioka/
東京都現代美術館
2020/11/14-2021/2/14 変更
 
MOTアニュアル2020 ホワイトボックス―透明な力たち
https://www.mot-art-museum.jp/exhibitions/20200605100202/
東京都現代美術館
2020/11/14-2021/2/14 変更
 
国宝の名刀「日向正宗」と武将の美
http://www.mitsui-museum.jp/exhibition/schedule.html
三井記念美術館
2020/11/21-2021/1/27
 
ハリー・ポッターと魔法の歴史
http://www.ejrcf.or.jp/gallery/
東京ステーションギャラリー
2020/11/21-2021/2/7
 
眠りの理由 国立美術館コレクションによる展覧会(仮称)
https://www.momat.go.jp/am/2020/
東京国立近代美術館
2020/11/25-2021/2/23

リニューアル・オープン記念展 Ⅲ 美を結ぶ。美をひらく。(仮称)
https://www.suntory.co.jp/sma/exhibition/future.html
サントリー美術館
2020/12/16-2021/2/28 ※変更

生誕270年 仙厓百選

http://idemitsu-museum.or.jp/exhibition/schedule/
出光美術館
2021/1/9-2/11
 
千葉正也
https://www.operacity.jp/ag/exh/upcoming_exhibitions/index.php
東京オペラシティ アートギャラリー
2021/1/16-3/21 変更
 
世界遺産ローマ展(仮称)
https://www.tobikan.jp/exhibition/2020_rome.html
東京都美術館
2021/1/27-4/4
 
20世紀のポスター[図像と文字の風景]
https://www.teien-art-museum.ne.jp/exhibition/schedule.html
東京都庭園美術館
2021/1/30-4/11
 
佐藤可士和展
http://kashiwasato2020.com/
国立新美術館
2021/2/3-5/14
 
小村雪岱スタイル-江戸の粋から東京モダンへ
http://www.mitsui-museum.jp/exhibition/schedule.html
三井記念美術館
2021/2/6-4/18
 
いちはらアートミックス 2020
https://ichihara-artmix.jp/
小湊鉄道を軸とした周辺エリア
2021/3/20-5/16 変更
 
マーク・マンダース
https://www.mot-art-museum.jp/exhibitions/mark-manders/
東京都現代美術館
2021/3/20 -6/20
 
あやしい絵展
https://www.momat.go.jp/am/2020/
東京国立近代美術館
2021/3/23-5/16
 
ライアン・ガンダー
https://www.operacity.jp/ag/exh/lineup_exhibitions/2020_index.php
東京オペラシティ アートギャラリー
2021年春 変更
 
国宝 鳥獣戯画のすべて
https://www.tnm.jp/modules/r_exhibition/index.php?controller=ctg&cid=1
東京国立博物館
2021年春 変更
 
アナザーエナジー展:挑戦しつづける力―世界の女性アーティスト16人
https://www.mori.art.museum/jp/exhibitions/anotherenergy/index.html
森美術館
2021/4/22-9/26 ※変更
 
クロード・モネー風景への問いかけ オルセー美術館・オランジュリー美術館 特別企画(仮題)
https://www.artizon.museum/collection-museum/exhibition/detail/5
アーティゾン美術館
2021年初夏 変更
 
国宝 聖林寺十一面観音 ― 三輪山信仰のみほとけ
https://tsumugu.yomiuri.co.jp/shorinji2020/
東京国立博物館
2021年初夏 変更
 
三菱創業150周年記念 三菱の至宝展
https://mimt.jp/
三菱一号館美術館
2021/6/30-9/12 ※変更
 
隈研吾展(仮称)
https://www.momat.go.jp/am/2020/
東京国立近代美術館
2021年7月~10月(予定) 変更
 
Chim↑Pom展(仮題)
https://www.mori.art.museum/jp/exhibitions/ChimPom/index.html
森美術館
2021/10/21-2022/1/30 ※変更
 
ヘザウィック・スタジオ展
https://www.mori.art.museum/jp/exhibitions/heatherwick/index.html
森美術館
2023年1月-3月予定 変更
 
 

| | コメント (0)

オラファー・エリアソン ときに川は橋となる

オラファー・エリアソン ときに川は橋となる
https://www.mot-art-museum.jp/exhibitions/olafur-eliasson/
東京都現代美術館
2020/6/9-9/27
変更
 
 
Img_e8638
Img_8483
《太陽の中心への探査》
 
この展覧会が開催されたのが本当に嬉しい。2005-2006年に原美術館で開催された個展を見てとにかく感動した。2009-2010年に金沢21世紀美術館で開催された個展も観に行きました。東京での久々の美術館レベルでの個展開催と言う事で本当に楽しみにしていました。
 
 
Img_e8484

Img_8643
《太陽の中心への探査》床や壁に映る光
 
作品として美しく、今で言えば映えるという表現となるかもしれません。美術館に垣根をつくりたくない、普段美術館に来ない人にも楽しんで欲しいというエリアソン。
 
 
Img_e8494
Img_e8500
《あなたに今起きていること、起きたこと、これから起きること》照明を背に自分の影を壁に映すもの
 
その上でそれを体験することによって環境問題などについて考えるきっかけをつくることにつなげている。それも仕掛けとしてはとにかく単純で、それでいて美しく、楽しい、このバランスが素晴らしい。
  
 
Img_8468 
Img_8664 
《ビューティー》
 
今回の展覧会で最も美しいと思う作品はこの初期の作品《ビューティー》。原美術館の展覧会にもありました。ただ水のしぶきをカーテンにして光を当てているだけの作品。それが美しく、感動に繋がるのです。
 
 
Img_e8540
Img_e8656
《ときに川は橋となる》
 
新作《ときに川は橋となる》も美しい。金沢21世紀美術館の所蔵品、水を使った作品「水の彩るあなたの水平線」の変形のようにも見えます。あちらのは水に映る虹が壁に映りますね。
 
 
Img_e8558
《溶ける氷河のシリーズ 1999/2019
 
今回の展覧会で最もコンセプトを現していると思う作品はこの《溶ける氷河のシリーズ 1999/2019》。1999年に撮影した氷河を10年後の2019年に同じ場所から撮影したもの。こんなに氷河が溶けているとは……氷河って物凄く分厚い塊なのでそう簡単に溶けないんですよね。
 
Img_e8648
 
そしてもう一つ、コンセプトを現しているものと言うと……この装置。展示の一部だと思いますが太陽光で電気をまかなっているのですね。
 
 
Img_e8518
Img_e8509
《サステナビリティの研究室》《力と思いやりの領分(マインドマップ)no. 2,3,5,6,7,8,9,10,11,14》
 
今回の展覧会では、今までの展覧会よりも少し環境へのメッセージの出し方はストレートになっている気がします。少し意識高い観が出てます、笑。ただ、氷河の作品からわかるようにこの10年で環境に対する問題がより進んでいると言うことでしょうか?
 
 
Img_e8523
Img_e8644
《人間を超えたレゾネーター》
 
とは言いつつも、小難しい感じがありながらも、単純な仕掛けで美しさで目を引くのがエリアソン作品。光や水などの自然現象を使いながらも科学的な反応を絡めて、不思議な美しさを出しています。
 
 
Img_e8647
Img_e8536
《おそれてる?》
 
光の波長と色、水と光による虹、人の目による残像、少しの仕掛けで見せるその作品は実は色々なことを語っている。そういう見せ方がとてもうまい作家さんですね。

 

 

 
 
Img_e8472
Img_8477
《クリティカルゾーンの記憶(ドイツ-ポーランド-ロシア-中国-日本)no. 1-12》
 
これなんだろう?と思って解説を読むとそうなっているのか!と繋がってくる、そんな楽しさがこの展覧会にはあります。揺れや動きを感知して描かれる装置を飛行機や電車で運ぶと上の様な写真の作品が出来上がります。つまり二酸化炭素の排出の形ともいえるのです。これも、素通りしていたらその意味はわかりません。
 

 

 
Img_e8471
《あなたの移ろう氷河の形態学(過去)》、《メタンの問題》、《あなたの移ろう氷河の形態学(未来)》
 
Img_8522_20200616144901
《サンライト・グラフィティ》、《あなたの光の動き》
 
氷河の氷を溶かしたにじみで描いた絵や、ソーラーライト「リトルサン」で壁に描く絵なども同じく。ソーラーライトでのお絵かきは体験可能(かなり人気なので待ち時間あり。早い時間に行って真っ先にこの展示の整理券をもらうのが良いでしょう。)。このソーラーライト「リトルサン」 はショップで販売しています。この売上は電気の無い地域の人が「リトルサン」 を安価に手に入れるために使われるとの事です。
 
 
Img_e8535
《おそれてる?》
 
ずっと同じメッセージを伝え続けているエリアソン。根っこは変わらないまでも少しづつ新しくなり、進化して、そのメッセージを広げているようです。今後もこのメッセージや作品を見ていきたいです。
 

 

| | コメント (0)

ドローイングの可能性/もつれるものたち/いまーかつて 複数のパースペクティブ

ドローイングの可能性
https://www.mot-art-museum.jp/exhibitions/the-potentiality-of-drawing/
東京都現代美術館
2020/6/2-6/21 変更
 
Img_e8588
 
「線」と言うものに注目をしている展覧会。展覧会自体は個人的には好きなは物では無かったがうまく企画されているな、と思った。
 
まずは石川九楊の書。初めて見たときは書とは何かと思ってしまう、絵のような文字のようなとにかくすぐ手が届くことのでき無い所にあるもの。次に戸谷成雄の線の中に立体の線がうまれている。空間のドローイング。そしてそれと繋がる様にも見えるのが上記写真にある盛圭太の糸で壁面に描いた作品。決して線と言うのが2次元の物ではないと言うのを体感できます。他にも草間彌生の点から発生する線、マティスの踊るような線、山部泰司の色が溢れてくる線などの展示も。 
 
 
 
カディスト・アート・ファウンデーションとの共同企画展「もつれるものたち」
https://www.mot-art-museum.jp/exhibitions/kadist-art-foundation/
東京都現代美術館
2020/6/9 -9/27 変更
 
Img_e8593
Img_e8599
 
「もの」をテーマにした展示。現代の「もの派」なのかな?去年の「Echo after Echo」展と似たイメージで少し掴みにくい感じがある。それぞれの作家、もしくは作品同士が自分の頭の中でつながって行きにくい感じ。
 
Img_e8594
 
歴史と個々ではモザイク画を見せる展示、絵葉書とその歴史背景を繋げる展示、建物の断片に見える彫刻、抽象的なフォルムを生み出す作品など作品自体はいろいろと投げかけてくるタイプのものが並んでいる。しっかり読み取ればおそらくかなり深く掴むことのできる展覧会ではあると思う。
 
 
  
MOTコレクション いまーかつて 複数のパースペクティブ
https://www.mot-art-museum.jp/exhibitions/the-potentiality-of-drawing/
東京都現代美術館
6/2-9/27 変更
 
Img_e8616
Img_e8629
 
半分位は一つ前のコレクション展示のときと同じ作品展示でした。と思ったら会期は変わったもののタイトルも同じで、前期の点字の一部展示替えになっていると書いてあります。まぁ、この展覧会だけ観に来る人はほぼ居ないとおもうけど、もし、これだけにお金払って見に来る人が居たら気をつけましょう。まぁ、宮島達男作品などは簡単に入れ換えは出来ないのでいつもここで見ることが出来る安心感はありますが。
 
Img_8622_20200618122701
 
とにかくパワフルな岡本信治郎作品は目を引きます。この方は何を見て、もしうは何の記憶を元にこの絵が生み出すのでしょうか?
  
Img_8614
Img_8610_20200616144401
 
松江泰治の風景写真。この幅の広い写真でピントが万遍なく合っているのでどこまでも細かく見ることが出来るというもの・近くでじっくり見てその価値がある。
 
Img_e8580
 
MOTでトイレに行く時はこのマイケル・リンの作品が壁になっているトイレですよね。
  

| | コメント (0)

奇才―江戸絵画の冒険者たち―

奇才―江戸絵画の冒険者たち―
https://www.edo-tokyo-museum.or.jp/s-exhibition/special/27711/%e7%89%b9%e5%88%a5%e5%b1%95%e3%80%8c%e5%a5%87%e6%89%8d%e2%80%95%e6%b1%9f%e6%88%b8%e7%b5%b5%e7%94%bb%e3%81%ae%e5%86%92%e9%99%ba%e8%80%85%e3%81%9f%e3%81%a1%e2%80%95%e3%80%8d/
江戸東京博物館
2020/6/2-6/21 変更
 
Img_e8693
 
すごい展覧会でした。これ、もし期間の最初(4月)から始まっていたら展示替え毎に観に行って全作品コンプリートしたくなったでしょう。日本美術をまとめて見るのにぴったりの展覧会です。「奇才」と言うことで、本当に異端な画家、まだ知られていない画家などを取り上げています。それだけではなく、有名な画家の時代を変えた、新しいことを試したなどの特徴を取り上げた展示もあります。
 
と言うか、そういう有名画家を掘り下げる展示の方が多かったですかね、宗達、光琳、山雪、若冲、応挙、蘆雪、蕭白、大雅、蕪村、芳中、北斎、文晁、其一、国芳、白隠、又兵衛、仙厓などビッグネームの少し異端なところを見ることが出来ます。絵金の迫力ある作品が高知に行かずして、4点も見ることが出来るのは素晴らしいです。
  
Img_e8695
 
35人とかなりの数の画家を展示しているので一人当たりの作品数は少ないですが、とても見応えある展示です。そしてまだまだ知らない画家が沢山居ることに気づかされます。その中でも一番気になったのは田中訥言(たなかとつげん)の金の屏風。これ現代アート作品と言っても信じました。まさか江戸時代の作品だとは。素晴らしく興味をそそられましたね。図録に載っていた銀の屏風の作品も見たかったです。そしてもう一人、高井鴻山(たかいこうざん)の描く妖怪画も凄かった。居るはずのない妖怪ですが、リアルなんですよね。この人には見えていたのではないでしょうか?凄い人です。
 
Img_e8696
 
ということでとても分厚い図録を買ってしまいました。このご時勢なので手に取れるサンプル図録は無く、一部この写真の様に覗き見展示できる形になっています。

| | コメント (0)

画家が見たこども展―ボナール、ヴュイヤール、ドニ、ヴァロットン

画家が見たこども展―ボナール、ヴュイヤール、ドニ、ヴァロットン
https://mimt.jp/
三菱一号館美術館
2020/6/9 再開-9/22 ※再延期
 
美術展の再開が徐々に始まっています。私の美術館再開の最初はこの展覧会でした。 再開時には6月で終わってしまう予定の展覧会でしたが、その後、まさかの9月へ会期延期。まだゆっくり行っても間に合います。事前予約制となっています。チケットを持っている人は無料で日時指定券を買うのみ。
 
Xkxn6382
 
展示はナビ派の画家達が描いたこどもの絵。ナビ派と言えば一号館という位にナビ派の展覧会をここで観ている気がします。こどもが出てくる絵は様々で、風景の中にこどもがいた、公園を描いたらこどもが映っていたなど、そこれ描かれているこどもが主題ではない絵もあります。
 
Img_e8431
 
正面を切って主役として描かれている子供もいれば、こどもが沢山集まっている絵もある。ゴッホやボナールの描くこども達、その服装や仕草などを頼むことが出来る展覧会になっていました。
 
Img_e8452
Img_8450
 
ヴァロットンは数多く子供が出て来る絵を描いていますが街中の景色の一コンテンツとして描かれてるいるようです。ただし、そこにはこどもという要素は必須でなくてはならないものになっています。あと、ドニの絵が沢山ありましたがその中の一つ《赤いエプロンドレスを着た子ども》という絵に目を惹かれました。描き方、雰囲気どれもすごく好きな絵。
  
Img_8443
Img_e8691  
 
ミュージアムショップでサコッシュバッグのガチャガチャでこれをゲット。美術館で荷物を預けて、必要なものだけ持ち歩きたい時に便利な大きさのサコッシュ!
 

| | コメント (0)

幻想の銀河 山本 基×土屋仁応

幻想の銀河 山本 基×土屋仁応
https://www.company.theginza.co.jp/space/
ザ・ギンザ スペース
2020/6/2-8/2
 
Img_e8204
Img_e8249
 
ザ・ギンザ スペースの今回の展示も良かったです。前回の展示「しきのいろ 志村ふくみ・洋子 × 須田悦弘」も良かったですが、今回も同じような無駄の無い、キリッとした、静かな展示です。
 
Img_e8206
Img_e8265
 
山本 基の塩の造作で作られた空間の中に土屋仁応の木彫りの鹿たちが佇みます。入った瞬間にピリリとした静けさを感じて背筋が伸びるような展示です。
 
Img_8225_20200609103501  
Img_e8260
 
山本さんの作品は床に塩を固めて模様を作っていくもの。迷路の様にも、生物の這った跡のようにも見えます。天上と床がガラス面になっているので無限に映り込んでタイトルの様に銀河を思わせます。
 
Img_e8220
Img_e8246 
 
ガラスの反射によって塩の模様が壁に影を投げかけています。単独の作品も一点掲示。
  
Img_e8242
Img_e8219
 
土屋さんの鹿達はその銀河の中に存在します。まるで水溜りの中で遊ぶようにも見える7匹の鹿達。そして鹿を見守るようにその上空に浮かぶ惑星のような木彫りの球。
  
Img_e8228   
Img_e8210
 
群れを成すように鹿達は白い銀河にあつまり、思いをはせています。土屋さんの作風でもある、凛としたその姿は実在の生々しさと、想像上の高貴な世界、その両方を実現しているもの。
 
Img_e8271
 
一匹、少し遅れて参加しているようにも見えるのが一番小さな個体。何か気になることがあるのか振り向き確認をしながら群れに参加。
 
Img_e8273
Img_e8233-1
 
ガラスの反射の光を受けながら、時間を停めているように白い銀河の雲の世界を生きる尊い鹿。
 
Img_e8285
Img_e8284
 
そして少しはなれたところから7匹の鹿達を見守るように眺める鹿の王。ガラス玉のその目はとても優しく感じられます。
 

| | コメント (0)

«西武鉄道新型特急車両「Laview」(デザイン 妹島和世)